« 碓氷峠・軽井沢ツーリング その4「上田千本桜」 | トップページ | 5月2日 離島・粟島へ。 »

2015/05/06

5月1日 出発の直江津。

2015gw_title

1日目:5/1(日)2日目:5/2(土)3日目:5/3(日)4日目:5/4(月)最終日:5/5(火)


2015年5月1日(金)晴れ

2015/05/01 06:58Img_8862

おはようございます。
朝一番の新幹線はくたかに乗車。
ゴールデンウィークが始まるこの季節。ツーリングには最適。はてさてどこに行こうかと悩むが、特にきまらず…ただ、今回のゴールデン

ウィークはあまり日数がない。
そこで、行こうと思って距離が中途半端で先延ばしになっていた部分を走ろうと思う。
日本海は北陸部分。直江津から秋田は未走破区間があるのだ…。

プランは簡単。
未走破区間の直江津をスタートして、一路北上。
新潟、村上、酒田、庄内、秋田と行く。新潟県、山形県、秋田県の3県をまたぐ。全体距離は400km弱。
日数的には余裕がある。あとは、天気と風かな…。
うまいこと南風がゴウゴウと吹いてくれれば、1日で随分と稼げるだろう。あとは、久々のキャンプ。場所は行ってみないとわからないからな…。
計画はざっくり。特に厳しい山もない…。リハビリツーリングみたいだ。

今日はまだGWの休みではないので、新幹線はガラガラ。Img_8846
えきねっとで座席指定で、一番後部座席をとって自転車も安心収納。自由席は混んでいるが、指定は余裕だ…。
とりあえず、牛肉弁当を食べてエネルギー補給しよう。
もぐもぐ。
朝日が窓から差し込むと、気持ちも心なしか盛り上がってくる。空の色は清々しく、真新しい新幹線の車内も清潔で気持ちよい。

あぁ、旅に出ます。探さないでください。
 携帯でいつでもどこでも連絡取れるこのごろ、あぁ、旅に出たい。そう思って、久々に実行だ。

前日までに、慌ただしく荷物を詰め込み自転車の準備をする。
天気はよさそうなので、心が弾む。

今回、今までのツーリングと違って、荷物を大幅に減らすことにした。さて、どれくらい…。
リアのサイドバックを丸々無くすことにした。
そこに入っていた、寝袋、テント、食器類はどこへ…。
テントはサイズを見直して、小さいタイプを購入。
寝袋は、圧縮袋で小さく圧縮。
スリーピングマットは最近のコンパクトになるものを新規購入。
コッフェルは軽量化をねらってチタン製を購入。でも少し大きくなっちゃった。
ガスバーナーは、折り畳めるタイプを購入。
これで、サイドバックに入れていた道具類を、フロントバックとサドルバックに分散…。できるだろうかは、実はよくわからない。
食料や衣類の入る隙間がほとんどないのだ…。
ザックを背負うという策もあるが、背中は身軽でいたい…。蒸れるとつらいし。

駅について自転車を組み立ててからどうなるか、試行錯誤だ。

新幹線は快適。ついウトウトしてしまう…。Img_8852
寝過ごすのは危険…。金沢まで行って能登半島ツーリングも悪くはないけれど…。そういえば、輪島のキャンプ場はよかったな。GWで無料で…。

新幹線はくたかは高崎を過ぎ、軽井沢へ向かって山を登っていく。ひたすらにトンネルの中。
トンネルを越えると軽井沢…。さわやかな感じだなぁ…。

上田平を越えて、長野へ、去年はここまで来て、そいこから善光寺の裏を抜けて直江津に抜けたのだった。
GWだったか、夏休みだったか…。今回は、その続きになる…。あのときもほんとは秋田まで行こうとしたんだけれども、軽装すぎて宿泊は宿。でも、宿が取れずに直江津で引き返したのだった…。

長野から、飯山、上越妙高と行く。
上越妙高ではくたかを降りる。隣の子供連れも上越妙高で降りるようだ。
上越妙高で越後ときめきラインに乗り換え、直江津に行く。さぁ旅のはじまりだ。
2015/05/01 08:07

Img_8877
直江津駅前に降り立つ。あぁ、久々です。
去年の、5月2日に長野から直江津に走って終わったのがこの直江津駅だった。
1年たって、北陸新幹線が開業し、JRから越後ときめきラインに鉄道会社が変わっているが、駅は変わらない。
駅前の寂れ方も相変わらず。

さて、ここまで担いできた輪行荷物をとく。
時計を見ながらどのくらいで組めるか。。。
自転車を組み立て、荷物をつけていく。
今回のテーマであるコンパクトツーリングに見合う詰め込みができるかどうか・・・。
ポイントはテントだったのだが、、、う、うまく収まらない・・・。
ダウンチューブに括り付けたらよいと思ったら、ペダリングに干渉…。むぅ。
思ったよりもテントがかさ張っているなぁ、ペダリングで干渉するところだけを縛って細身にして、なんとか収納。
フロントバックと、サドルバック、テント本体をダウンチューブに括り、テントのポールは輪行袋に括ってサドルにぶら下げる。
うむ!!収まったぞ!!
いざ出発!!時間は、9時50分!!

