カテゴリー「プレイバック@homepage」の8件の記事

2016/12/28

【回想】1998年夏 四国

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を、今更ながらブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、1998年の夏、昨年の北海道から一転し未開の地四国へのセレナ旅行記

ちなみに、このときからデジカメが登場。
NIKONのCOOLPIX600で、画素数は130万画素。
店先で「ホームページなら十分ですよ~」と言われたのを覚えている。
今ならスマホにも遥かに劣る、しょぼいカメラ性能だ。


Akashi初めて本州を離れ、行った地。
暑い夏の、暑い四国での言葉は「もっと北の涼しいとこ行こうよ…」

<<明石海峡大橋 鳴門公園より>>

「これっを渡ると四国なんだな」
そう思うと、有料道路でもウキウキする。
料金所を超え、橋げたが見え出してくると、時速100キロでも、200キロでも出して、「早く向こうに行こう」と思う。「僕は移動しているんだ」と強く思う瞬間。

渡りきると、車から降りて地面に足をつけたくなる。

それは、アスファルトでも、草の上でも、どこでもいいのかもしれないなぁ。

Karusuto<<四国カルスト 天狗高原より もぉ~~>>

ここは、自然がたくさんあった。

とても気に入った土地、四国カルストで、1匹の牛さんと知り合いになった。

オスかメスかはしらないけど、61番の牛さん。

でも、君たちはここから降りることはあるのか??
 
 
 
 
 
 
Muroto室戸岬にて、海に浸りながら

四国は、交通があまり発達していない為か、太平洋岸はなかなかよい。
室戸岬(四国の右側の突端)へも電車はない。途中からバス。

そんな、シュチュエーションがみょうにウキウキさせてくれる。

今日のこの日は、1時間ほど室戸岬のこの場所で、岩に座って足を海に浸してボケ~っとしていた。

ほんとに、ボケ~っと水の動きを追っていた…

 
 
 

Urae<<四国カルスト 天狗高原のお店の前かな?>>

まぁ、食事時や寝る時以外はずーっとヒマなので、
こんな面白いものを見つけるとよろこんでずーっと見てたりする。

「裏え!?」

「回つて!?」

始めて、本州から離れて島国の四国へ。

なんだか、本州とは違った感じがあるんですよね。ホントに。

また、来るよ。

続きを読む "【回想】1998年夏 四国"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/21

【回想】1997年冬 関西

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を、今更ながらブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、これが最初か?1996年から1997年の年越しにかけて走ったセレナ旅日記


(副題:「全国名産入りチキチキ年越し大なべ大会in名古屋…の河原」)

最終目的地は特になし。大晦日に名古屋で友達と会う。
前日は、和歌山で採れたての魚のナベをつつく。


「松本市内は道が狭い」との、うわさ通り、ホントに狭かった。
これは、とあるアンダーパス

「ゆずりあって 通行しましょう」の通り通行しないと大変。
トンネルでのトラックの気持ちが良く分かる。

20130324123042

松本近郊のダイエーの駐車場。(右に見えるのはガソスタ)
早朝の状態。画像が悪いですが、霧が発生してます。

寒い…眠い…

20130324123111

飛騨高山での、早朝の状態。
朝、寒くて起きる管理人。

凍っているセレナ…見事に真っ白…
そりゃ、起きるわ。 おりゃ~~

20130324123215

特に意味の無い産物だが、「ラーメ」を売っているらしい。

伊良子岬 道の駅クリスタルホルトにて。

20130324122903

っと、これではどこに行ったのかさっぱりわからないですねぇ。

東京-甲府-松本-下呂-飛騨高山-岐阜-大津-京都-奈良-和歌山-四日市-名古屋-伊良子岬-東京

と、なんともいろいろ行ってますが、上の写真は、松本、高山、伊良子のもの。

他の写真はどこへいったんだぁ~~~。

続きを読む "【回想】1997年冬 関西"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/14

【回想】1997年夏 東北

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を、今更ながらブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、旅日記ページで一番古い1997年夏の東北セレナ旅行?記から。

写真も少し眺めて増やしながらの旅日記。というか、思い出日記だね。


20130324093609ひたすら北を目指すことを考えた旅。
そして、行きついた本州最北端の地で、北海道の影を見る。

いざ、東北。

仲間内での集合場所と時間だけ決め、あとは自由行動の現地集合。
東北地方を舞台にした「一人旅ツアーズ」が開始。
僕は、そんな中、車と言う手段で持って、初の長距離の旅にでる。

ちょっと古いので、まだデジカメも無く、普通のカメラで写真を撮っていたが、写真があまり無い…

新潟方面に抜ける途中。
こうして、緑の山を見ると来たなぁって気がします。どこに言っても。

東京には、山はもちろん、緑も少ないからねぇ。

次の写真は、空を飛ぶかもめ(だと、思う)

