« 【回想】2002年5月2日 御前崎を目指せ | トップページ | 【回想】2002年5月4日 駿河湾堤防を行く »

2015/08/14

【回想】2002年5月3日 大井川を越えて

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


02/ 5/ 3 Fri

目覚めは釣り客の足音。
020503_215「マリンパーク内釣り禁止」の看板を目の前にし、みんなして釣りをするようだ。
早々に飛び起き、時間は5時。さくさくテントから出て、昨日と同様にサッサとたたむ。
トイレも公園内にあり便利である。
メールチェック…。あ、なんだか2件もメールが…
(このメールの返事を書くのに、あれこれ数時間を費やす)
7時頃、とあるチャリダーI氏よりメール。折り返し電話する。
I氏は、私の後を追うように走っている。今はまだ、三重県を走っているとのこと。
その後、鳥羽=伊良湖=浜松…と、どこまで俺をおいつめられるか…
俺ののんびりペースに対し、数倍のペースで走るI氏なだけに追い付かれるのは時間の問題との噂も…。
そのI氏とは、実は先の正月、九州志布志付近で追いぬかれた大阪チャリダーなのである。
電話の向こうでは軽快に大阪弁がまくしてたてられる。
「まだ三重県ですわぁ。」
「こっちは御前崎。待ってるよぉ~ん。」
お互いの健闘を誓い合い、出発…するはずが、俺はまだまだうだうだしている。
さ、そろそろ飯食って出掛けるかなぁ…。
本日の目的地は、ツーリングマップル中部の最東端清水。はてさて、今日の風は敵か見方か…。(08:42)

020503_231150号線走る。今日は風がすこし追い風か。
太平洋岸自転車道もあり、快適に走る。例の如く、途中でなくなったが。
カーマホームセンターに寄り道。ニッケル電池買う。デジカメ用にどれだけ使えるか。
スーパーあかのれん寄る。箱根の手前までの食料を買い込む。それほどの量ではないが。
ビックエンチョー寄る。CRC5-56買う。
そっから、海沿いの県道31号に移って走る。大井川の上で富士が見えた。おぉ。
車道にいるにもかかわらずチャリ止めて写真撮る。
気付くと、チャリダーが一人。むぅ。大阪人か。多いなぁ最近。
少し話し込む。どうやら、昨日御前崎でキャンプしていたらしい。ニアミスやねぇ。
案外、軽装な荷物で箱根を越える気らしい。俺のは無意味に重装備だからねぇ。
なにが無いって、食料かな。俺は2日分くらいの食料が入っているからなぁ。
020503_233コンビニでも食は済むんですけどねぇ。
やっぱ、走るにはこれくらい詰みたいなぁって思ってこうなっちゃうのよ。
で、今は別れて…あぁ、自分のホームページ宣伝するの忘れたぁ~~。
…で、今は別れてふじさんの見える、焼津の海岸。昼飯食うぞ。(13:47)

