カテゴリー「スポーツ観戦」の105件の記事

2017/04/17

ぷらっとバリボー観戦 【岡山ファイナル6編】 後編

King2017年2月17日(日)

第3試合は、トヨタ車体クインシーズvs久光製薬スプリングス

岡山ジップアリーナでのVプレミアリーグ・ファイナル6も本日の最終第3試合。

第2試合がストレートであっさりだったのでちょっとさみしかったけど、そう言えば時間は・・・3時半。
次の第3試合開始は4時からとなり、なんとかそこまで遅くはならなそうだ。ふぅ。

ここで出てきた、強敵久光製薬スプリングス。
サロンパス=張る=春=スプリングの久光製薬スプリングスだが、優勝候補だろうなぁ。
何やっても、無難に強いもの…。

Big3対するトヨタ車体クインシーズは、若手のチャレンジャーだね。
助っ人外人のポリーナ選手が実に反則的に強烈だが、ポリーナ選手に頼らない場面でもどう決めるか…。
全部、ポリーナ選手にトスをあげたら凄いんだろうけど、流石にそんなのは無いだろうからね…。

試合開始前、レギュラーシーズンの表彰があるのだけれど。
得点王でポリーナ選手。ブロック賞で荒木絵里香選手と、攻守で最強が2人もいるじゃないかトヨタ車体よ。

あっ、サインボールが飛んできた~~~。

バレーボール観戦は、なんとなくボールを追っかけてみるのもいいけど、固定した選手のうごきを見ているのも面白い。
ポリーナ選手が、前衛にいるときは実に凄いんだよなぁ。。
Ayano2そして、なんでしょう、ポリーナ選手、荒木選手の二人が前衛に並ぶこの鉄壁フォーメーションは…。
2m近いポリーナ選手に、190ちかい荒木選手、180近い髙橋選手が小さく見える…。
この外国チーム顔負けの高さのあるブロックディフェンス、すごくね?

とか、見てたら久光も流石に簡単では無かった。
トヨタ車体の鉄壁フォーメーションが続いているうちは凄いけど、その逆となると一気に弱体化…。
ば、バランスが…。
久光は実にバランスがいいよね。
石井選手や、新鍋選手などが実にバランスのよい守備と攻撃…。
何より、決定的なアタッカーの長岡選手が打ち始めると、中々厳しい…。

PoriSakiErika

Sakuにしても、トヨタ車体は何だかミスが多いような…。
レシーブも、ちゃんとセッターに返らないし…、せっかく上がったトスもうまくスパイカーと合わなかったり…。
う~ん。この辺、もったいないなぁ…。
いざとなればのポリーナ選手頼みって感じが、拭えない…。実に大味な…。
そんな中でも、高橋沙織選手が気合のスパイクは見ていて気持ちいい。
この人、スパイクの振りすごく気持ちいいくらいに体いっぱいで振り切るんだよな~。
そして、男気っす。
それでも、なかなか優位に試合をもっていけないトヨタ車体…。
コートの中の雰囲気なんだろうか…。
NECで言う近江あかり選手のような、芯になる人がいないと言うか。

あれ、、、そういや大事な人を忘れているような…。
あ、キャプテンの竹田選手!!
この人こそ、コートで引っ張ってくれないと・・・。
と、前に見た時もボール拾いだったなぁ。

それでも、ベンチで、ひたすら声出してるーーー。
ここまで聞こえてくるよ…。
この気合が、コートの中の選手まで届けば一気に変わるか!?

AyanoMiyuAyano3

Final_2そんな試合は、フルセットまで持ち込まれる死闘に…。
じ、時間が~~~。と思ってだろうか、会場内からは少しずつ席を立つ人もチラホラ。
帰りを飛行機にしてたら、もう席を立たないと間に合わなかっただろうけど、私はまだまだ大丈夫です!!

