« 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて | トップページ | 【回想】2002年5月5日 出会いが出会いを呼ぶ出会い峠 »

2015/08/14

【回想】2002年5月4日 駿河湾堤防を行く

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


020504_24502/ 5/ 4 Sat

飛行場の朝は…いつもと同じ。
昨日はちょっと夜遅かったので、朝は眠かった。朝5時。
今日の目的地は箱根の手前。沼津か、三島あたり。
明日の箱根アタックに向けて気合を入れるための準備運動だ。
さて、地図もツーリングマップル中部から関東へと変わった。
出発してからすでに1週間目に突入したが、この朝の感じはたまらない。
あと数日。数え忘れていた日にちも、そろそろ頭の隅に置いておこう。(06:58)


三保の松原を走り、セブンイレブンでゴミを捨てる。
清水市に入り、フェリーターミナルの文字にひかれてちょいと寄り道。
伊豆土肥、下田へのフェリーらしい。下田へはなにやら高速カーフェリーが就航しているようだ。
むぅ、4000円くらいで下田か…なかなか、魅力的ではあるなぁ。
テクノカーフェリーその名も「希望」
なんだか、伊豆7島フェリーのジェットフォイルにも最近そんな名前のフェリーが就航したような…。
「希望」「夢」「愛」だったかな…。
020504_248
こう考えると、新幹線「のぞみ」ってかっこいいなぁ。
望み。希望と同じ意味でも響きが違うなぁ。
フェリー埠頭で、ちょいと寝グセを直し、ついでに品切れになったトイレットペーパーを拝借。
当然、使用中で減っているのを拝借します。もちろんそこには、新品をセットしておきました。
清水市内のアーケードを疾走し、駅前に出れば、駅は工事中。
ワールドカップをあと十数日に後に控えてこれでいいのか清水市よ。
清水市内を抜け、旧東海道と思われる道を走る。意外に路肩が広く走りやすい。
さすが1国。チャリダーになにげなく遭遇。しかし反対車線だけにかるい挨拶ですれ違う。
興津の宿。ここは興津駅。健康ランドのバスが何故か待機している。
パンをかじりながら、ペットにポカリの粉と水をいれて混ぜ混ぜする俺の姿はどう映っているのだろうか。
今日の目的地沼津までは、50km程度。余裕を持って3時前には到着したいものだ…(09:34)

国道1号線は一気にバイパスと化す。「自転車通行禁止」の文字。
やはり、何度も車で走ったがチャリの走れそうな道は見当たらなかった。
高架道路は車にはいいが、自転車にはなんの恩恵もないらしい。
脇道へ外れては、1国へ戻るのくり返し。
由比浜付近で1国は海、JR、東名と平行して走る。その脇に自転車&歩道。
しかし、途中でなくなり定食屋の駐車場になっていた。信号を渡り反対側の路肩を走る。
由比駅付近の1国はバイパス。自転車不可なので、旧東海道の県道を走る。
道も路肩も広いし、交通量もそれほどないので安心して走る。
少し、登っているようだけれど追い風に後押しされてまったく問題ではない。
道に迷っているようにキョロキョロ1国と旧道を探しながら走る。
富士川渡るにも、自転車は反対レーンのみ。悔しいなぁ。
さすがに1国の車道を走るのは度胸がいる。ましてや、路肩の無い高架道路なんかは覚悟だろう。
なんせ、100km近くでふっ飛んで来る大型とかいるからなぁ。
富士川越えて、しばらくは1国の路肩を走る。快走。
しかし、再びバイパスとなってしまい、自転車は行き場を探して側道へ…。
020504_249これまた、旧東海道の県道を迷い迷い走るのでした。
そろそろお腹も空いてきて、MDも1周しちゃったし、休もうかなぁ。
と、思っていると悲しいことに工業地=住宅地と休む場所を考える地区になってしまう。
それでも、旧東海道を走り続け「沼津市」に入った。
「あんだよ。一応、今日の目的地じゃないの…」
と、右手の松林の向こうに堤防が見えた。「…お、海かな?」
田子の浦海岸とでも言うのだろうか、そんな場所に出たのであります。
堤防にあがれば、なんだか随分前からず~~~~っと続いていたような雰囲気。
時折、ロードレーサーが疾走していく堤防の上で、昼飯とあいなったのであります。
明日の箱根越えに向けて、ちゃくちゃくと荷物を減量させているのでありました。

富士が見えん!!裾野にいるはずなのに!富士が見えんとはどういうことじゃ!
それは、曇っているからでありましょう。
南から吹く風が、少し寒く感じられるのであった。
今日はのんびりテント場を探せそうである。(13:27)

020504_251ぱらつく雨。小雨であるが、走るチャリにはつらい。
堤防をそのまま走り続けると沼津港らしいので、そのまま走り続ける。
しかし、雨が…。
そして、行く手を遮る人ごみ…。な、なんだ…一体…。
バーベキュウかなんかの集まりだったんだろうか。わらわら堤防に止めた車に乗り込んでいる。
ほれほれ。どきなさい。
小雨まじりになったから撤収かぁ?
おらおら走る。…が、雨が辛い…。
堤防の上では雨宿りできるところがない…。しゃぁない。下りるか…。
堤防から、下の車道に移る。千本松林。どこでもテントを張れそうだ。ふむふむ。
千本公園(?)とやらの東屋で雨宿り。
地図見て考える。
今日はここまでだな。明日の箱根アタックに向けて丁度いい距離だ。
準備運動程度に三島まで。そっから一気に午前中で登りきる。だな。
あとは、俺の気力がどこまで持つかどうかだろうか。

では、テントを設営するだけだ。
ふらりふらふら走り出す。海沿いには松並木が続くのでどこでもええわな。
沼津港に隣接する港公園に設営決定。
ちと時間が早いので、近くのダイエーに行く。
特に買うものはないんだが、立ち読みぃ~~。
戻ってテント設営。飯。肉。米。

であった。(18:36)

走行距離:60kmくらい
総走行距離:429km
ルート:三保の松原=清水=興津=由比=富士=沼津=港公園



|

« 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて | トップページ | 【回想】2002年5月5日 出会いが出会いを呼ぶ出会い峠 »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年5月4日 駿河湾堤防を行く:

« 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて | トップページ | 【回想】2002年5月5日 出会いが出会いを呼ぶ出会い峠 »