焼津の浜を時速27km/hで疾走する先は行きどまり。あ~あ。
少し戻って坂道を降りると、今度は砂利道。そして、チェーンが外れた。
それでもめげずに、焼津港脇をひた走る。どうやら、完全な追い風らしい。
軽く踏むだけで20は出る。昨日なんか、20出すのにひ~ひ~言っていたのに…。
焼津から、海沿いを行き静岡へ向かう。ここからが登り。
と、焼津市内で午前中にさっき出会った大阪チャリダーを発見。反対車線だが…。
そのまま追いぬいてしまう…。あらら、何してたんだろ…。随分と遅くないかい?
そこからはずいずい~っと登ります。ぜぇぜぇ。み、道が狭い…。
後ろから来る車に気をつかいながら登っていく。最初は調子がいい。
追い風だからか。食後だからか。筋肉が暖まっているからか…。
…が、汗が滴り落ちてくる。ぜぇぜぇ。トンネル。これまた狭い。汗をぬぐう休憩。
一気にトンネルを走りぬける。
その先も、登りが続く。ぜぇぜぇ。
020503_238トンネル2,3回抜けた先。「静岡市」の標識。ふぅ、後は下りのようだ。
ぴゅ~~~い~~~~。一気に下る。気持ちがいいのぉ~~~。
車の後ろについて、ぴゅ~~~っと下る~~~~。ぴゅ~~~~~~。
そのまま海の上もおぴゅ~~~~~っと走るぅ~~~。
ぴるるるるるるぅぅぅ~~~~~。
下り立ったサークルKで休憩。まだドラゴンズダブルソーダが売っていたので買ってしまう。
静岡市らしい景色を拝むこと無く、そのままの勢いで走り去る。
150号は海沿いをイチゴラインと化して走る。右手に海、左手にイチゴ園というわけ。
と、ロードレーサーにスススーーーッと抜かれる。ムムッ。
「レーサーか、速そうだ…、25kmくらいで巡航するのだろうか」
ちょっと、勢いに乗ってみる。ギアを落として、踏み込んで…。
ぐぉぉぉぉぉおぉおぉおぉぉっっっ!!!
「27km巡航~~~~!!順子~~~~~!!(長渕の曲)」
駄目だぁ、追い付かない。差が少しだけ広がっていく気がする…。
ぎ、ギアを一つ落として見るか…もう一つだけ…
ギアを落とすと、重くなる分足への負担は大きくなるが、平均して出せるスピードがあがる…。
「か、懸けて見るか…いいだろう、一生に一度くらいは…」
ガクンッ。風と路面のタイミングを見てギアを落とす…
…ん!?回りが軽いぞ!? …しもた、逆や!! (慌てる)
ガクッギシッ。
よっしゃ、今度は落ちた。あほやなぁ。よっしゃ行くでぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~~!!
なりゃりゃりゃりゃりゃぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!!!!
負けへんでぇぇぇぇえぇえっぇぇぇぇぇぇっっっっっ!!!
イチゴ園のおばちゃんが、路上を行きかう車に向かって旗を降る。
えぇぇぇぇい。どけどけどけえぇぇぇぇぇぇいっ。
流石に、レーサーに続いて、荷物満載のチャリが通ると旗降りも止まる。
「すんあまへぇぇん。」(軽く一礼)
時速30km/h越えて巡航。気合の領域に達する。
車のレーンは気付けば少し流れが悪いようだ。ぐんぐん追いぬいてしまう。
おりゃりゃりゃりゃぁぁぁぁあ。ちゃりだー様の御通りでぇえぇい。
さて、こんだけ気合を入れて走って、例のレーサーとの差はどうなっただろうか…。
「むぅ、駄目だぁ。ケツしか見えん…。」
差は変わらず、どーもまだ駄目らしい。しだいに気力も抜け気味に…。
あとは、渋滞中の車をぐいぐい抜いていくのだけが生きがいに変わる。
なりゃりゃりゃりゃぁぁぁぁぁあぁ。どうでぇぇい。チャリの速さを思い知れ~~~~。
ぬわっはっはっははっはぁぁぁ。このぉぉ馬鹿弟子どもがぁぁぁぁぁぁぁっっ。
心の中の叫びが走りにのりうつったかのように、走りは衰えず…。
しかし、次第に渋滞が解消し車に抜かれ出すと…すっかり気力も抜けてしまい走りも元に戻ってしまった。
へなぁぁぁぁぁ。
…で、さっきのレーサーがぷいぃぃ~~~っとまた横から抜いていった。
「あり?どっかで休んでいたな…ぐふっ…」
すっかりやる気が無くなった私は、
そのまま清水市に入ったところのファミリーマートでコーラを飲んでしまうのだった。(17:19)

020503_240さて、既に日が傾きかけている。サクサクテントを立てるべく場所を探します。
清水市にぽこっと飛び出す半島みたいなの…。三保と言うらしい。
で、散策し三保飛行場なるセスナの飛行場に設営。そのまま一人焼肉パーティへと移管。
昼に買った肉を食う。食う。食う。途中で力尽きて明日以降に順延~~。
やっぱり、旅先での飯はアウトドアかなぁとか感じてしまう。
コンビニもてっとり早いが、どうだろうか。疲れてるときはいいかもしれない。
ただ、雰囲気は「走る」ことに重点がおかれてしまう。
俺としては、チャリ旅はやっぱ走りよりも「生活」なんだよなぁ。
今日は少し登って走ったなぁ。…何キロだろうなぁ。また見忘れた。(19:49)

夜、ふいに眠れずにテントからはい出し、空を見上げる。
曇っていたが次第に晴れてはきた。しかし、清水の街が明るいためか星はいまいち見えなかった。
まだ夜9時を回ろうかという時間。夜深しには早すぎる時間だが、夜深しとあえて言おう。
半島の向こう側、清水市から続く光りの帯は国道1号線だろうか。(02/05/04 06:53)

走行距離:・・・・見てない。50キロくらいと推定
改走行距離:70kmくらい。
総走行距離:369km
ルート:御前崎=県道=150号・太平洋岸自転車道=県道31号=150号=三保



|

« 【回想】2002年5月2日 御前崎を目指せ | トップページ | 【回想】2002年5月4日 駿河湾堤防を行く »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて:

« 【回想】2002年5月2日 御前崎を目指せ | トップページ | 【回想】2002年5月4日 駿河湾堤防を行く »