最終セットも見届けるぞ~~。
ファイナルセットは、15点マッチなので、ちょっと気を許すとあっと言う間だ。
心なしか試合展開も早くて、一点ずつに気合が違うので、見ているほうは面白いのだ。
両チームとも、もうボールに食らいつく姿が実にカッコいい…。

ただ、トヨタ車体のポリーナ選手は、スパイクの度に尻もちついたり、バランス崩したりと、ちょっとお疲れ…かな…と思えてくる。
それでも気合で撃ちまくり、デュースまでもつれ込む両チーム。

Ueno_yukaうぉ~。このままデュースが続くと~~。
いや~~。席は立てないよ~~~。と、トイレ~~~。

そんなもじもじしていると、最後の一発は久光製薬の長岡選手が、小田桃香選手のブロックをやぶって、勝負を決めた。
あ~。あと少しだったけど、おっし~~~。
…でも、冷静に考えると落ち着きの久光はやっぱり強かった…かな。

さて、ヒロインインタビューは、石井優希選手でした。
あ、また岡山名産メロンもらってる。
岡山県出身だったのか~。
なお、プレゼンターの女の子は、Vリーグのテーマソングを歌っている上野優華さんだそうです。
何だか、とっても小さいです。いや、石井選手が大きいんだね。

さて、試合も終わった所でジップアリーナを後にした。
外は既に真っ暗。もう夜だ。6時半近い。
バスで岡山駅へ…と思ったが、行列していたので 早歩きで岡山駅に行き、予定よりも早い新幹線に変更して帰京した。

ふぅ、久々に満喫してしまった。

まだまだ続くファイナル6。
来週は九州は福岡で開催です!みなさんよろしく!
って、行けないよ~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

ぷらっとバリボー観戦 【岡山ファイナル6編】 中編

Img_09042017年2月17日(日)

第2試合は、NECレッドロケッツvs日立リヴァーレ

Vリーグのファイナル6。
岡山ジップアリーナの第2試合は、優勝候補の上位2チームの試合ですよ~。

時間は、すでに1時半を過ぎている。
「第2試合は、14時より開始します」の場内アナウンス。
第1試合がフルセットだっただけに、2時間半近く経過。
今日は日曜日なので、実は少しだけ帰りの時間が気にはなっている…。
大体、バレーボールの試合は1セット30分くらいで、ストレートだと1時間半。平均して2時間くらい…。
Megu_go今日の観戦は3連戦なので、すべてがフルセットとなると、7時間半…。そこに練習時間が入ると、8時間以上…。

ここは岡山…。帰りは新幹線なんだけど、最終の新幹線には乗らないといけないから心配だよ~。
最終の新幹線は8時半だけど、それよりも前には帰りたいな~。明日は仕事だし…。
と、この頃はまだ微塵も考えていない、、、いや、考えないようにしている。

赤の軍団NECは、今年はライボールもゲットしたし一押しだぞ~。
それでも、日立といえばサオリンの影に隠れているようだけど、レジェンド栗原恵選手でしょう。

おっ。きたきた~~。
みんな仲良しみたいでいいですね~。
「頑張ろ~。」みたいな感じ!?

と、言ってもメグ選手はどちらかと言うと控え。
控えと言っても、長身なのでいざとなればの秘密兵器みたいだよな。

Rivareメグ選手に対して、スタメンとなるのは日立リヴァーレの若きエースの渡邊選手。
小柄に見えるけど、パワフルスパイクに、ジャンプサーブと実に頼もしい。
でも、少しマークされると、バランスが崩れてきて苦しくなるんだけど、今日はどうかなぁ。。。
直前まで、怪我で休んでいたようだし…。

対するNECと言えば、圧倒的なスパイカーはいないように思えるけど、
鉄壁の守備布陣をひけることかなぁ。
何より、精神的な支柱である近江あかり選手でしょう。
打ってよし、守ってよし、気合よしですから。

2チームのキッズエスコートで試合は始まるわけですが、実にほのぼの。

Kiz_htKiz_nec

Kue_ball
試合が始まると、日立のスパイクがきまらないよ~。
見事に渡邊選手が封じられてる…。いや、まだ本調子じゃないのかな…。
でも、代わって入ったのが栗原恵選手なので、会場は湧きます!!

