« ぷらっと バレーボール観戦 その7 埼玉編【その1】 | トップページ | 2016/01/03 快晴の中をぽたぽた歩く。【回想】 »

2016/01/21

ぷらっと バレーボール観戦 その7 埼玉編【その2】

2016年1月17日(日)快晴
Img_1066

埼玉の埼玉体育館でバレーボールが行われているということで、ぷらっと 昨日に続き観戦してきた。
今日は、同行者1名を巻き込んでの観戦である。

浦和駅で待ち合わせ、昨日と同じルートで移動する。
バスは西口のターミナルから発車する、桜区役所方面行き。15分おきくらいに出ているので助かる。
Img_1063それでも、昨日よりも乗っている人が多いかも。昨日なんて、3人くらいだったし…。早すぎたんだけど。
今日は開場が1時間早い11時半なので、昨日と違って丁度よいはずだ。

浦和駅から路線バスで、桜区役所行き。
今日も天気がよく、ほがらかな日。バスで行くすがら、同行の共に自分のバレー感、経験値を勝手に語る。
と言っても、まだ12月から見始めた素人じゃないか。失礼な話である。

勝手に話ている時間も、昨日と同じようにバスは20分ほどで到着する。
地の利があるって最高。さっさと混雑する前に、昨日と同じ食堂で昼食としよう。
今日のランチはハンバーグだ。お値段安くて、しっかり食べれる。うれしい。

Img_1074さて、今日はチケットあるので、ゆっくりでも入れる。しかし、昨日みたいな大行列はできていない。何故かわからないが。
大会運営の段取りがよくなったんだろうか。

昼食をすまし、そのまま会場に。
昨日来ているので迷うことなく、会場に入る。

座席は、昨日と違ってちょうど反対側の席。
ベンチ側だ。こちらの方が、選手を近くで見れそうだ。

丁度、NECが練習をしている。
今回の同行者は、私と違ってバレー初心者ではない!なので、何も言うことなし!
私が個人的に気になる選手を、あれこれ紹介。
あと、DENSOの応援団とか…。

Img_1143試合開始は、13時。
DENSOvsNECの、電子部品メーカー対決。
いつものキッズエスコートでスタート。

DENSO、今日は外人のミアがスタメンで入っている。私がはじめに見た頃の布陣かな。
大丈夫かな、岡山戦や、トヨタ車体戦など、ミアがいなくても、うまく繋げていたように思うけど…。

試合が始まると、NECのリードが目立ち始める。
対するDENSOは、細かなミスを連発。
ミアにボールを集めるも、ここぞでミスったりして、流れがまったく来ない…。

Img_1217チームの雰囲気も、ミアの雰囲気もいまいちピリピリ…。あぁ、初期に見たDENSOのイメージに近いなぁ…。
こうなると、うまく回らないDENSO。
NECのミスでの得点が増え、自力での得点がなかなか出来ない。なので、チームも盛り上がらない…。

同行の友は「セッターにちゃんとボールがいかないよねぇ。」と手厳しいコメント。
そ、そういえばDENSOのセッターで誰だ!?
確かに見ているとちゃんとボールが返らない。
相手サーブに対し、まともにレシーブで返せてないような…。
セッターにいかなければ、スパイカーのミアにも繋がらない。
焦るDENSOに、強引にアタックをしかけるミアがネットに引っ掛けたり、タイミングがずれたり…。空回り。。。

う〜ん、やっぱりミアが入ると難しいのか、連携が取れないのかなぁ。この辺を克服しないと、上には上がれそうもない。
DENSOは元気なくストレート負け。

NECとは格が違う感じだった。
DENSO応援団もがっかり。


Img_1431第2試合は、上尾VSトヨタ車体。
どちらも前日負けているチーム同士。

ホームということで、上尾は勝てるか!?
今日は、音響関係が快調なようで、問題なく応援練習もできる。
ついでに、応援グッズをもらって、応援しようかな。
岡山の時は、入り口で強制的に渡された応援グッズだが、ここではもらいに行かないとくれない。
応援席じゃないから、そこまで強制しないみたい…。いや、もうちょっとホームなんだから妖精的に全員に渡してもいいんじゃないだろうか。

さて、試合はというと 地元の応援もあってか上尾は、トヨタ車体から1セット取る。
なかなか快調な滑り出し。

第2セットも、トヨタ車体をリード。
トヨタ車体は、外人のポリーナさんの強烈サーブや、スパイクが決まり、昨日よりはいい雰囲気だが、それ以外がうまく回せない。
そんな中、監督が急遽ピッチエリアでジャージきてウォームアップしていた、村永を呼び、1番のキャプテン竹田と交代。
よくある交代は、ちょっと前にはジャージを脱いでウォームアップして待機する感じと思ったが、急にお呼び出しって感じで、村永選手も慌てて上着を脱いで走って交代。

Img_1288お、昨日気になった村永奈央選手をここでカンフル剤として投入か!?

