« 【回想】2002年GW 名古屋→東京。帰郷チャリ1名 | トップページ | 【回想】2002年4月28日 知多半島突端へ »

2015/08/14

【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目!

Atumi_title

TOP4/274/284/294/305/15/25/35/45/55/6


02/ 4/27 sat

020427_001/26(金)夜。某事務所にセレナを置いて今回の旅は始まった。
チャリはばらされ友人Yの愛車に乗る。「セレナならばらさずに乗るのになぁ」とぼそり。
Yは、友人の結婚式のために名古屋まへ向かう。私もそれに便乗。
夜の11時頃出発。出発早々、「車の鍵閉めたかなぁ」「忘れ物ないかなぁ」と嫌な思いが過る。
友人Yは「あ、式場の場所を書いた手紙忘れた」と言うことで、一度家に戻る。
奥多摩を抜け、さらに奥の大菩薩峠(?)を抜ける。「気温1℃」の表示に「マジですかい?」
夜の20号19号を激走。途中、どこぞの道の駅で一眠りするも、やっぱり眠い。
途中、路肩のどぶ溝に落ちているプレサージュを見るもやっぱり眠い。
名古屋到着朝8時。駅前でチャリを降ろし、組立を開始する。そこからチャリ旅が始まるのだった。

020427_004「3人に1人は、…ん!?って目で見てるよねぇ」とY。「まぁ、慣れてますから」
そこらへんは、正月の宮崎駅前で慣れている。
しかし、暑い…。天気はいい。昨晩の気温1℃はどこへ…。峠の上だが…。
ふと、テントのペグを忘れたことを思いだす。
無くてもテントは立つが…、正月のテント飛来事件以降、風には敏感な私。
「テントのペグ無くして、安眠なし。」の精神でペグを探しに名古屋駅高島屋東急ハンズへ行く。
チタンペグ320円も魅力的だが、スチールペグ100円にする。
8個も買うと、随分と重い…。チタンペグ8本で2500円…。今度考えておくか…。

Yの結婚式が始まるのは午後4時頃らしく、長らく暇らしい。
私は、これといって直に出発する理由もなく暇らしい。
暇人二人はしばらく駅前でぼへぇぇぇっとするのであった。眠いし。
020427_015マックを持ちかえりで買い駅前で食う。駅前ロータリーは随分混雑。
送迎の車が列を作って縦列駐車中である。
目の前のベンツAクラスがどうやら前にイプサムが止まった為に出れないようだ。
イプサムが下がり過ぎたのだ。目の前には、シルビアバリエッタ(オープンカーな奴)
珍しい車が止まっているものだ。
そんなものを観察しながら時間は過ぎていった。

Yに別れを告げ、出発は午後1時半。名古屋駅前発。
走りなれない都市だけに、不安ではある。
名古屋といえば車で走るにはいい道であった。さてチャリにしてみると…。
これが意外に走りにくい。車道を走るには路肩が無い…。
歩道は広いが段差があって走りにくい。
感想「名古屋は車社会であって、チャリにはむかないらしい」
そんな感じだから、車道を走ったり歩道を走ったり…。
橋なんか最悪。車道と共に走れば、ぷいぃ~~っと昇れるのに脇の歩道用の階段を昇る。
市内を抜け、知多半島に抜けようと国道を走ると突然と自動車専用道路の標識…
脇には歩道があるので歩道を走ると、歩道橋が待っている。
歩道橋を渡って走るとまた歩道橋が待っている…。なんだこりゃ。
020427_021とりあえず、走る方向もだんだんと不安になってくるが、国道脇を走ろうと努力。
…突然アスファルト舗装の歩道が無くなり、草ぼうぼうの砂利道に変わってしまう。
車がばんばん飛ばす脇の歩道がこれとは…。名古屋の自転車事情は最悪だ…。
最悪、砂利道歩道の最後は自動車専用道路脇に出て終わっている。
チャリはどこを走れというのだろうか…。半分頭にきて、自動車専用道路を走る。
先には出口が見えているから、そこで出よう。ほんの少し、走らせてくれ。
国土交通省に文句をいいたいわ。まったく。扇の要が何をやっとんのじゃ。まったく。
出口…出たがそこは工場の出入口のみ…。側道もなにもない…。ムキィ~~~。
再び自動車専用道路を走る。路肩が少しあるからいいけど、なんだかいろいろ落ちている。
バキバキ、パキポキあれこれ踏んでいる。パンクするなよぉ~~。願いながら次の出口まで全速力。
おりゃりゃりゃりゃりゃぁぁぁぁ~~~!!!出口はどこじゃぁぁぁぁぁぁ。
…ふぅ。次の出口では無事側道に抜けることができた。

020427_024
もういいや、この道沿いを走るのはやめた。スーパーで買い出ししよ。どっか探すべし。
大川田の駅前ユニーで買い出しを慣行。閉店セールにでくわす。8月閉店…随分先やなぁ…。
閉店セールでも100円ショップは全部100円。
水ペット2リッターを購入。これがないと、何も食えない…。

さぁて、眠いからサクサクとテント立てて寝よう~~~と、寝床を探す。
「海づり公園」海沿いの工場プラント群の中にあるそこに寝床を決めた。
テントは、道脇の少し下がった所にした。風も避けられそうだし、道路からも目立たない。
時間は4時を回ろうかとしていた。

テントを立て、飯は後でとゴロンとなったら気付いたら眠っていた。
気付くとラジオからナイター中継が流れ、時間が6時を回っていることを想像させる。
ラジオを切って本格的に眠りに入る・・・。

走行距離:33km
名古屋駅=(知多半島)=大川田=海づり公園


当時の走行推定ルート
 当時はGPSも無いから、記録がない・・・旅日記の情報のみ。

|

« 【回想】2002年GW 名古屋→東京。帰郷チャリ1名 | トップページ | 【回想】2002年4月28日 知多半島突端へ »

2002春 旅日記・東海道編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】2002年4月27日 東海道東進1日目!:

« 【回想】2002年GW 名古屋→東京。帰郷チャリ1名 | トップページ | 【回想】2002年4月28日 知多半島突端へ »