« キイロイトリ秋北物語 第一話 | トップページ | 9月13日 修行の北海道上川町 »

2013/09/13

9月12日 旅日記はじまる

Hk_title_logo

序章 | 9/12 | 9/13 | 9/14 | 9/15 | 9/16 | 9/17 | 9/18 | 9/19 | 9/20 | 9/21 | 9/22

2013/09/12 19:57

9月12日木曜日。
朝の5時過ぎに目が覚める。
まぁ、いつものことかもしれないが、いつもとは違う朝であった。なんだか、ちょっと変な夢を見たような気配。
気にすることもないだろうけど、やっぱり気になる。

でも、少し朝の雰囲気で冷静になる。
あぁ、朝がきたか。Img_1935

今日は涼しい朝のようだ。

朝のテレビは少し前は、BSでこころ旅がやっていたのだけれど、最近は何故かやっていない。再放送か、少し前の長野あたりをゆる〜く走っていたけど、今はどうなったのか。。。朝、それを見るのが少し楽しみだったけど、今はやってない。悲しい。

これより会社に行く。しかし、荷物が違う。
これが社会人として正しいのか、少しだけまじめに悩んでみた。でも、もうこの朝は、やるしかない。
荷物は自転車。そして、自転車の前に取り付けるフロントバックを肩に掛ける。そう、今日は旅立ちプロローグなのだ。

朝の電車、乗り慣れているので混み具合はよくわかっている。自転車は輪行状態で分解されているし、問題なくおくことが出来る。会社へは最後はバスに乗る。いつもは歩ける距離だが、今日はゆっくりバスをまとう。朝は空いているし。一路、会社へ。

そして、仕事をする。
ちゃんとする。たぶん…。

昼休み、お金をおろす。
 旅用の予算が足りていないのだ。
寝ぼけていたのか、ボタンを間違えて下ろした額がちょっと多かった。何をやっているのか、、これじゃぁ、無駄遣いしちゃうじゃん。

そして、午後も仕事をする。
やっぱりちゃんとする。たぶん…。

定時のチャイム。
パソコンを閉じ、席を立つ!よしっ!いざ出発です。

会社から最寄り駅までは、自転車を担いでいく。
歩くと15分くらいの距離。
一緒に歩いてくれる同僚と、旅の話をするも、荷物は持ってくれない。何より、暑い…。汗が滴る。
昨日まではとても涼しかったのに、今日は異様に暑くなっている。まあ、一時期の灼熱のような暑さはないのだけれど。Img_1943

駅で同僚とは別れ、電車に乗り込む。
 定期ではなく、旅用の切符で乗り込まなければ。
帰りの電車は、朝よりも混んでいる。
でも、乗るところは手慣れている。やっぱり経験って大事。何事も、経験。輪行チャリは無事に電車の邪魔にならないところに置いて、東京駅に向かう。

東京駅新幹線ホームに余裕をもって到着。
ふぅ。こんな時に人身事故とか無いから助かる。
帰宅のサラリーマンでホームはいっぱい。
折り返しの新幹線に乗っていく。全席自由席…。

東京駅出発19時56発のはやて47号、新青森行き。
折り返しでやってきて、サラリーマンがいっぱい降りてくる。自分もサラリーマンのはずだが、どうしてこうなった。
車内清掃がしばらく行われて、あれ、まだ乗れないのかな…出発時刻の数分前に乗車開始。ばたばた乗り込んでたら、電車の写真とか撮ってる余裕はほとんどなし。
何だよ、カナシいよ。

自転車は座席とデッキの間の隙間に入れる。始発駅だから簡単。そして、今回はイチバン後ろの座席を取ったので、すぐ後ろに自転車。これで安心。

安心して、駅弁を食べてあとは眠たくなるだけです。
新青森まで、ひたすらに乗車。
八戸までは言ったことがあるけれど、新青森は初めて。
ちょっとだけ、楽しみだ。

私はこれから自転車旅行9月編が始まる。
久々の本格長距離ツーリング。
GWは、なにげにヘタレ気味だった。途中で飽きて帰ってきたような雰囲気だった。
今回は途中期間はほぼ許されない。
いや、そんな回避ルートがほとんどないのだ。