でも、NECが既に差を広げて勢いが…。
NECは、ルーキーの山内選手がいいサーブが決まるなぁ。
あと、ほとんど控えだったような上野選手も強烈ジャンプサーブが決まっていきます。
サーブで崩されていく日立…。

やっぱりサーブで崩されると、なかなか試合が組み立てられないんだろなぁ。。
渡邊選手は、メグさんに変わったまま控えでちょっと暗い顔…。とほほ。
第3セットに入って、これまた日立を地味に引っ張る遠井選手が、突き指?で負傷交代。
「やっちゃったよ~」みたいな感じ…。痛そう…。

HisaeMeguMoe

Ouenこうなると、NECのバランスのよい攻守はなかなか弾き返せません。
何でだろう、日立が優勢に点差を広げていても、気がついたらNECが追い抜いている…。
メグさんも頑張ってるんだけどな~。

日立リヴァーレのおじさん応援団だけが、何だかいつも以上に張り切って見えます。
妖怪ウォッチの宇宙ダンスからの、PERFECT HUMAN という、初めてみたら何なの…的な…。
日立応援団って、自チームの応援歌とか無いのか、無視しているのか、とりあえずコートチェンジ間の盛り上がりはすごく楽しい。
これだけ見るのでもいいな。

何よりも、NECはスタメンの近江あかり、古賀紗理那、ニコロバ選手と強力だなぁ。
代わりに、ライボールの柳田選手は控えなのがちょっと寂しいけど…。

そんな試合は、NECがあっという間にストレート勝利…。
最後は、上野香織選手のジャンプサーブ、ノータッチエースで決着!!

え~、日立リヴァーレ大丈夫かなぁ…。
メグさんもしょんぼり…。

OmiYamauchiWin_nec

ヒロインインタビューはセッター山口かなめ選手。
おぉ、いいねぇ。さすがです。

でも、まだまだ続くよ~。第3試合まで~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/15

ぷらっとバリボー観戦 【岡山ファイナル6編】 前編

Zip2017年2月17日(日)

春の匂いは程遠い。
Vリーグのファイナル6。
レギュラーシーズンが終わり、8チームのうち6チームがプレーオフとなるファイナル6に出場する。
ここからシーズン優勝を目指すファイナルへの必勝の戦いが始まる。

・・・と、既にこの記事を載せる今は春。
ちょっと季節外れだけど、せっかくなのでUPしようと思う。

前日に岡山空港まで最終フライトでやってきた。
そこからリムジンバスで移動すると、夜の岡山市内で宿を取る。

ファイナル6のオープニング会場はジップアリーナ。
一昨年の1月9日にレギュラーシーズンを見に来た会場だ。
ちなみに、ホテルは今回もそこと同じにした。

Zipaファイナル6は、プレミアリーグの8チームのうち6チームが参加。
ちなみに、外れた2チームは悲しいことに下位リーグのチャレンジリーグとの入替戦に回される悲劇。
天国と地獄だ~。
そんな地獄行きなのが、なんとここ岡山の地元チーム、岡山シーガルズ!!
なんと悲しいことか~。

そして、今日のファイナル6の開幕戦は全部で3試合。
ボリュームたっぷりだなぁ。
ちなみに、私は前日東京は江戸川でチャレンジリーグ2の試合観戦。
実にこちらも3試合観戦となっていて、さて体力が持つか心配だ…。
まぁ、見てるだけで、選手と違うのだから贅沢言っちゃいけないが。

