« 2011年8月15日(月) 寝台特急の朝 | トップページ | 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! »

2015/08/14

【回想】2002年GW 名古屋→東京。帰郷チャリ1名

昔の旅日記をたんすの引き出しから引っ張り出し、ブログに転載して行く回想旅日記。
某潤氏からの流れを勝手に汲んでいく、この旅日記スタイルはいわゆる思い出浸りと共に新たな発想への転換点になる。
これは、2002年、そう世の中はまだ平穏でサッカーワールドカップ日韓共同開催の年であった。
出会いが出会いを呼ぶ、そんなまだツーリング初心者のツーリング日記である。

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


このページは、
2002年の黄金週間(ゴールデンウィーク)4/27~5/6にかけて
名古屋から東京を目指しちゃりちゃり走った旅日記です。

Atumi_map
走行距離は548kmだったようです。
●はキャンプ地。薄紫はチャリ走経路。

これは、私がチャリと共に日本のどこかを旅する記録であります。毎度の事ですが…。
旅先で、モバイルパソコンCASSIOPEIA A-60を利用し随時更新するものです。(毎度の事ですが…)


ゴールデンウィーク。黄金週間と呼ばれる春の一大連休が今年もやってきた。
020428_025しかし、黄金週間とはあまりにも響きが悪い。
何故なら、北海道根室岬に向かう海岸沿いの道路に「黄金道路」と言うのがあるが、こちらのイメージが強すぎるからだ。工事箇所が続発し、景色はこれといって良いわけでなく、道路幅は自転車にはおそらく狭い位だろうか。
「黄金」と言うと、人々の目は輝き出すが、その人々の想いに反し、この道路は「黄金を敷き詰める位金がかかる道路」とされその名がついたという。
そんな「黄金」と言う名に躍らされ、結果、何でもないことを知る悲しさがそこにはある。

ゴールデンウィークもそうである。
名前はいい。「夏休み」「冬休み」よりも、楽しみが湧いてくる。
だがしか~~し、結果は飛び石連休だったり、間に平日があったりと「週間」と呼ぶには強引な面もあったり、その年によって様々である。

020428_026…んが、私はその名に恥じない週間へと変貌させたのである。
「10連休」正月休みに匹敵する連休となった。
社会人にとって、4連休あればいいほうで一週間以上休むのはほぼ不可能に近い。
しかし、チャリダーにとって4連休ではたかがしれている。走るためには時間が必要なのだ。
ましてや、1日そんなに進むことをしない私にはそれこそ10連休でも少ないかもしれないのだ。

今回の目的は「東海道53次半分くらい上京しよう」である。
ふいに名古屋に行く車があり、そこに便乗。名古屋を出発し一路東京に向かうことにしたのである。
ルートはお約束の海岸線。しかし、東京を目前に「箱根峠」がそびえている。
まぁ、あまり考えないようにして楽しいチャリ旅が待っているのであった。

|

« 2011年8月15日(月) 寝台特急の朝 | トップページ | 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年GW 名古屋→東京。帰郷チャリ1名:

« 2011年8月15日(月) 寝台特急の朝 | トップページ | 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! »