« 5月3日 粟島の南はキツイ。 | トップページ | 5月5日 おまけ・寒風山 »

2015/05/06

5月4日 激走の秋田。

2015gw_title

1日目:5/1(日)2日目:5/2(土)3日目:5/3(日)4日目:5/4(月)最終日:5/5(火)



2015年5月4日(月)晴れのち・・・

朝4時過ぎに起床。Img_9583

県境の町は、三瀬(さんぜ)の海岸。
朝はさすがに誰もいない…と思ったら、何だろうかあのロン毛は今日もいる…。ちょっと気持ち悪い…。
昨日、がらくた引きずって砂浜に打ち着けて立ててた奴だ。何かのアートのつもりだろうか…。

さて、そそくさとテントの中で寝袋を畳む。
スリーピングマットも畳む。今日は、朝ご飯もコンビニにしよう。
テント撤収できたところで、移動開始。
砂浜をずるずる自転車を引きずりながらもまずは脱出。三瀬キャンプ場は、この砂地獄への進入と脱出が人を拒んでいる…。
キャンプ場出口すぐのサンクスで朝ご飯。きしめん。
店先に吸い殻入れと一緒にベンチがあるから助かる。こんな時間からたばこ吸う人もいないので、平和な朝ご飯。
そんなこんなで、出発は5時半近くになってしまった…。いつもと大して変わらないなぁ…。

サンクスの目の前の国道7号線、秋田まで131kmの表示…。今日は、どうしてもそこまで行きたい…。Img_9595
今日は天気も下り坂、夕方6時頃から、翌朝の早朝まで雨予報が東北地方には出ている…。早めのデポは必須。
風は追い風基調。気温は高めの25℃越え…。う~ん、今回で風は一番いいかもしれない。
さて、とりあえず走ってみましょう。まずは酒田かな。

サンクスから一路登り。
上りきったところで、県道50号に湯野浜温泉方面に分岐する。国道7号線は、内陸は鶴岡市内に入ってしまうので、海岸線ルートの県道を選ぶ。
車通りも少ないが、釣り客が多い。
加茂水族館クラゲ館が異様な立派さを誇っていたが、国道112号と合流して湯野浜温泉方面へスイッチ。
遠くに温泉街と思われる高層建築が目立つ。ほぉ、日本海有数の温泉地だけのことはある。知らなかったけど。
風が追っているので走りは快適。ただ、路面に砂が浮いてて路肩には近寄れないな…。
湯野浜温泉街を抜けて、サンクスで小休止。
ここのサンクスにはベンチは無い…。

再びサンクスをスタートして、国道は左折する。庄内空港を通り、酒田市へ入る道だが、松林の砂防林?の中をゆく。なにも無いので、走るしかない…。庄内空港は、アンダーパスであっと言う間にスルーしてあとは、走るだけ…。1時間ほどで酒田の町中に出た。Img_9608
大きな橋を渡ると、向こうに立派な山が現れる。鳥海山だ。まだ、雪が残っている。

酒田の町に入って、早々に山居倉庫なるなんだか立派な歴史建築を発見。ちょうど休憩かねて見学。
昔は米倉だったようだ。倉庫と倉庫の間にある神社にお参りして、今日のご挨拶。お天気と風向きもお願いします…。
酒田の市内も見所多そうだが、今回はスルー。
早々に、市内を後にして走り去る。
市内を突っ切ると、国道7号に戻った。大きなバイパスと化している…。
なんだか、遠くが霞んでいるのは砂だろうか、花粉だろうか…。
右手に鳥海山を望みながら進む。
道の駅鳥海に寄り道。トイレを借りて、ついでに日焼け止めを塗ろう。もう、暑い…。Tシャツ1枚で十分…。
この道の駅、なんだかごちゃごちゃしてる…。早々に後にしよう。Img_9623

道の駅から少しで、国道345号に分岐する。国道7号はバイパスのようだ。海沿いを行く国道345号はいたって快適…。でも、すぐに国道7号線と合流してしまった…。国道7号はトラックも走るし、交通量多いんだよなぁ…。

と、言っていると秋田県に入った。山形県、短い…。
新潟はあんなに長かったのに、2~3時間で走りきってしまうとは…。
秋田に入ってからは、鳥海山を少し後ろに見ながら走る。象潟(きさかた)の町で新しいセブン-イレブンを発見して寄り道。隣は、道の駅があるが、混んでるといやなのでパス。このセブン-イレブン、店内に小さなイートインがあって嬉しい。ガリガリ君ソーダ食べる。