Torayarrows10時開場で試合は11時から。
少し混雑していたので、行列に並んでゆっくりと入る。
入ると、会場イベントのネットガチャでのプレゼントが既に品切れ。
OBの櫻井由香さんが、トレーディングカード配ってた。

アリーナ会場に入ると、すでに東レが練習を開始していた。お、第1試合だね。
巨大な会場だが、少しお客さんは少ないかなぁ。。。

第1試合の東レアローズvsJT。
第2試合は、NECvs日立リヴァーレ。
第3試合は、トヨタ車体クインシーズvs久光製薬。
どの試合も楽しみなマッチング…。


第1試合の東レアローズvsJTマーヴェラス

Saorin_chikoku今年のシーズンで引退をする東レアローズの木村沙織が第1試合に登場。。。
の、はずなんだけど、あれ?練習にサオリンが見当たらないような…。
あれ?怪我でもして欠場!?
おっかしいなぁ。。

と、思っていたら随分と遅れてギリギリくらいに走ってやってきた。
「ごっめーん、わすれてた~~~。」みたいな感じ!?急いで練習に参加…。もう、公式練習始まるんっすけど…。
ほとに最終シーズンとしてのサオリンなのか、天然なのか…。

11時にチームが整列して、試合が始まる。
にしても、いつもそうなんだけど、サオリンって整列してもサポーターいじったり、一礼しながら靴紐結んだりと落ち着かない…。
やっぱり天然…!?

さて、ぐだぐだと書くのもあれなのだが、東レアローズに対するのは、グリーンのJTマーヴェラス。
去年、チャレンジリーグからプレミアリーグに上がってきた勢いそのまま!?
東レアローズは、去年は3位だったのに今年は苦戦していた。
11月に見た時は、もうチームの戦いがバラんバラんであっという間に負けてしまったけどなぁ。

Jt_00Jt_03Jt_02

Jt_meetingJTと言えば、男子顔負けの強力ジャンプサーブと、強力スパイクが目立つチーム。
JTは中々に強敵だけど、エースアタッカーの助っ人外国人のシティラックオヌマーがスタメンから外れている。
となると、、、と思ったけど、やっぱり試合となるとJTは強敵です。。。
精神力が圧倒的に上なのかなぁ。吉原監督の気合がハンパないっす。女性監督ってそういう面では強いなぁ。

試合は、会場のほとんどの人が思っていたであろう、なるべく長く木村沙織のプレーを見たいよ~に合わせるように、フルセットへ。
JTは、セッターの田中美咲選手がスパイカーと合わないのか、途中で新人?の柴田選手が途中に少しだけコートインしたりと動く。
対する東レアローズは、木村沙織選手に、迫田さおり選手の2枚看板に、妹の木村美里選手など、ほとんどメンバー固定。
ここにきて、11月の時みたいなグダグダ感はまったくなかった。

CarrySakodaNakagawa

Saorinvom木村沙織選手も、攻守に活躍。
時にはスパイクがきまり、時にはミスって、喜怒哀楽がバランス良く出ていて、良い時のサオリンっぽい。
こうなると、東レはチームのムードがどんどん明るくなってくる。
点を取られても、「ごめ~~ん。ちょっとミスった~。次、次~。」みたいな感じで、明るく次のサーブを受ける。
こんな感じだと、気持ちも切れないで、ペースが良い。
以前は、これが噛み合わずにどんどん失点していったのだけどね。

ねばって、最後の第5セットをものに下のは東レアローズだった。
ヒロインインタビューには、もちろんと言おうかサオリンだった。
そして、岡山名産のメロンがプレゼントされました~。
木村沙織選手のインタビューっていつ聞いても、いまいち的を得ない返事なんだよね…。天然…。

この日のサインボールは、事前に投票した人となっていたので私には権利ありませ~ん。
なんでも、投票券は売店で500円以上買い物した人に与えられるとかで、私なにも買わないからなぁ…。

