« 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! | トップページ | 【回想】2002年4月29日 魔改造のTRANSIT SPORTS遭遇 »

2015/08/14

【回想】2002年4月28日 知多半島突端へ

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


02/ 4/28 Sun

020427_022朝。起床は自分でも驚く8:30.
なんだか16時間近く寝ていたようだ…。日は既に昇りきっている。
テントの中も、寝袋にくるまっているのはちと暑い。

朝飯食うのもウザイぐらいに寝ぼけている。
ほげげげげげ~~。
荷物の片付け、整理をする。サイドバックが昨日は随分と偏っていたのだ。
中身を出して、元に戻して…。あんまり変わらんなぁ。
サイドバックのモッコリ感が少しは無くなったかな。
朝飯は、昨日の朝飯の残り。パン1枚と餞別にもらったマリービスケット。

昨日の旅日記を思い出しながら書く。アップロード。
自転車の整備をする。どーもブレーキの利きが悪かったのが気になったのだ。
テントたたむ。今日も暑い。とても暑い…。
昨日ユニーで買ったポカリ1.5リッターがもう半分を切っている。
今日の旅日記をかき出しながら、空の青さを久しぶりに体に感じる。
しかし、影に映った俺の寝グセはひどいもんだ…。(10:37)

020428_027平均時速15km/h。向い風の道をのんびり走る。
伊勢湾に吹き込む風。静かに吹き込む風。
ほんとにのんびり走るため、ほとんど進まない。
しばらく走ったら、海が見えた。常滑も近い。
1時間走ったところでMDは1周。ファミリーマートに立ち寄る。
ゆでたまごはそんなにうまくなかった。やっぱ、自分で作るべし。
港の堤防でお昼寝。15分くらいのつもりが、ぽかぽか気持ちよく気付けば1時。
向こうの方では潮干狩りだろうか凄い人の数が見える。
おばちゃんの話で今日は随分とひいたそうだ。確かに、湾のかなり奥まで人があふれている。
なんだ、海水浴じゃないのか。(13:06)

020428_036大量の潮干狩客の横をすり抜け、海沿いを走る。
むぅぅ~なかなか向い風が激しく悲しいなぁ。
時速10~20km/hの間をいったりきたり。

途中、内海駅付近のサークルKでアイス購入。食す。暴走(爆音)バイク通過。
そのころからスーパーを探す。内海駅(名鉄の終点駅)に向かうが、駅前にはなにも無い。
とってもガッカリ。駅前の個人商店はみんなシャッターが閉まっている…。

「しょうがねぇなぁ。田舎の駅はよぉ。」と一人ツブヤキながら地図にある温泉を目指す。

「大人1200円。17時以降700円」
020428_041ふざけんなぁ。旅人をなめるなよ。ガックシきたその2。
風呂に1200円もかけるわけにはいかないなぁ。と、無念そこはあきらめる。

内海の先、美浜ってところでスーパーに立ち寄る。
ただ卵が欲しかっただけなんだけど。
ホントは、チャリに注す油も欲しい。ギアがキ~キ~鳴いている。

さてそろそろ知多半島の突端に到着する。
ここから、次の行動を考えねばならないが、時間はまだまだたっぷりあるのである。(16:17)

師崎。伊勢湾の島々、鳥羽、渥美半島の伊良湖へのフェリーが出ている。
020428_045
フェリーターミナルの周りは車だらけ。ところ狭しと駐車車両があふれている。

落ち着きが無い岬だなぁ。

今日はここでおしまいにする。風を避けるポイントを探して、強引にテントを張る。

ほがががが。眠いなぁ。
飯も食ったし日記も書いたし寝るとするかぁ?
さて、明日はどう進もうか考えちゃうなぁ。めんどくさ、明日考えよ。(18:45)

走行距離:50kmくらい。


2002年当時、中部国際空港セントレアはまだ無い。
私のツーリングマップルにも、微塵も無いのである。

|

« 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! | トップページ | 【回想】2002年4月29日 魔改造のTRANSIT SPORTS遭遇 »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年4月28日 知多半島突端へ:

« 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目! | トップページ | 【回想】2002年4月29日 魔改造のTRANSIT SPORTS遭遇 »