僕は、空は飛べませんので、こうして飛べる奴を見るとうらやましくなります。たとえ、カラスでも。

20150130_13

お決まりの夕日です。
車で旅をしていると、走りながら目的がいくつか出来ますが、

その一つが、朝の渋滞に巻き込まれない道。

もう一つ、地元の名産物などが食べれる所。

そして、夕日の見える場所。

20150130_27

多分、下北半島の東の端、尻屋崎に行く途中だと思います。
(もしかすると、大間崎からの帰りかもしれん…

JPEG圧縮で空が変だけど、雨が降ってたな。

牧草地が広がる景色。時折、牛くんがいたりします。もぉ~~

20150130_4


20150130_1行ける所まで。…で、本州最北端の地、「大間崎」

そして、最北端の一番良い場所に陣取るのはかもめくん。

この日は、いろんな人の写真に写ったんだろうねぇ。
ここから数キロの大間港からは、函館へのフェリーが出ている。
 
ここの港で、数人のライダーとトホダー(徒歩の人)と友達になった。

管理人「バイクってどれくらいで走ってます??」
ライダー1「80は出してますね。でも、夜は恐いので走れません」
ライダー2「うちは、50ccなんで、60しかでないよ。」
トホダー「僕は時速5キロくらいですね 」
ライダー2「おっ!案外速いですねぇ…」
みんな「(^○^)」

…えっ!?笑いすぎ??

(なんかこんな会話、今でも覚えている。そしてトホダーがひたすら歩いていたのも覚えている。そこだけは確実に)


この時の経路はこう。

20150130_11
東京-(三国峠)-新潟-(日本海沿い)-秋田-(男鹿半島)-入道﨑-八郎潟-(日本海沿い)-龍飛崎-青森-(下北半島)-むつ-大間崎-(仏が浦)-北海岬-むつ-尻屋崎-(太平洋岸)-八戸-宮古-盛岡-(集合。数日間近辺でキャンプ)-仙台-福島-東京

何キロ走ったかはわからんけど、着実に車の寿命を縮めていることには変わりなさそう。

当時の日記が、最近出て来たが、とりあえずはUPは控えます。

セレナの初の長距離のたびは無事終了。

本州最北端の地から見た北海道は、当時の僕にはとっても遠くに見えた気がする。
(曇ってて見えてなかった気もする)

20130323163659

おまけのレーザー踏切。
盛岡の近所だったと思うが、この看板に恐怖した記憶だけが残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/07

おまけ いろいろセレナ。

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を今更ながら、ブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、セレナネタのページのおまけ。

セレナと言っても車以外にあるんだよ。ってネタページより、当時のホームページ作りってなんてやっつけなんだろう。
当時は、Googleも無かったので適当に検索して引っかかるものは少なかった気がする。

ブログにわざわざこんなネタは載せません!
ですが、今回は回想記事なのでアップします。


セレナ
(映画?)

セレナ
(どうやら、健康食品?らしい)

レセナ
(いや…ちょっと似てるじゃ…)

Dvd

 

Alnasitan_3

Rexsit

『ザ・セル』のジェニファー・ロペス主演の感動サクセスストーリー。第2のマドンナと称されながらも24歳の若さでこの世を去ったラテンポップス界の歌姫セレナ。実在した、彼女のトップシンガーへの道程をドラマチックに描いた作品。

「セレナ60粒」は麦芽エキスの酵母菌で培養されたセレン酵母が原料。欠乏しがちなセレンを効率よく吸収することができます。

パウダースプレー。

※無断転載 お許しください…やっぱダメかな?


ちなみに、今回新しく検索してみた、2016年版は以下に!

続きを読む "おまけ いろいろセレナ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/30

ドライブに出かけよう(お勧めの道)

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を今更ながら、ブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、セレナで走って気持ちよかった道をお勧めしたいと書いたこのページから。

もう、今となってはホトンドどうなっているか分からないが…。
写真が見つかったら掲載したいと思うけれど。


北から南まで、道の姿は様々。

SERENAで過去走った道のうち、「これはいい!」「走ってて気持ちがいい!」という道を紹介する。
なお、各評価はあくまで自分の勝手な思い込みによるものであります。

各項目解説
<いずれの項目とも、それぞれどれだけ楽しいかで★の5段階評価とする。どれだけキツイかではない>

スピード どれだけ高速で走れるかを現す。また、どれだけ高速巡航が可能か…が評価の基準。
アップダウン 登り下りの激しさ、勾配のきつさがどれだけ楽しいかを現す。楽しむ余裕があるかであり、車がコケそうな勾配は評価が下がる。
コーナリング 急なカーブがあるかではなく、どれだけ気持ちよく抜けられるコーナーがあるかを現す。
景色 景色が良いか悪いか。いたって簡単な評価基準。

1.鳴門スカイライン?

