« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 | トップページ | 権現堂堤 菜の花桜ツーリング »

2014/01/26

【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 敗北

2001summer_title

| 8/11 | 8/12 | 8/13 | 8/14 | 8/15 | 8/16 | 8/17 | 8/18 |


2001/08/18

無事、朝2番列車、快速南三陸2号に乗り込む。 Dsc00100
朝4時に起き、テントを畳んで出発するのに45分。駅前に荷物を広げ、自転車解体1時間。そこから輪行モードに移るのに20分。予定通りの時間配分。改札が開き、電車に乗り込むのに10分。(悲しいかな、ホームは階段昇って2番線)そして出発の6:56。
輪行2回目であります。
えっちらおっちら運び、どこに置こうかなぁ…おっ。この車両、荷物置き場がある。う~ん、すばらしい輪行推奨列車だ。
やっぱり予想どおり混んできた。快速なので数駅飛ばして走る。
あんだよなぁ、数日かけて走った道をスイスイと抜いて走っていく。
やっぱ、電車は速いなぁ。(07:06)

快速南三陸2号は、まっすぐ仙台に向かう。通常なら数回の乗り替えが必要な間を直通で行ける。
気仙沼、仙台と近づくにつれ電車は満員。チャリが壊されないか不安になる。
昼前、電車は無事仙台に着く。都市の空気。

仙台駅でいわき行きの常磐線1215を待つ。 Dsc00098
チャリをホームに置き、自分はてくてく駅探検。18切符で外にも出れる。
朝飯は残りのカロリーメイトだったが、昼は駅弁。
…と、某Kま氏からTELが鳴る。おぉ、なんかいいタイミング。
頼み込んだ末、御土産のずんだ餅と引替えにいわきまで迎えに来てくれるそうだ。
おぉ。サンクス。
さらについでの土産に駅弁を買ってやろう。「牛タンせいろ弁当」\1000

むむむ。なんだか、某チャリ屋に買った土産より値段がええなぁ。
おれの昼飯駅弁は三陸うに弁当。ひからびたウニウニが寂しい。
いわき行きを待つ間…ひたすら暇である。ひまひまひまひま。
まぁ暇には随分慣れっこですけどね。(11:42) 大船渡駅前。

電車に揺られて数時間。いわきの手前。久ノ浜って駅に着く。
途中駅だが、田舎駅。余裕で荷物を降ろすことが出来た。
ここから、某Kま氏の車はいつもの揺れをかもし出すのだった。


8/11からの8日間。東北三陸を知らなすぎた8日間。
自分の体力、気力を思い知った8日間。
旅日記は日記であるが、記憶でもある。
あらためて読み直せば、俺の生活、性格、気力、体力、全てがみえみえである。
「北」に「敗れる」と書いて「敗北」とする。
自分を知った意味で、敗北とは言えないが、東北の入口で敗れた思いだけが残る。

風を感じ、空を見る。自然を見る中で、自分の位置を知る。
大船渡で見た対岸。そう遠くはないだろうけれど、僕にはとても遠くに見えた。
だから、僕はまだ走り続ける。
2001.8.19.18:11(2002.5.21改)

Dsc00063



正確なルートはもう覚えていないが、恐らくこんな感じなんだろう。

2001summerroot


|

« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 | トップページ | 権現堂堤 菜の花桜ツーリング »

2001夏 敗北三陸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 敗北:

« 【回想】 2001年三陸敗北ツーリング 7日目 | トップページ | 権現堂堤 菜の花桜ツーリング »