Saorin_jampSaorinSaorin_gomen

そんな第1試合がフルセットとなって、ボリューム満点。
まだまだ、試合は続くよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

ぷらっとバリボー観戦 【ファイナル編】 予告

Final2017年3月18日

2016・2017シーズンのVリーグ。
この日に女子最終戦となる、ファイナル。

最終決戦は、NECレッドロケッツと久光製薬スプリングスとなったのだが、
今年は、あまり見に行ってなかったけど、何となく最後だけ見に行くことにした。

東京体育館は、千駄ヶ谷駅前。
千駄ヶ谷駅は去年と代わって改装工事中。

東京体育館は同じ雰囲気だが、ファイナルの試合の様相は随分違う。
去年は、1試合決戦だったが、
今年は女子の決戦が、金曜、土曜と行われ、男子の決戦が土曜、日曜と行われる2連戦に。

さて、どんな雰囲気になるかな…。

そんなファイナルの様子は後日。

Final_koga


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

ぷらっとバリボ~観戦 【江戸川編・後編】

Kabuki江戸川スポーツセンターでのVチャレンジリーグ観戦中。

最終第三試合は、地元東京をホームにするGssサンビームスと、ぐんまちゃん要する群馬銀行グリーンウィングス。今日はぐんまちゃんはいません。
試合前イベントは、Gssの監督と運営側でどたばた。
『試合前のこれからイベントお願いしま〜す。』
「えっ今から!?えっ!?えっ!?」
Gssの社長兼監督がどこかに消えてイベント始まらず運営側も心配。
『監督どこ行ったの〜?』
「社長は〜〜?」
行方不明の社長は、イベントチームを呼びに行っていた。

東京の歌舞伎演舞が行われて、賑やかな雰囲気のコート。
はっきり言ってよくわかんないけど…。

Gss試合はどうなるかなぁ。。。と気楽に観戦。
群馬銀行の鈴木日葵選手とかスラッととても背が高くてカッコいい。
ちょっとスラッとしすぎで、いつ怪我しそうなのか不安なくらい。
プレミアの選手とかだともっとガッチリしてるけど…。

個人的には、群馬銀行にがんばってほしいかもなぁ。。。的な気分。

でも、そんな時には何故かうまくいきません。
GSSがまさかの群馬銀行ストレート。
先週は無敵のトヨタ自動車にストレートで勝ったのに!?

ふぅ。
3連続試合観戦すると疲れるな~~。

へろへろ~~。

SuzukiMomoseKurita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

ぷらっとバリボ~観戦 【江戸川編・中編】

Ruka江戸川のスポーツセンターでぷらっと見たVチャレンジリーグ2の3連戦試合。

第二試合は、最強トヨタ自動車ヴァルキューレと最弱大阪スーペリアーズ。

大阪スーペリアーズって、今年から加わったチームだけど未だに全敗。
さ~て、ここで番狂わせ…。と期待するも。。。

う~ん、トヨタ自動車の余裕のあるプレーが目立つ。
トヨタのルーキー杉山選手って、いつも見ると何か飲んでる。
監督が、面白いこと言ったら吹き出しちゃうよ!?

さすがに極端過ぎか、トヨタ自動車は大阪には余裕で勝利。

さすがに、無敵気味のトヨタ自動車には勝負にならずか…。
途中、大阪チームはかなりいいとこまで攻めるんだけど、ミスと、決定力不足だなぁ。

あ~~~って感じ。

AaaBlockSugiyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

ぷらっとバリボ~観戦 【江戸川編・前編】

Img_0837江戸川のスポーツセンターにやってきた。
この前見たバレーボールチャレンジリーグの試合を見に。地元で近いし。

バスに乗って、スポーツセンター前で降りたのに団地しかなくて焦る。
ちょっと通り過ぎたところにスポーツセンターがあった。バス停にカンバンでも欲しいよなぁ。
(どっかにあったらしい)

