« 5月2日 離島・粟島へ。 | トップページ | 5月4日 激走の秋田。 »

2015/05/06

5月3日 粟島の南はキツイ。

2015gw_title

1日目:5/1(日)2日目:5/2(土)3日目:5/3(日)4日目:5/4(月)最終日:5/5(火)



2015年5月3日(日)晴れImg_9198
2015/05/03 06:10

粟島の朝。快晴。
夜は快適だった。やはり、ちゃんと寝袋をかぶらないとだめだ。そして、新しいテントもスリーピングマットも快適。テントは一人用でちょっと小さいけど、なれればそうでもないな。

朝日の明かりが海の向こうに見える。
天気はよい。キャンプ場は静か。昨日はすぐそばで夜な夜な親子連れが火を炊いていたようだけれど、どこでキャンプしているのか…。テントを立てるようなコンコンの音がしたけど、朝みても近くにテントは無かった。

海面が輝き、あぁ、朝だなぁ。
海辺で遊ぶ親子連れの影。
朝ご飯は、昨日のおこげご飯のお茶漬け。
いつものメニューだ。そして、スタバのコーヒーがうまい。
朝日が射してきたので、寝袋を干しておく。

今日は、粟島をちょっと巡って、戻るとしよう。
キャンプには最高のロケーションではある。

6時過ぎ。そろそろテントを畳もう。まだ、たたみ慣れない…。
今日の予定、そして、明日、明後日の予定。。。予定は未定。。。

テントを畳んで粟島1周の旅に出る。時計回りに、内浦キャンプ場から海岸線の道を行く、、、そのまま海岸線を行けるとは思っていない。Img_9210
すぐに断崖を登っていく道が見えてくる。う~ん、やっぱり。しかし、きつそう…。
ここより上り坂1.2kmとか看板。でも勾配表示はなし。激しくきついけど、車がこない。道幅1車線…、緑生い茂るそしてとにかく、羽ありがブンブン飛んでる…。春だからしょうがないか。
ギアはスーパーローに入れてのんびり登る、、でも汗だく。随分と登ったら少し道は落ち着く。ふぅ。
石碑が見えて、東や。休憩ポイントだ。
汗がポタポタ…。

ここから釜谷の地区まで2km程度。
ふれあい林道おそるべし。
山を回って釜谷の漁港を抜けていく。
おじいちゃん、おばあちゃんしか見あたらないなぁ…。
釜谷のエリアはきれいな公園があり、休憩には良さげ。でも、さっき休憩したばかりなので、もう少し進もう。
釜谷の港から少し登っていく。ただ、道はやたらときれいで広い。山の中にぐんぐんと入っていく…。
途中、キャンプ場入り口発見。バス停である。
にしても、こんなところどうやってくるのか…。
島内には、自家用車は入れない。自転車ならここまでこれるが、バスに乗ってわざわざここまで来るだろうか…。
しかも、バス停から229m…海岸線まで下るっぽいぞ。これなら、港から少し歩けば行ける内浦のキャンプ場はお得だね。

キャンプ場バス停から道はゆっくり登っていくけど、体が温まってきたからか、ゆったりと上れる。まぁ、ギアはローに近いけど。
小刻みに案内表示版があるので、迷うことはない。島の北へ周遊する遊歩道?と、内浦へまっすぐ抜ける道の分岐。
とりあえず、島を北へ周遊しよう。Img_9254
道は1.5車線。快適な丘陵地帯のような感じになった。最初のふるさと林道は極悪すぎた。島内のサイクリングを薦めるのはどうかと最初は思ったが、これならありかもしれない。まぁ、ママチャリよりも電動ママチャリだろうけども。

仏崎はなかなかの絶景。
展望台にあがろうとしたら鷲?みたいなのが鎮座していたのでご遠慮した。日本海の青々しさと、岩のゴツゴツがきれいに見える。ちなみに、展望台はあるけど自販機などの設備は一切無い。この辺には電気は来ていないようだ。

対向車にも合わないので、安心して走れる。Img_9308

島の北側はこんな感じの丘陵地帯なのか、快適だ。
南側だけ走って戻ってたら、なんだこの島は!!と愚痴るだけになってしまうところだった。
あっというまに、島の北端鳥崎付近をターンし、10%勾配の下り坂を一気に下る。
バードウォッチングの人たちだろうか、大きな三脚と単眼鏡?をもって歩いている。ママチャリで島を回ろうと走る人も…。

あっというまに、内浦の港に戻ってくる。
ここが島の中心。実に小さな島だ。ここに3百人程度がすむという…。一つの学校程度の規模。
港の目の前に、火力発電所があるというのがおもしろい。でも、すっごく小さい。一応、火気厳禁。花火禁止だそうだ。あ、行きの高速船がやってきた。今回はたくさん乗っているかな?あ、以外と人が乗ってますね。到着した船からぞくぞくと降りて来ます。ロードレーサーもいますけど、ロードの人には狭すぎるんじゃないかな…。何周するつもりでしょうか…。Img_9354

おみやげ物やさんで、アイスを買っておばあちゃんと雑談。「粟島、何にもないからねー。でも、みんな来てくれるのよー。」はい、一周してきましたけど、確かに何もありませんでしたよ。お天気だからいいけど、これで雨だったら寂しいね。

粟島のターミナルで高速船の切符を購入し、自転車はどうすればよいか聞く。行きは別の場所で受付とお金を払ったからだったのだが、今回は受付でそのままお金を払うことができた。
「自転車は直接高速船の乗り場に持っていってください。」とのこと。う~ん、行きと違うけどまぁ、いいか。

