« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 5日目 | トップページ | 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 »

2014/01/26

【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 6日目

2001summer_title

| 8/11 | 8/12 | 8/13 | 8/14 | 8/15 | 8/16 | 8/17 | 8/18 |


01/08/16

ラジオから響く和田あき子のナンバー…気仙沼の港、輝く
朝からなんなんでしょ…。気仙沼の朝、暑い…気温は高くなんだろうが蒸している。そして曇っている…。
周りの山々はガスっている。今日は峠越えの連続予定。よって距離はほとんどかせげないだろうから、のんびりである。っていうか、行く場所が決まっているわけでは無いので昨日辺りからのんびりのんびりである。
昨日だって50キロくらいしか走ってないし。今日もそれくらいでええでしょ。
それより風呂入りたいなぁ。
フロフロフロ~~~~~~~( 09:04)

うい~~~むっしゅ~~。気仙沼から国道45を北上す。 Dsc00072
道沿いローソンで、日焼け止めクリームを購入。やっと、晴てきて必要になったらしい。480円。いえい、出発!
国道45号最後のセブンイレブンを通過するとそこから一気に登り勾配へと移行する。「と、峠だ…」しかし、峠と言えども登坂車線があるくらいの緩め(?)の勾配。それでも既に前日までの過酷なアップダウンにヘタヘタのもも筋があっぷあっぷしている。
しゃーなく、2度ほど休憩しつつのんびり登る。まぁ、これが俺のペースだな。
そして、登坂車線が終わった頃、見えてきたのは峠越えのトンネル。
「あぁ、このトンネルが無かったら、あとどんだけ登らなきゃいけなかったんだろう…」などと、トンネルを建設した飛鳥建設に礼をいいつつも、トンネルに入るタイミングを待つ。
トンネルもいくつかあるが、チャリに優しいトンネルはほとんどない。普通のチャリは行けても、うちのテント仕様のチャリでは通れなかったり。歩道すらないトンネルは恐怖。1車線交互通行のトンネルなんて、恐怖の極みである。
ちなみに、今回のトンネルは片側1車線歩道無し、路肩のみである。道路っ端をしこしこ走るわけである。 Dsc00073
あ~こわ。トンネル入る前にフロントのLEDをつけてっと…
後ろにあんまり車が来てないところを見はからって、トンネル全長(800mでした)を確認して、全速力…ではなく、のんびりと進みます。えっちらおっちら。後ろから来る車に気をつけて、前方の路面に気をつけて…。(10:28)

トンネルを抜けると、そこは…何とか街に入っていました。
トンネル出口にチャリを止め、僕は日陰を求めて反対車線に。ん?川か…下の方に水の流が見える。
降りたいけど、降りれそうに無い。降りても、登れそうにない。
道路の端に座り込んで、休憩のこの一時が、たまらんなぁ。(10:45)

昼休みです。
なんか、休みばっかしって気がしますか?
そんなことはあります。そうとうスタミナ切れてきてます。出発時刻も遅かったんでね、ひと峠越えたらもうお昼なんですよねぇ。
スーパーマルニでのり弁とスイカに雪印牛乳を買って昼飯としました。 Dsc00075
スイカは1/6あったのでむしゃむしゃ食べました。と、言っている間に山の雲が降りてきたなぁ。
やっぱ、旅はいい。自分のペースで1日を過ごせる。何より、「走ると」いうやることがある。走らなくてもいいし、走り続けてもいい。後者の場合は、スタミナが続く限りではあるけれどね。
ふわぁぁぁ~~眠くなって、あくびがでてきた…ちょっと、目をつぶって、音を楽しむかなぁ…。(12:31)

岩手の突入し、陸前高田市に入りました。砂浜は海水浴客で賑わっていましたが、どうもそんな空気に馴染めずに足早にペダルをこいでしまうのでした。
これより国道45号を抜け、広田半島一周のたびに出ることに決定。
ついでに旅の最終目的地(最終最北地)を大船渡に決定。よって、これよりいつもにも増してのんびりモードに突入するのであります。本日は木曜日。まだ木、金、土、日、月、火と6日もある。う~~ん。悩みますねぇ。
気仙沼の大島が悔やまれるなぁ。でも、戻るのは嫌だし。 Dsc00080
本日の予定地は…(怪しい雲がかかってきた。嫌な予感…)
あぁ、道は続いているなぁ。(14:29)

ここはどこ?私は僕?広田崎なる場所。誰も現れない。駐車場には謎のレストハウス休業中?
展望所から見える島二つ。どうやらウミネコの繁殖地らしいのだが。
僕にはよくわからない。
それより、広田半島巡りは予想以上にきつかった。
国道から一路外れ、広田半島を周遊する県道を走る。…にしてもただの生活道路という感じ。
道は車1台+αくらいで狭く、アップダウンも自転車にはきつい。もちろん出会う人もまばら。
この調子では明日が思いやられる。あ、今日はここで業務終了であります。
駐車場にテントはることに決定。岬は断崖でありまして、浜ではなくテント張るにはやはり内陸ということだ。
曇った天気やなぁ。海はおだやかであります。風はそよそよと汗をぬぐってくれやす。 Dsc00082
なんと涼しい…夏らしくない夏なのだ…。まったくもってのぉ。(16:12)

テントの設営完了。あいかわらず静かな岬だ。
ラジオが一人元気だ。毎日のように高速道路の渋滞情報が流れている。高速に乗ってまで20キロの渋滞なんて最悪ですねぇ。
車が一台やってきた。そんなに急いで来なくてもなぁ。別に何もないぞ。
本日の走行距離は328.54キロかな?お。50キロくらい走ってるわ。ほぉほぉ。
広田崎の夜は深けていきます(17:11)

|

« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 5日目 | トップページ | 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 »

2001夏 敗北三陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 6日目:

« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 5日目 | トップページ | 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 »