江戸川区のスポーツセンターということで、隣はケーズデンキ。周りに店もコンビニも沢山ある。
2階から入って、どうしたものかと思ったが、バレーボール会場は階段あがって3階でした。
あがった階段の踊り場みたいな所がチケット売り場。
ネットの会場案内では、当日券の様子が書いてなかったけど、まったく問題なく売られていた。
受付の机の上には大量のチケットの束。
Img_0836アリーナが2500円ってのは、チャレンジリーグにしては高いのかな。
全席自由席ですからね。

今日は、ここで3試合の大ボリューム。
チャレンジリーグⅡの全チームが実は見れてしまう。
全部で6チームだからこーなるのね。

第一試合は、プレステージインターナショナルアランマーレという、やたら長い名前のオレンジチームと、ブレス浜松という、こっちはやたら短い名前の水色チーム。
チャレンジリーグⅡのチームとなると、外人はいなくて日本人のみ。しかも、そんなに長身の選手はいません。それはそれで面白く見えるのだが。

応援団が、二階席(4階)にチラホラ。
オレンジ集団に、反対側には青の小集団。

SeiSatoayaMiki

Img_0273プレステージはひたすらさくらんぼ体操。
山形のチームだからだね。それにしても、この時期は寒そう…。
それにしても、プレステージの佐藤綾選手はすごい破壊力。
ジャンプサーブも、強力だし。バックアタックにスパイクにと、もう一つ上のリーグでもいけるんじゃ…。
対するブレス浜松は、2位につけてるけど決定力不足か…。ほとんど決めかねる。
ムードメーカー的なニコニコ小野綾香選手は途中から控えに…。むぅ。
攻撃的なプレステージに対し、防戦一方の浜松は1セット取るのがやっと。
プレステージのジャンプサーブが、何人も繰り出してバシバシ決まる様子は、実に痛々しい。
16番のサウスポー江川選手をどこかで見たことあるなぁ。。と思ったら東海大学の選手だった。
黒鷲旗の時に強烈なジャンプサーブしてたなぁ。。。

結果、オレンジチームが、ほとんど圧倒という感じ。
浜松は、少しウルウルな感じです。

EgawaEgawa_tokaiInori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

ぷらっとバリボー観戦 【サオリン最終戦?編】 予告

Saorininぷらっとバリボー観戦シリーズも、突然現われて予告編をいつも入れているのだが、
そんなバリボー観戦も、一際目立つのが木村沙織選手。

やっぱり、どこに言っても目立つ。
どこの会場でも「さおり~ん♪」という歓声が聞こえてくる。
おじさん達のバズーカカメラも、自然とそっちに向かっているようだ。

バレーボールの選手の体型はスラッと長身の選手と、ガッチリ選手と分かれて日本には、長身でガッチリ選手っていないように思うけど(荒木選手とかはガッチリ…かな)、スラッと長身の選手って実にカッコいい。
もう、漫画みたいな頭身ですからね。

そんなスラッと長身の代表選手みたいな木村沙織選手が今年で引退しまーす。
と発表しているので、今日が最終戦と言うことで、予告編です。

本人は、いつもニコニコ。
実に楽しそうにプレーしているのが見ている方も気持ちいいですね。
ちょっと調子が悪いと、あっという間に表情に出るのでその点はマイナスですけど、(11月に見た日立での試合が顕著でしたね~)
今シーズンの後半は、調子が上調子みたいで雰囲気はよいんでしょうね。

何よりも、会場の誰もが楽しく夢中で試合を見れるのは実に楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・後編】

Img_00202017年2月5日(日) 曇時々ポツポツ雨

ぷらっとやってきた群馬は前橋のヤマト市民体育館。
Vのチャレンジリーグ2の試合観戦だが、地元群馬銀行グリーンウィングスのホームだ。
会場の体育館には、群馬銀行の選手の直筆メッセージを書いたポスターが。
実にパンフも自前っぽい。
「一足早い本命チョコ。バレンタインイベントとしてのサイン会」があるらしい。
これは、勝ちたいところだね。地元ゲームの群馬銀行としては。