定刻10時、粟島どんちゃんずの見送りをうえつつも出港。どんちゃんず、何かギター弾いたり歌ったりしてるみたいだけど、フェリーの排気音に負けてまったく聞こえず。Img_9457

高速船はかなり速い。チャリもそのまま乗せられて便利。
ただ、ちょっと高い。3790円に、560円のチャリ代…。1時間程度とはいえ、一泊のキャンプだけには割に合わないな。もう少し、連泊してもよかったかもしれない。次からは、ゆっくりと連泊を考えよう…。

フェリーの中、快適なので旅日記が進みます。
昨日の日記も書いてないんだけどね…。
2015/05/03 10:47

定刻1055に岩船港に到着。
さて、ここからまた本州・日本海北上ツーリングの再開です。
岩船港から走り出して、粟島にはいなかったバイクに驚く。そして、GWに突入していることを実感する。
県道3号線の交差点にあるコンビニセーブオンで、小休止&補給。
ロードレーサーのおじさんと話し込む。
ここから北に行き、勝木ってところまで行くという。
勝木から先は国道7号と合流して、車も多いしトンネルあるしで嫌なんだそうだ。
何より、勝木までの海岸線がなかなかいい雰囲気らしいので、楽しみだ。
では、お先にと先にでる。どうせ、追い抜かれるだろう。

瀬波の温泉街に入り、ちょっと離れたところにあるホテルに「ランチサービス」ののぼりが立っていた。
ふらーっと立ち寄り、お昼ご飯とする。Img_9491

ニューハートピア瀬波だが、食堂のおいちゃんが随分とホテルマンしている。
あわしま御膳。1000円だが、適度なご飯で丁度よい。もう少し、白いご飯ほしかったけど…。
ここは、温泉もあるみたいだけど、そこはパス。
ロビーで少しお昼寝して、再出発しよう。今日はまだホトンド走ってないのよね。

寂しい感じの温泉街のはずれを抜けて、国道345号に合流。
橋をわたると、羽越本線と並走する。
時折線路を越えるのが面倒…。

海岸線を走る。日本海を見ながら延々と走る。右手は山…。Img_9495
しばらく海水浴場が連続する。この後、笹川流れと言われる難所があるようだが…。
しかし、車が多いなぁ…。さすがGW。車の多さに疲れてくる。
ペースは、そんなに悪くないんだが…。

道の駅「笹川流れ」の看板が見えてくる。そこからが、心なしか長かった…。
狭いエリアの桑川駅が、道の駅となっていた。そこに入る車と、入れない車で道路は渋滞気味。
その横を抜けて、道の駅についたが狭いなぁ…。

暑かったので、日本海ソフトを食べていたが、人の多さにうんざり。
食堂なんて、随分と並んでいたな…。時間は1時半。まだまだ走れます。

道の駅から、トンネルが増えてなるほど確かに難所なのかも。。。親不知ほどではないけれど、トンネルが多いのはやだね。
やがて、勝木に入り国道7号と合流。ロードレーサーのおいちゃんが言っていたとおりセブンイレブンがある。小休止。
佐渡のアイス桃太郎なるものが売っていたので買ってしまう。ついでに、黒酢とか飲むんだけどね。

ここから国道7号だが、道がずっと大きくなる。さすがに国道7号。Img_9524
ペースもよくて、20km/hを越えて走る。
あっという間に、山形県の県境。鼠ヶ関のコンビニで小休止。
セブンイレブンが綺麗だった。さて、どこまで行こうか…。
秋田まで161km。さすがに、秋田はまだ遠い…。でもゴールが見えてきた。

あつみ温泉の巨大なこけしをスルーして海岸線を行く。
そろそろ4時を回って、宿泊地を探そうか…。
小波渡キャンプ場なるものが、マップルに乗っていたが、砂浜とトイレで何も無くパス。ちょい焦る。

5時過ぎ。三瀬のエリアに到着。
国道沿いにサンクスがあり、付近にキャンプ場があるはずだ。…と、地図を見てもよくわからない。スマホのナビを見て、あぁ、なるほど

この辺か。と、サンクスのすぐそばの路地を入っていく。途中から砂利道に変わり、最後は砂浜に出た。
ふぅ、砂浜がキャンプ場か…。三瀬海水浴場キャンプ場だな。Img_9535


ちょっとした堤防の上にテントを設営する。
離れたところでBBQやってるメンバーと、やんちゃに海に飛び込んでいるメンバーがいる。

晩ご飯は、、面倒なのでサンクスに買いに行こう。
付近の環境調査を含めて、歩いていく。
サンクス以外に遠い…いや、遠回りしてしまった…。
弁当がほとんど売り切れでオムライスしかなかった…。ついでに、久々にアルコールを1缶買う。

三瀬海水浴場に戻り、堤防に座って晩ご飯とする。
ちょうど海に向こうに夕焼けが見える。あぁ、のんびり。

日が沈んで段々と周りが暗くなっていく。
私はテントの中に潜り込んでいったが、まだ砂浜の向こうではやんちゃな集団が海に飛び込んだりしていた。夜は花火の音が時折響いてい

たのである。
かまわず、私は眠りについてしまった…。

この日までの走行距離:297.9km
本日の走行距離:93km
本日までの平均速度:17.8km/h




ルートラボGPSログはこちら。

|

« 5月2日 離島・粟島へ。 | トップページ | 5月4日 激走の秋田。 »

2015春 日本海新潟編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/61548124

この記事へのトラックバック一覧です: 5月3日 粟島の南はキツイ。:

« 5月2日 離島・粟島へ。 | トップページ | 5月4日 激走の秋田。 »