« ぷらっと バレーボール観戦 その5 天皇杯・皇后杯 | トップページ | ぷらっと バレーボール観戦 その6 岡山遠征【予告】 »

2016/01/08

Ingress 始める。 ちょっと前。。。

2015年9月末日。
知り合いより、スマホの怪しいゲームを紹介される。
メールが届くも、怪しい…。 とても怪しい。
全文英語なので、読めないし。

その名はIngress、家に帰って調べてみたら随分と流行っているようだ。
Youtubeの伊集院静ラジオネタが中々面白くゲーム内容を解説していて、珍しく興味を示した。

とりあえず、起動。。。

Screenshot_20160106054115

Screenshot_20160106060509黒い画面に青い矢印。周りにあふれるエネルギーの源。これをポータルというが、寺社、文化財、モニュメントや、店舗、何気ない看板などユーザーがどんどん登録していくようだ。
都内だと、建物の前のモニュメントや、ちょっと面白い看板、地蔵などが登録されている。

このポータルが画面上に現れるので、近づいてクリックすることでハッキング!!アイテムなどをゲットできる。

また、自軍のポータルとして占領することもでき、自軍ポータルを3つで三角形をつくると、その三角形エリアが自軍の占領地となる。

ゲームとしては、自軍のエリア内の人口?で優越を競い合うゲームだ。

つまり、誰もいない海の上を自軍で占領しても、あまり意味がなく、人口密集地などを占領すると大きな差が出る。

ただし、人が多いところは参加者も多いので、すぐに相手の軍に占領されたり、破壊されたりする。
とって取られてを繰り返すゲームだ。

Screenshot_20160105203722このゲームが面白いのは現実世界のモノが対象となっていること。
そして、ゲームを進むには自分で歩いてそのモノに近づかないといけないこと。

つまり、実際に歩いて、モニュメントなどを見つけて制圧。次に行く。。。という行為が発生する。

もともとぶらぶら散歩していた私は、普段の場所が違うものに見えて嬉しくなる。

上野駅だと、パンダモニュメントが多数あることが発見できたりする。
地元でも、見ててもどうでもいいと思っていた公園や、地蔵が重要な戦略拠点に変貌したりするのだ。
一度占領しても、翌日や、翌週には敵軍が占領し返す場合も多々あり、またその都度通りすがりに破壊・占領していく。

それにより、地蔵や神社の名前をどんどん覚えていくのだ。
地元でも、いろいろあるんだな…と思いつつ。
自宅の周りを意味もなく1時間も、2時間も周回することはありえないが、Ingressをしていると気づくと日が沈むまで歩いていたりするのだ…。

ポータルを目の前にしてみたら写真と違うこともある。
高崎のだるまは、季節になるとハロウィンだるまになっていたりする。

Dsc_1686しかし、Ingressでは「DARUMA」である。

また、Ingressのゲームの一部に、ミッションというのがあり、ただのスタンプラリー要素なのだが、いたるところにミッションがありこれも楽しい。
一駅歩こうミッションなどは、駅間を歩いていくもので、都内だったらそれほど苦にならない。
おそらく、東海道53次ミッションなんてのもあるだろう。

しばらくは、このミッションにはまるのである。
詳細は後日…。

|

« ぷらっと バレーボール観戦 その5 天皇杯・皇后杯 | トップページ | ぷらっと バレーボール観戦 その6 岡山遠征【予告】 »

管理人のひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/63016384

この記事へのトラックバック一覧です: Ingress 始める。 ちょっと前。。。:

« ぷらっと バレーボール観戦 その5 天皇杯・皇后杯 | トップページ | ぷらっと バレーボール観戦 その6 岡山遠征【予告】 »