直江津の駅前からセブンイレブンでドリンクと、糖分調達。荷物は最小限!!Img_8882
まずは、日本海に出て海岸線を一路北上していこう。ルートは単純。気になるのは風か!?
走り出しはマイペースで行こう。体も温まっていない。
のんびり走って町並みを抜けていく。
ぽかぽか暖かい、いや暑いくらいじゃないだろうか。
途中、神社で朝の挨拶と旅の無事を祈る。

柿崎の町に入り、国道8号線に合流。
米山の駅で休憩する。ふぅ。
駅の看板に遊歩道・自転車道があるという。言ってみると、トンネル閉鎖されてるし!!
悲しみながら国道8号に戻る・・・。この辺、少しだけアップ。

しばらく行くとおさかなセンターが見えてきた。ちょうどいい、お昼にしよう。

お店の入り口がよくわからないと、おばちゃんと一緒に迷う。
やっとわかったところで、鯛茶漬け・・・。量が少ないなぁ・・・。ご飯おかわり自由だったので自分で入れてお茶漬けにする。Img_8891

店の裏でお昼寝。ちょっと寝てしまう。この昼寝が大事なんだけど。

午後の走行、暑い・・・。そして、柏崎の町にはいる。コンビニでがりがり君でクールダウン…。
おのずと知れた原発の町だが、予想通り公共建築物は立派。体育館に市民センター…
でも、そんなに人口がいるようには見えない。
国道332号線にスイッチして、海岸線を行く。
柏崎刈羽原発のところだけ迂回する。モノモノしいゲート。写真撮ろうかとも思ったが、警備員がにらんでいたので、怖くなった・・・。

海岸線に出ると、快適なシーサイドライン。時間はすでに3時近い。
今日は出発時間が遅かったからな・・・。17~19km/hで走る。

道の駅天領の里で小休止して、どんどんいく。Img_8917
今日の目標は寺泊港だ…。
寺泊が見えてきたのは4時ごろ。おおむね予定通りかな。
キャンプ地を探す、、、事前にネットで見ていた「みなと公園」は市場の隣。何でかイルミネーションが仕掛けられている・・・。
となりにも公園があるようで、見に行く。
目の前は寺泊のお店が並んで大きな駐車場があるぞ。でも、こっちの公園は「キャンプ禁止」って書いてある…むぅ。

ちょっと先まで行こうか悩む、隣の建物文化センター裏の森?でもいいかと思ったが何も無い…。
みなと公園に戻ろう・・・と、戻るも「キャンプ禁止」の文字を発見し諦める。
何度もフラフラして時間だけ浪費していく…。そうこうしているうちに、寺泊の商店が閉まっていく…。
あぁ、ここで魚でも買って晩飯にしたかったのになぁ…でも、今は宿泊地を探すのが重要。

面倒になったので、先に進むことにした。
と、数分走って橋を渡ったところに「日本海夕日ステーション」なる小さな駐車場と芝生。
一応トイレと水場があるぞ!よし、今日はここです。
駐車場は小さいから、変な車が集まってグルグル回ることも無い!

初のコンパクトツーリングの荷物なので、実は水場は重要。Img_8924

今回は、水を自分で運んでいないのだ…。

今回初の1人用テント、ダンロップのVS10を設営。うん。いいね。
これまた初のスリーピングマット、NIMOをテントの中に引くと結構ちょうどいい。
やはり、3人用テントよりは小さいな。

この駐車場の隣にお店があるので、覗いてみたら「本日は終了しました」の看板。
「夕日が見えるお食事どころ」って書いてあるのに、店しまってるし!!

折りたたみの水パックに水道の水を汲んで、米を炊く。
これまた初のチタンコッヘルでうまくいくか不安ではあったが、何とかできた。
これまた初のSOTOバーナーでの火力調整はまだ慣れない…。

定番のレトルトカレーで今日は終わることにした。
夕日が茂みの向こうに消えていった。一気に周りが暗くなる。

テントの中は、一人用だけにコンパクトだが 目を瞑ったら自然と眠りに落ちた…。ぐぅ。

本日の走行距離:94.84km
平均走行速度:18.1km/h
最高速度:48.5km/h


ルートラボ情報はこちら。

|

« 碓氷峠・軽井沢ツーリング その4「上田千本桜」 | トップページ | 5月2日 離島・粟島へ。 »

2015春 日本海新潟編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/61548095

この記事へのトラックバック一覧です: 5月1日 出発の直江津。:

« 碓氷峠・軽井沢ツーリング その4「上田千本桜」 | トップページ | 5月2日 離島・粟島へ。 »