« ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・前編】 | トップページ | 要塞的駅 »

2017/02/28

ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・後編】

Img_00202017年2月5日(日) 曇時々ポツポツ雨

ぷらっとやってきた群馬は前橋のヤマト市民体育館。
Vのチャレンジリーグ2の試合観戦だが、地元群馬銀行グリーンウィングスのホームだ。
会場の体育館には、群馬銀行の選手の直筆メッセージを書いたポスターが。
実にパンフも自前っぽい。
「一足早い本命チョコ。バレンタインイベントとしてのサイン会」があるらしい。
これは、勝ちたいところだね。地元ゲームの群馬銀行としては。

そんな第2試合は、地元の群馬銀行グリーンウィングスvsトヨタ自動車ヴァルキューレ。

Gunginfan会場は知らぬ間に結構な人で埋まっている。
おぉ、さすが地元。緑色になってます。

お、トヨタ自動車と言えばサマーリーグで新人賞取ったのが杉山選手だったね。
髪型が代わって雰囲気が社会人っぽくなったかな。
少し余裕の雰囲気があるトヨタ自動車。王者の貫禄か。

しかし、試合が始まると会場の群馬応援団が後押ししてか、群馬銀行がリード。
会場の盛り上がりも一気にあがってヒートアップ。

こちらも、何だか群馬銀行を応援していきます。。。

ToyotaSugiyamarukaAsano

TanakaMBに位置するスラッと長身の14番鈴木選手がいいところでブロックを決めてます。
実にあの長身は強みだろうね。
群馬銀行のメンバーの中でも頭一つ飛び出してます。
セッターの10番栗田選手と一緒にブロックで飛んだときの、ジャンプ到達点の差は大きすぎる…。

第1セットを群馬銀行がとり、第2セットは大差で群馬銀行が取る。
すっかり元気の無いトヨタ自動車。
しかし第3セットは粘りというか、本領発揮というか、、それでもマッチポイントをデュースで繰り返すと会場は大盛り上がり。
こりゃたまりませんな。

しかし、最後は群馬銀行が押し切ってまさか、ストレートで群馬銀行 が無敵のトヨタ自動車を破るとは…。
地元の応援とはいえ、身震いした。

トヨタ自動車は、この脆さが去年のチャレンジマッチでも出たのかなぁ。
どう考えても、トヨタ自動車の安定感は半端ないと思っていたけど。

SuzukikuritaKuritaSuzuki

Hanseikaiトヨタ自動車は、18番浅野?が試合後の整列で泣いとる〜。え〜。1敗しただけで泣いてては、勝負感がつかないよ~。
まぁ、去年もシーズンは全勝。今年も今まで全勝で来てたんだから…。とは思うけど。
敗戦は、去年の入れ替え戦と、黒鷲旗、サマーリーグ、中部国体での上位リーグとの戦いくらいだったかな。

トヨタ自動車は、試合後に会場の隅っこで反省会。
いつも勝ってるチームだけに、沈み方も半端ない。
なんだか黒鷲旗でもこんな光景見たような…。いや、中部国体か。

試合後、1620から群馬銀行の選手によるサイン会があるとの事だったが、その辺は興味が薄いので、バスの時間もあるし群馬銀行の応援団が盛り上がる中、会場を後にした。

バスに乗る人は、10人もいないので楽チン。
少し遅れて来たが、乗車に手間取ることもなく早々に出発し、前橋駅まで無事に来れた。
前橋から、希少価値のあるカボチャ電車に乗って帰ることにした。

|

« ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・前編】 | トップページ | 要塞的駅 »

スポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/64910741

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・後編】:

« ぷらっとバリボー観戦 【前橋編・前編】 | トップページ | 要塞的駅 »