« 大阪 大阪城散策 | トップページ | ぷらっとバレーボール観戦 黒鷲旗 3日目【後編】 »

2016/05/20

ぷらっとバレーボール観戦 黒鷲旗 3日目【前編】

Img_00782016年5月2日(月)また快晴!

さすがに3日目になると、ネタもそうそうないのだが。
今日も懲りずに、大阪中央体育館にやってきた。

朝は朝で、どこかに寄り道してから体育館へ向かうのが日課。
開場が9時。試合開始が10時なので、ゆっくり出ても間に合うが、せっかくなので早朝の大阪の街を散策しよう。
散策日記は、また別の記事と致します。
そんな今日は、GW真っ最中とは言え、平日のようだ。地下鉄は、サラリーマンの姿が目に付く。
それでも、満員電車ってほどでも無いのね…。

もう大阪の地下鉄に乗るのもさすがになれた。
ICカードとして、Suicaがそのまま使えるのは助かる。切符を買う手間がかからないのは嬉しい。

Img_0079ピッ。ピッ。

それにしても、関西の自動改札の扉って、妙に開くのに引っかかりがないか!?結構、ギリギリまで開かない気がする…。

ピッ。バンッ!。

地下鉄中央線、朝潮橋駅。
付近は高架で景色がいい。緑も多くて、雰囲気が気持ちいい。そして、今日も快晴。
旅日和だ…。(いつもなら、自転車旅に出ているだろうけども、今年は無い)

朝潮橋から、いつものルートじゃ面白くないので、隣の公園内から体育館へ向かう…。が、体育館の入り口上を通って通過してしまう。ちょっと遠回り…。

Img_7005さて、アリーナ席に着くと…ある意味恐れていたことが…。
今日は隣に私の左側の視界を完全に塞ぐ超望遠レンズを持った人が…。
足元には巨大なカメラバッグ。
1脚を立てて、準備万端です…。

この人、初日も私の席の近くにいたなぁ…。
その時は、少し離れていたので気にならなかったけど。
バレーボール観戦に来ると、巨大なカメラ持った人が目立ちます。
男子バレーは、観客が女子率高いので、自然とカメラ率が下がりますが…。
女子バレーは、比較すると顕著。
うん十万円するれたカメラレンズとかがたくさん…。

以前、長野で観戦した時、隣のおばあちゃんが「大きなカメラで見えなくなっちゃうのよねぇ。あなたのは、小さいからいいのよ。」って言ってたのを思い出す。
私は、それもあって小さ目のEOS Kissにしてる!?(予算も合わない!)
確かに、完全に視界を塞いで鬱陶しい…。
楽しみに見に行って、両隣がそんなんだったら泣くだろな。見えないもん。
せめて、左右3席を取っておくとか、端っこでやるとかしてくれねぇかなぁ…。
まぁ、そんな人に当たるかどうかは、運次第なんだが。
今日は何かにつけて、この隣の巨大なカメラに悩まされる事になる…。

Img_0295さて、そんな事より、目の前のコートを楽しもう。
今日は、学生チーム対決に、Vリーグチームの対決があり、これまで2日とちょっと違う雰囲気。
波乱はないかもしれないが、拮抗した試合が見れるかもしれない。
全然試合とは関係ないけど、ブロックの練習しているのって見てて楽しい。
二人で息を合わせて、サイドにステップ、ステップ、ジャンプ!!って感じが高校生は何だか楽しそう。

ちなみに、今日3日目にして初めての始球式が開催された。
何で今日なのかは謎だ。

地元の小学生が4コート同時に、登場。
さすがに、コート中央まで行ってからのサーブ。
ネットを超えたボールに歓声。
さらに、レシーブ、トス、キャッチで、始球式は終了。
この時ばかりは、試合では一番小さい高校生も大きく見えます。

Img_0457



■Dコート 5月2日 第1試合
 D組 東海大学vs金蘭会高等学校

Img_0722学生対決の組み合わせ。
東海大学は、高校生には負けられないでしょ〜とばかりに気合は乗っている感じ。

ここまで2日戦って、いずれも2敗の両チーム。
さて、どちらかが1勝をもぎ取るんだろうか。
どっちも、体力は無限大って感じだから、後は気合で押し切るか!?

