« 【回想】2002年5月1日 ほぼ休息日 | トップページ | 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて »

2015/08/14

【回想】2002年5月2日 御前崎を目指せ

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


02/ 5/ 2 Thu

020502_179ぷっぇぇぇ~~~~。まだ5時前だよぉ…。5時まで寝よ…。
5時過ぎ。もごもご起き出すが、今日の動きは早い。即テントから飛び出し、荷物を出す。
ぱっぱっぱっとテントを畳む。ぷぃ~~。
朝飯は~~。買え起きのラーメンでいいや。
サクサクパンク修理しよっと。それでも、修理を始めたのは7時前。
初めてのパンク修理にワクワク。チューブを取り出し…あり?と、とれない!!
う゛~~。う゛~~~~。ぽこっ。ズズズズ…。取れたぁぁ。
…では、空気を入れて…(100円ショップの簡易空気ボンベで入れる)
ぷしゅ~~~~。膨らむチューブ。
ふむふむ。耳をすます…。空気の抜ける音…。聞こえるような聞こえないような…。
くるくるチューブを動かしながら、耳をすます。あり?1周しちゃった。
わからんなぁ。音はしてるんだけどなぁ。
しゃーない、コッフェルに水を注ぎ、チューブ浸責法で行く。ぼっちゃぁん。…。
おっかしいなぁ…反応がないなぁ…
プクプクプク…おっ!!発見!!
ゴムのりを塗りつけ、しばし乾燥を待つ。(07:07)

020502_184無事直ったと思われる。後は、空気をいれるだけ…これが大変…。
しょぼい空気入れ、いろんなタイプの栓に対応するように二股になっている。
…が、空気を入れようとすると片方から漏れてしまう。
えぇ~~い。面倒だ。アロンで止たれ!!。固着。ふぅ。これでいい。(07:31)

向い風。前線が南にいるからしょうがないかな。
ここから海沿い御前崎を目指して国道150号を北上する。
でも走るのは150号バイパス。本道の一本海沿いを走る未完成なバイパス。
現れたのは有料道路の橋。軽車両10円、との表示に迷いながらも橋を渡る。
1kmくらい向こうに一般道も見える。が、まぁいいだろう。
橋も終わりに近づき料金所が見えた。ついでに前にもう一台チャリが見えた。
チャリは料金所の手前で土手に入っていった。…ん!?もしや10円抜けられる!?
その通り、料金所の手前で土手に曲がる側道。そして、そのまま一般道に出る。
う~ん、10円とはいえセコイ。そこから、しょぼいバイパス150号を走り、気付くと田んぼ道。
遠くに見える本150号が恋しくなり、そちらへ。
そのまま腹が減ったので、サークルKにておやつタイム&空気入れタイム~~。
あ、晴れてきた。(10:07)

020502_186太平洋岸自転車道再び。
愛知県伊良湖岬から極力走ってきた太平洋岸自転車道。
昨日、一昨日とその存在を忘れていただけにその衝撃はそこそこ大きかった。
「静岡県はやる気ねぇんだろうなぁ」と決めつけていただけに、まことに陳謝します。
ただ、太平洋岸と言っても河原の土手を走ったり、
一般農道の脇を走ったり(しかも俺のチャリ幅通れない棒立ってるし)は無いんじゃないの?
途中から、海沿いの道に出て、右手に砂浜を拝みながら走れるみたいだけどさぁ。
国道150号走ったほうが全然早いんじゃないの?ねぇ、静岡県さんよぉ。

020502_199
…で、砂浜再び。
風強く、波もそこそこきてます。例の如く、サーファーが時折姿を現します。
ぴよぴよ。砂浜のうち寄せる波で遊ぶ鳥3匹。と、一人。(11:36)

ごろ寝。(13:09)

向い風に少しキレ気味。まぁ、しゃぁないなぁ。しかし、進まないなぁ。
道を塞ぐ砂に少しキレ気味。まぁ、しゃぁないなぁ。しかし、押して引いて進まない。
向い風はどうしようもない。
020502_201道を塞ぐ砂は、チャリを引いて通過する。いい加減嫌になって一度国道に戻るが、再び戻る。
なんとか砂丘。昨日の砂丘ほどでかく無い。それよりも緑。緑。緑。こっちに感激。

浜岡原発付近から国道150号をそれ、御前崎方面に向かう。
自転車道はただの歩道と化している。
御前崎をあと数キロと目前にしてスタミナ切れ。(16:43)

御前崎。
御前崎の標識の前に居座るプラッツ。かなり邪魔である。
写真を撮ろうにも、必ず写ってしまう。面倒だから写してしまう。
さぁて、風も強いし、どこか風を避けれるテント場を探すべし。
御前崎付近では、目の前にホテル、道路、海、で風を遮るものがない。
020502_212オートキャンプ場もあるが、俺のテントではふっ飛びそうで不安だからやめる。
マリンパークなる建設中の公園入口のでっかい扉の脇にテントを設営することにする。
風も避けられ丁度良い。ただ、時折人通りがあるのが難点か。
マリンパーク。御前崎からちょっと来たところ。
風車が勢いよく回っていて、いい感じであるが、何もない。風が無ければいいテント場だが。
隣には、なぶら館なる地元のおみやげ市場みたいなのがある。
風車は今来た道を向いてぐるぐる回り、今までが向い風であったことを痛感させてくれる。

日は静かに雲に隠れていった。(02/05/03 08:24)

走行距離:60kmくらい
総走行距離:292km
ルート:中田島砂丘=国道150号=太平洋岸自転車道=浜岡砂丘=県道=御前崎


|

« 【回想】2002年5月1日 ほぼ休息日 | トップページ | 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年5月2日 御前崎を目指せ:

« 【回想】2002年5月1日 ほぼ休息日 | トップページ | 【回想】2002年5月3日 大井川を越えて »