休憩の都度、ツーリングマップルのページを更新するが、いつまでめくっても秋田市はまだ見えてこない…。遠いなぁ…。

金浦町で国道7号バイパスから旧道にスルーして、にかほの町でも旧道にスルーする。少しは、秋田迄の距離が縮むかな…と思ったがそうでもなかった。しかし、暑い…。

道の駅西目で11時過ぎ。秋田まで40km程度と出た。Img_9705

ちょっと早めにお昼ご飯にしよう。
もう、あまり考えずにサクサクと、食堂で比内地鶏の親子丼…。うまい。けど、ちょっと少ないかな。コーヒーがセルフだったから良しとします。
食堂から出ると、お店待ちの人で溢れている…。やっぱり11時代にご飯にするのが正解だね。

西目をすぎると本庄の町。橋を渡ったら、ラベンダーが綺麗だった。
ここから国道7号は海岸線を走るのだが、微妙~なアップダウンが続く。海岸線には二通りあって、砂浜のような平坦路、断崖になったところでアップダウン…。この辺りは後者のようだが、ゆる~いアップダウンが堪える…。

岩城の道の駅で寄り道。秋田まであと、20km程度。いけるぜ!!
と、暑いのでクールダウン…。すももミックスかき氷を頼んだら、かき氷の上にすもものソフトが乗っていた…。おぉ、ダブルじゃないか…。かき氷、実に食べるのに時間を有する…。そして、この道の駅も混んでてイスを求めて歩き回る…ソフトが溶けちゃうなぁ…。Img_9726

食べ終わって外に出ると、何となく空気が冷たい…。日が陰ってきたのかな…。暑くなくていいけど。
あと、20km程度、ゆっくり行こう…。

と、ぽつり、、、ぽつり、、、、
あ、もしかして…。
来ました、にわか雨かなぁ。。。と思ったら、気持ち大粒になったりして、う~ん。
途中、郵便局の軒先で雨宿りしようと思ったけど、大した雨じゃなさそうだし、空は明るいしで再出発。でも、そしたら結構降ってきた…。もう、走るしかない。
秋田市街まで10km弱の辺りで、いい感じの雨まじりだったが、無視して走る。
雨具を着込むほどの感じでもなかった。
秋田の街に入ったころは、連続的に降る感じでは無かったが何でだろうか、中心街に近づくと雨足が強まってくる気配…。ただ、1500頃小雨降る中、秋田駅前に無事到着。Img_9740
いつだったかの五能線の旅のスタート地点に立てたわけだ。

日本海ツーリング終了!!
お疲れさまでした!!

雨が強くなってきたけど…。

ここで刺客登場。後ろから声をかけられ、ビビる私。
その主、テスタッチ先輩と呼称しておこう。
いつだったか、急行はまなすに乗って北海道に行ったとき、寝台車のお隣さんだった方だ。青森から札幌まではまなすで一緒で、私はその後深川まで電車で移動してスタートしたのだが。結局、その後テスタッチ先輩とは道内で合うことはできずにいた。
今回、テスタッチ先輩が地元の秋田に帰っていると言う情報をブログで入手して、図々しくもメールしていたのだった。
いや、ホントは日程的にはとても寄れないはずだったのだが…。

テスタッチ先輩のデリカスターワゴンにチャリごと拉致られる。Dsc_1172
そのまま雨の秋田市内を走り去る。なんだか、随分と雨降ってるなぁ…。途中、ユニクロ(GU)に寄ってもらって、着替えを購入。スーパーで日本酒買い出しして、男鹿半島の高級バイパスを疾走。
人もいないのに、こんなバイパスいらないんだよ。。。とはテスタッチ先輩の言。
図々しくも、テスタッチ先輩のお宅におじゃまして、ご飯をいただく。お魚、タケノコがとってもおいしい!
今更ながら北海道話や、旅話をして夜は更けていく。
にしても、日本酒飛良泉うまいなぁ。。。

いや、ほんとにお邪魔しちゃっていいんですか!?

この日までの走行距離:436.71km
本日の走行距離:138km
本日までの平均速度:18.6km/h(ちょいUP↑)


ルートラボGPSログはこちら。

|

« 5月3日 粟島の南はキツイ。 | トップページ | 5月5日 おまけ・寒風山 »

2015春 日本海新潟編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/61548147

この記事へのトラックバック一覧です: 5月4日 激走の秋田。:

« 5月3日 粟島の南はキツイ。 | トップページ | 5月5日 おまけ・寒風山 »