金蘭会高校は、やっぱり我武者羅です。
金蘭会高校は、選手が控えに入るときに監督の前で一度お説教?タイム。直立不動で監督から話を聞いて、「はい!わかりました!」みたいな感じかな…。

対する、東海大学は焦りだすと、ちょっと弱みが出るね。
9番のミドルブロッカーの選手(小松選手)と、4番(江川選手)が面白いですね。
小松選手は、ミドルブロッカーとして左右への動きが面白いけど、江川選手は協力なスパイクを時折決める。小松選手が前にいる時は守備力があがり、江川選手が前にいる時は攻撃力が上がるって感じかな。と、勝手に眺めて思っている。多分、間違っていると思うけど。

Img_1174Img_0657Img_0480

試合の途中、金蘭会高校の17番の子が入ったけど、明らかに緊張してた。
初めての試合かな!?
ちょっと点差が開いての登場だったので、体験版だったような感じだけど、動きがガチガチで失敗ばかりだったね。

Img_0744Img_1670Img_1749

Img_202117番、西川有喜選手ですね。
身長があって東海大の選手よりも高く見えたけど、楽しみな感じでした。こんな事が感じられるのも、この黒鷲旗の醍醐味なのかな。

試合はフルセットまでもつれ込む。
最後は、東海大学が力で押し切ったかな。
でも、ここまで粘った高校生に拍手喝采。

どちらのチームも、この試合で黒鷲旗は最終戦となった。

ちなみに、試合後廊下で東海大学は厳しい顔付きでミーティング?
高校生相手にフルセットって言うのは不本意だったんだろうか。


■Dコート 5月2日 第2試合
 D組 PFUブルーキャッツvs下北沢成徳高校

Img_2147下北沢聖徳高校は、DNESOをフルセットで撃破した驚きの男子・・・いや、女子チーム。
見た目は、まったく男子だが…。

対するPFUは、初日にDENSOをフルセットで競り勝っている。

この2チーム。
現在は、1勝1敗でならんでいるんじゃないか。
つまり、ここで勝ったほうがベスト8進出になるような…。
これは、どっちも負けられないぞ。

下北沢成徳高校はここで、勝ったら大金星2連チャン!?

やはり、下北沢成徳高校は1番の黒後選手が只者ではないようだ。
存在感もここでも圧倒的。
下北沢成徳の選手って、同じ高校生の金蘭会高校の選手よりも一回りとか大きいよな。(だから男子に見えるんだが)

Img_3158そして、何より応援団がいい。
「イケイケ、セイトク、もういっぽ〜〜ん。」みたいな感じ。
ここまで来ると、何となく下北沢成徳を応援したくなる。

対するPFUは、応援団不在。
初日には、ただ一人だけいた声援を送る人が昨日も、今日もいない。選手の掛け声だけが響く。
ちょっと寂しいけど、その分選手は元気だね。

試合とはまったく関係無いが、試合の合間のモップ床がけは、床雑巾と同様に、黒鷲旗には専用スタッフがいない。
なので、空いてる選手が毎回モップを持って走る。
普段のプレミアリーグの時は、3人一組でモップかけるのに、一人しかいない…。
つまり、猛ダッシュだ。
そして、そんなモップ係は大体新人の当番なんだろう。

Img_1059Img_2982Img_0361

下北沢成徳は、ほとんど決まっていて12番の選手。背が高いのに、他の選手とユニフォームが違うのでリベロなのかな?
この12番の子は、練習中のボール広いも積極的に…。下積みですなぁ。
対するPFUは、結構ランダムみたい。
時にはバリバリ働いてた、16番宇田選手が元気にモップがけ。
実は、連日これ楽しんでたんですよね。
まぁ試合の合間の清涼剤と。

Img_2906Img_3499Img_2911

Img_2722第1、第2セットと連取し、下北沢成徳の勢いを止めたか。
下北沢成徳は第3セットで返したけど、やはりプレミア昇格のチームには勝てなかった。

PFUブルーキャッツが勝利し、ベスト8へ進出。

選手は大喜びだが、観客席が寂しいなぁ。
明日は、応援団来てくれるかな!? 「イイトモ〜〜!?」

しかし、PFUをかなり苦しめた下北沢聖徳高校の選手たちに拍手。何より、昨日プレミアのDENSOを破ったのだから、今後どうなることか。
とりあえず、最後まで誰が誰だか理解できずに終わったが…。

ちなみに、試合後PFUの選手も、廊下で集合。
なんでも「今日はみなさんバスで移動するので、バスで待っていてくださ〜い」との事。
え、普段は違うの?フリータイムとか?たこ焼き食べ放題の、食いだおれちゃうだろ。

さて、試合はまだまだ続く。

・・・にしても、試合と関係ない写真が増えている気がするのは気のせいだ…。
いや、決してネタがないからではない・・・。

|

« 大阪 大阪城散策 | トップページ | ぷらっとバレーボール観戦 黒鷲旗 3日目【後編】 »

スポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/63641704

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらっとバレーボール観戦 黒鷲旗 3日目【前編】:

« 大阪 大阪城散策 | トップページ | ぷらっとバレーボール観戦 黒鷲旗 3日目【後編】 »