そんな第2試合は、地元の群馬銀行グリーンウィングスvsトヨタ自動車ヴァルキューレ。

Gunginfan会場は知らぬ間に結構な人で埋まっている。
おぉ、さすが地元。緑色になってます。

お、トヨタ自動車と言えばサマーリーグで新人賞取ったのが杉山選手だったね。
髪型が代わって雰囲気が社会人っぽくなったかな。
少し余裕の雰囲気があるトヨタ自動車。王者の貫禄か。

しかし、試合が始まると会場の群馬応援団が後押ししてか、群馬銀行がリード。
会場の盛り上がりも一気にあがってヒートアップ。

こちらも、何だか群馬銀行を応援していきます。。。

ToyotaSugiyamarukaAsano

TanakaMBに位置するスラッと長身の14番鈴木選手がいいところでブロックを決めてます。
実にあの長身は強みだろうね。
群馬銀行のメンバーの中でも頭一つ飛び出してます。
セッターの10番栗田選手と一緒にブロックで飛んだときの、ジャンプ到達点の差は大きすぎる…。

第1セットを群馬銀行がとり、第2セットは大差で群馬銀行が取る。
すっかり元気の無いトヨタ自動車。
しかし第3セットは粘りというか、本領発揮というか、、それでもマッチポイントをデュースで繰り返すと会場は大盛り上がり。
こりゃたまりませんな。

しかし、最後は群馬銀行が押し切ってまさか、ストレートで群馬銀行 が無敵のトヨタ自動車を破るとは…。
地元の応援とはいえ、身震いした。

トヨタ自動車は、この脆さが去年のチャレンジマッチでも出たのかなぁ。
どう考えても、トヨタ自動車の安定感は半端ないと思っていたけど。

SuzukikuritaKuritaSuzuki

Hanseikaiトヨタ自動車は、18番浅野?が試合後の整列で泣いとる〜。え〜。1敗しただけで泣いてては、勝負感がつかないよ~。
まぁ、去年もシーズンは全勝。今年も今まで全勝で来てたんだから…。とは思うけど。
敗戦は、去年の入れ替え戦と、黒鷲旗、サマーリーグ、中部国体での上位リーグとの戦いくらいだったかな。

トヨタ自動車は、試合後に会場の隅っこで反省会。
いつも勝ってるチームだけに、沈み方も半端ない。
なんだか黒鷲旗でもこんな光景見たような…。いや、中部国体か。

試合後、1620から群馬銀行の選手によるサイン会があるとの事だったが、その辺は興味が薄いので、バスの時間もあるし群馬銀行の応援団が盛り上がる中、会場を後にした。

バスに乗る人は、10人もいないので楽チン。
少し遅れて来たが、乗車に手間取ることもなく早々に出発し、前橋駅まで無事に来れた。
前橋から、希少価値のあるカボチャ電車に乗って帰ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/27

ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・前編】

Img_00052017年2月5日(日)快晴

ぷらっと群馬でバリボ〜見ることにした。
行き慣れた場所なのだが、この季節 群馬は寒い。

ヤマト市民体育館という前橋から少し離れた所。
前橋駅で軽く軽食を取って時間調整。
会場となる体育館は食事処は無いようだ。
軽食というよりも、昼ご飯も兼ねて少しばかりしっかり食べとこ。あと、非常食を買っておこう。

今回はチャレンジリーグの試合なので、通常のプレミアよりも下位リーグ。設備も不十分。
そして、埼玉の時のチャレンジリーグ1の更に下位リーグ「チャレンジリーグ2」とあって、色々と不安がつのる。