Osusume01

名称

県道183号線
亀浦港櫛木線(鳴門スカイライン?)

場所

徳島県 鳴門大橋付近の島田島などを結ぶ

料金

無料

評価

スピード ★★
アップダウン ★★★★★
コーナリング ★★★★
景色 ★★★★★
鳴門大橋のたもと(0m地帯)からスタートし、一気に島田島の最高地までかけ登る。そこから、ミニ海峡の上にかけられた橋を一気にかけおりる。
この、橋がくせもの。海峡の上といってもかなりの高所。しかも傾斜がすごい。四国側から鳴門大橋方面に向かうときは登りとなるが、空に向かって走るように感じる。(登りきった先が見えないので注意)お薦めは、四国側から鳴門大橋方面。
なお、コースは尾根沿いや橋などを走る直線と、山登りカーブで構成される。

2.コバルトライン

Osusume02

名称

県道220号線
牡鹿半島公園線(コバルトライン)

場所

宮城県石巻の牡鹿半島を突っ切るコース

料金

無料

評価

スピード ★★
アップダウン ★★★
コーナリング ★★★★★
景色 ★★★
実は途中までしか走った事ないんですが…。
東北太平洋岸にちょこんと突き出る牡鹿半島のつけねから突端まで続く。
途中、女川原発などがある。コースは、アップダウンと、適度なコーナー、ストレートの構成。峠超えでもないので、アップダウンはそれほどないが、何故か気持ちよくコーナーを抜けられる。直線とカーブのバランスがいい。
ちなみに夜はうるさい…。

3.国道1号線(沼津付近-浜名湖付近)

Osusume03

名称

国道1号線

場所

国道1号線(沼津付近から浜名湖付近まで)

料金

無料(22:00~6:00)

評価

スピード ★★★★
アップダウン
コーナリング
景色
この国道を一般道となめてはいけない。ほとんど信号がないのだ。高架、2車線などの快適整備が進んでいる。
各所にバイパスが設置されているが、お薦めはバイパス側。数あるバイパスのうち、藤枝、焼津、磐田、浜名バイパスは時間帯有料。22:00~6:00までは無料なのでこの時間帯にあわせるといい。
静岡-浜名湖付近までを一般道では異常の1時間程で結ぶ。
なお、平日夜間はトラックの列が出来る。
時折、特殊大型車両が通るので、ペースはまちまち。空いてるのは、土曜夜、日曜夜。
最高に空いているのは、元旦1/1の夜。大晦日は、富士山を目指す暴走族が大量発生し大変な事になるので注意。
なお、山沿いのバイパスを夜走るので、景色は不良。浜名湖にかかる浜名大橋も、昼なら景色良好だろうが何も見えない。

4.サロベツライン

Osusume04

名称

道道106号線 稚内天塩線

場所

北海道 稚内-日本海側のサロベツ原野を走る

料金

無料

評価

スピード ★★★★★
アップダウン
コーナリング
景色 ★★★★★
サロベツ原野を疾走する直線道路。
地元の車は100km/h以上出して走っていたりと、かなりの高速ルート。
(北海道内はどこも同じくらいの速度かもしれないが…)
そこは、電信柱もなく、海=道=原野の景色が続く。
あっと言う間に走りすぎるのもいいかもしれないが、ちょっと車をとめて空気を吸うのもいいかもしれない。
景色よし。天気が良い日は、海の向こうに利尻島が見える。
夕日を見るにもいいかもしれない。

んなわけです。
独断と偏見の塊です。

また、走って気持ちいいのはセレナだからかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/23

セレナのある風景

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を今更ながら、ブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

今回は、マイカーセレナの過去の写真を載せたこちらから。



セレナのある風景

でも、乗り回していたころはデジカメを持っていなかったので写真があんまりないんだよねぇ。

Serena3Serena7


Serena5Serena1


Serena4セレナと、チャリのツーショットです。

右はちゃり「さらい号」は右のama氏の愛車です。

セレナ共々、東京から四国を走破したのでした。
(誤報:ちゃりは徳島まで船だそうです)

さらいは、四国を走りきり、セレナと無事、足摺岬で合流したのであった。

1998年夏

※ama氏は、数年後さらい師匠として私に自転車ツーリングの手ほどきをしてくれた恩人であります。

Sere_ga_44444km
▲注目!!走行距離44444km!!
走行中に写真撮るなぁぁ!!
(良い子はマネしないでね)
1998年夏四国にて

LegnamPajero

Serena6Serena2

愛媛県と高知県の県境にある四国カルスト高知。
ここから見える下界の姿は感動もんです。もう一度行きたいと思っています。
1998年夏


Se_100000km

走行距離100,000kmの図。
達成場所は、近くのTUTAYAに向かう途中の川沿い。

2001年 夏


Se_99999km

おまけ。
走行距離99,999kmの図。
達成場所は、近くのTUTAYAに向かう途中の川沿い?