結果、監督の采配は大当たり。
そのまま何点か連取して、流れはトヨタ車体へ。
上尾のサーブは13番村永選手に集中するも、手堅くレシーブして、セッターに繋ぐ。
または、2球目をスパイカーに繋ぐトスやレシーブを確実に上げたり、自らもスパイクを決めたり、的確なブロックで得点を奪ったりと、攻守に渡って活躍していたように思う。

こうなると、特定の個人を見てしまう私。
村永は、ベンチに戻ってくると、コーチや監督に何か指導を受けている。
さすがにまだ入ったばかりのルーキー。
手の振り方や、位置取りなどの指導を受けているのだろうか。

チームメンバーともうまくコミュニケーションが取れているようで、見ていて面白い。
とても、ルーキーには見えない…。

何だか、不思議な空気があるのか、チームの雰囲気も明るくなり、イケイケ状態に。

ポリーナのスパイクや、サーブも圧巻だが、それをサポートするリベロ佐藤、サイドの村永、小田もいい。

上尾の応援グッズを手にしながら、実はトヨタ車体応援団に試合中に乗り換えるという、浮気である。

流れそのままに、第2セットはトヨタ車体が取り、1−1のタイImg_1299に。初めてトヨタ車体がセット取ったのを見たよ!!
そこで、ハタと気付く。ここは上尾のホーム。
ホームチームを応援に沢山きているんだから、応援しないと!
タイムアウト中は、応援グッズで上尾応援に参加。

しかし、トヨタ車体の動きばかり気になる。
上尾は、この辺からリズムが崩れ始める。
トヨタ車体のポリーナ同様に、マーフィーケリーにボールは集中するが、マーフィーも集中力を書いているのか、ネットに叩きつけるミスを連発。
また、トヨタ車体の鉄壁のブロックでいとも容易く逆に得点を奪われる。
こうなると、上尾の焦りは頂点か、第3セットも奪われ、ピンチ。

トヨタ車体は、村永と交代したキャプテン竹田がジャージ着て完全に控え状態。もう、出ないのかな。
村永選手は、どんな状態でもほとんど完璧にレシーブを決めて、次に繋いでいたように感じる。
いや、この新人は凄いんじゃないだろうか。

結局、そのまま第4セットもトヨタ車体がとり、上尾は連敗。
あちゃ〜〜。

Img_1439応援団もしょんぼり…。
いや、まだまだ応援が不十分なんだよ。
岡山の時の2日目なんてすごかったもんな。
負けてても、どんどん応援しないと!!

ホームゲームの上尾を応援しないで、すっかりトヨタ車体推しになってしまった。
ゲームのあとに、上尾の選手がサインボールの投げ込みがあり、近くまで飛んでくるけど中々取れないよ~。
…今まで、取ったことない…。

さて、帰りは会場のシャトルバスは混むし行列なので、路線バスにする。
まだ5時台であり、本数はそこそこあるので、シャトルバスの行列を横目に路線バスの列に並ぶ。
ほとんど並んでないんで、座れそう。
同行の友とおしゃべりしているうちに、バスがやってくる。

私はすっかり、トヨタ車体の13番が気になってしょうがない。
来週の試合はどこか、、、来週もトヨタ車体を見に行こうか…。
悩む、悩みすぎる。
何故か、Vリーグを見たあとはいつも何か、悩みが発生。
とても不思議である。

浦和駅の居酒屋で乾杯して帰路についた。
なお、居酒屋には下駄箱があり、番号札がある。
もちろん、自分が選んだ下駄箱は13番である。

どんだけだよ・・・と。

Img_1455


|

« ぷらっと バレーボール観戦 その7 埼玉編【その1】 | トップページ | 2016/01/03 快晴の中をぽたぽた歩く。【回想】 »

スポーツ観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/63085017

この記事へのトラックバック一覧です: ぷらっと バレーボール観戦 その7 埼玉編【その2】:

« ぷらっと バレーボール観戦 その7 埼玉編【その1】 | トップページ | 2016/01/03 快晴の中をぽたぽた歩く。【回想】 »