Img_0008前回、埼玉の体育館でその場で土足ダメです~って言われたので今回は、会場の体育館が事前に上履き必要との情報をVリーグホームページで確認。スリッパを持参。
会場でも配ってはいると思うけど、数に限りがあります。だよね。

通常は、体育館にマット引いて土足で入れるようにしているんだろうけど、今回は土禁である。
普通にかんがえたら体育館は、体育館シューズだよね。
その点も、プレミアリーグと下位のチャレンジリーグの差ですね。

前橋駅前は赤城山からの吹き下ろし。
駅前にな〜んにも無く唖然。ちょっと一杯のカフェもありません。あるのはマクドナルドだけ…。
なんという寂しい県庁所在地だろうか。
食事とかするなら、高崎駅がベストだな。

Img_0010前橋駅の北口から、サクサクとバスに乗ります。
バスはかなりガラガラです
バスで10分程で市民体育館入口へ。200円。両替したのに意味なかった。

ヤマト市民体育館と言うから地名かと思っていたが、
ヤマトって会社のネーミングライツだ。

体育館前には、には随分と行列ができている。と言っても100人いるかどうか。
思ったより人が出てるなぁ。
・・・と、ポツリ、ポツリ、、、と雨?え?今日って雨の予報でしたっけ?
っていうか、予報見てないな…。

最近、会場の上履き情報を確認し忘れたり、天気予報も見ないで思い込んでいたり、情けない。

Senzakiさて、当日券を窓口で購入しよ。
当日券は、前売り券よりも300円ほど高い2300円。まぁ無難かな。
さて列に並ぶと、まとなく入場開始。もう11時だった。

会場入口で上履きに履き替えていざ入場。
早い人はもう最前列席を占拠。やる気が違いますなぁ。
こちらはエンド席でノンビリ鑑賞しよ。

エンド席は、サーブやスパイクがリアルに見えて楽しいのだが、なぜだか人気が無い。
GssのSENZAKI選手が、目の前でサーブ練習しているけどサーブの弾道が揺れる〜。
腕の振りがキレイなんですけど…。カッコいい…。

はじめの試合は、Gss東京サンビームスとブレス浜松。
Img_0199チャレンジリーグ2ということで、応援席は実に静かなもんだ。
一応、応援団は来ているけど数名ですね…。
まぁ、これくらいが落ち着いてていいかな。

試合開始は、12時と早め。
プレミアリーグ同様のキッズエスコートがある辺りは、公式戦っぽい。

プレミアと違って、みんな身長は控え目…。と思ったけどそうでもないな。
すら~っと背の高い選手はいますね。180cmを超える選手はいないようだけど。

GssのZAIZEN選手も名前がカッコいい…。
アルファベットに「Z」が入ると雰囲気違うなぁ。

また、Gssのリベロ平岩選手が、まるで土俵入りみたいな体制落とした構えが貫禄ありすぎ。
ちょっとびっくり。

ZaizenHiraiwaMunakata

Img_0848そんなどうでもいい事ばかり思っていて試合を見ていない訳ではありません…。
さすがにプレミアに比べるとスパイクとかの迫力は落ちるけど、その分ラリーは白熱して面白い。
ブレス浜松は、セッターの五番がバックアタックを打ったような気がしたけど気のせいかな…。
その後、ずっーと気にして見てたけど、普通にセッターしてたし…。
むぅ…。なんだったのか、気になる。

ブレス浜松は、カナ選手がムードメーカーなのか、とても雰囲気が出てますね。ちなみに名前は小野彩香。どこがカナかと…。
ブレス浜松の選手って、ユニホームネームと名前が違いすぎ〜。一見覚えやすそうで、覚えられん!
対するgssは、名字のTAKAHASHI、SENZAKI、HIRAIWAとかで分かりやすいのに。

試合は、3-1でブレス浜松が勝利したが、見てる感じは一進一退だったかな。


KanaMomoseYuzu

第2試合へ、つづく。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