2001年 夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/16

せれなって南蛇井?こーなー

(やる気ねぇタイトルだなぁ…)

プレイバック@homepage

ホームページの過去記事を今更ながら、ブログにアップするという”ずぼら企画”ですいません。

ホームページにずーっと以前より掲載していた内容を、改めて更新してブログネタにしてしまおうと言う回想企画。
一応、少し今風にネタを更新します。
昔のホームページ風なので、テーブルタグ(表)使ったり、Gifアニメあったりとレトロかもしれません。

今回は、自分のマイカー「セレナ」の紹介?ネタより。


セレナとは、日産の車です。車種で言うと、ワゴン、最近の言い方だとワンボックス・ミニバンです。
もともと 「セレナ」って言う名は、スペイン語で「晴れ晴れとしたとか、穏やかな」っていう意味なんだそうです。
社会人1年目。2度目のボーナスで買ったのがSERENAくんであった。
それ以来、彼は静かに佇んでいる…。

そう、20年経った今でも!!


SERENAの歴史はこんなん

1985年:C22 バネット

Vanette_2
まぁもっと昔があるんだえおうけども型式から言うとここら辺がスタートかな?

Ya2

1991年:初代セレナ(バネット・セレナ)

Banetto
ミニバンとしてのスタート。
フロントにボンネット。バンとセダンの間に位置するスタイルだけど、中身はバンなんだよな。
Ya2
1994年:マイナーチェンジでMyセレナ C23型セレナ
(顔が変わっただけ)

C23
まぁ、うんちくは置いといて、やっぱ僕はこの顔が気に入っている。
Ya2
1996年:2代目セレナ 

C24serena
ここが、ほんとにミニバン。エンジンもボンネットにちゃんと入れて、これでミニバンの出来上がり。
Ya2
2005年:C25 セレナ

C25serena_2
随分とスッキリした外観になったなぁ。
Ya2
2010年:C26セレナ

C26serena_2
マイチェンみたいだけれど、外観は段々とスタイリッシュになっている気がする。
少しずつ鋭角になっていくなぁ。
Ya2
2016年:C27セレナ

C27serena_2
最新版はこんな感じか~。エルグランドみたいな感じのフロントライトだ。

続きを読む "せれなって南蛇井?こーなー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/13

@niftyホームページサービス終わる

@niftyのホームページサービス@homepageが終了したようだ。

ブラウザのお気に入りから自分のアドレスにアクセスしたら、見事にアクセスできない。
ポッキーの日の前日の出来事だった。

Homepageerror

Img_0491もう、ホームページサービスは確かにユーザー少ないだろねぇ。
企業のホームページくらいで、一般ユーザーがホームページ作って更新されているのは、もう数が少ないだろうね。

私のプロバイダはniftyだが、開通当初からホームページサービスを使っていた。
1998年6月開設と自分のホームページの更新履歴にある。
最初は、系列のINFOWEBだったが、後々niftyに合併。元々、どちらも富士通系列だった。

丁度10年経過した2009年頃に、Lacoocanにホームページの内容を移行したのだが、しばらく後に、ブログが動き出した頃から管理がいい加減に。ほぼ開店休業状態。
何と言っても、ブログのココログ(このブログ)を更新するのがメインである。

そこで思った。
Lacoocanにあるとは言え、ほとんど開店休業のホームページに価値はない。
そこにあるのは、過去の歴史遺産としての価値のみ。
更新履歴などを読むと、時代を感じるものがあるのだが。
以前は、文字をスクロールさせて喜んでいたものだ。今はそんな人誰もいない。

Img_9534さて、そこで今後、ホームページで掲載していた内容を、本ブログに更新アップして行こうと思い立った。
決して、ブログ更新を毎日続ける為のネタでは無い。
いや、理由の一端がそうであろうことは否定しないが、前向きにブログにアップしていきたいとの熱意(?)である。

その名も「プレイバック@homepage」と題して、載せていこうと思う。
何と言っても、自転車旅日記は最終的にはブログに全旅日記を載せたいところだから、丁度よい。
また、ブログにほとんど載せていない、マイカーセレナネタも載せておきたい。

などなど、繋がり始めると期待が一杯である。

では、今後ともヨロシク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)