「北海道」Img_1947

そう、そこはまだ未走破のエリアが残る。
そして、夏なら最高。9月は、まだ未体験。10月は寒かった。
突然、思い立ったツーリング。
会社帰りに同僚に、「朝飛行機で行けばいいのに」と言われるも確かにそうだ。でも、今回はこれしか思いつかなかった。
それでいいのよ、それで。

どうなるのか、よくわかんないけど、ジプシー自転車旅行は始まるのですよ。

ポメラDM20のバッテリーが点滅しているのが気になるな…。DM100のボタン電池は接触不良といわれているが、このDM20も同じなのか!?
2013/09/12 20:28

この電車、仙台の次は一ノ関に止まるのか…。
珍しいな…。
2013/09/12 20:59

水沢江刺、北上、新花巻と、小さな駅をぐんぐん抜いていく。この駅に止まる列車はあるんだろうか…。

盛岡駅にて、先頭にくっついているこまち号が分離。
しばらく止まっている。
その間に、ジュースでも買いにこう…。

八戸をすぎた頃、メールが届く。
これから向かう北海道について、天気がかんばしくないとの情報…。
う〜ん、ルーティング変更しようかな…。

新青森駅に定刻で到着。
真新しいホームに降り立つ。なんだか、八戸の駅に降り立ったあのときを思い出す。そして、肌寒い。
新幹線ホームから、在来線に乗り換え。
改札で新幹線の乗車券を記念にもらう。よく、記念スタンプを押してくれるのだが、新青森駅はとくに目新しくなかった。「乗車記念」のみ。寂しい。リンゴでもあると思ったのに。

在来線ホームは小さい。Img_1965
すぐに、電車がくる。青森行きに乗車します。
ボタンを押して扉を開けないと開きません。やっぱりね。

まもなく発車。ローカル色漂う電車だ…。

青森駅はお隣駅。
鈍行ですぐ。そのまま、向かい側のホームに急行はまなす号が待っていた。4分乗り換え。
結構、乗り込む人がいる。混んでいるな。平日なのに。

自転車をどこに置こうか迷っているうちに、発車時刻。
乗車する1号車のデッキに置かしてもらう。車掌さんに断って、デッキの先頭部分、向こうに機関車が見える所の袋小路に置かせてもらう。車掌さん曰く「完璧です」とのこと。
とりあえず、自転車が置けて一安心。

今回は、B寝台をとっている。
上段。急行ハマナスは、なかなかにレトロ。
B寝台が最高グレードで、あとは座席にカーペット席。自由席もある。すごい車両だ。
これで、朝起きたら札幌なんだから楽しいよな。
寝台をベットメイクして、カーテン引いたらもう個室。
あれ、これって結構楽しくない?なんだか嬉しくなってくる。

少し向こうの寝台では、おっさんが普通に通路で着替えている。いや、一応丸見えなんだけど…外からも。

ポメラで旅日記を書きながら、ぶつぶつ。。。
ついでに、地図を見ながらプランを考える。今からかよ…。

さて、実はこの寝台、上段のお隣さんもチャリだーだ。
こちらは気づかなかったが、向こうが自転車の装備みて気づいてくれた。夜も遅い、また明日の朝にお話しよう。

では、おやすみなさい・・・。

2013/09/12 23:46

|

« キイロイトリ秋北物語 第一話 | トップページ | 9月13日 修行の北海道上川町 »

2013夏 突然の北海道編」カテゴリの記事

コメント

今朝は、ありがとうございました。
14:30に宗谷岬到着し、相棒とご対面。
せっかくの北海道、明日からの雨が・・・
明日は太平洋側を枝幸まで走ります。
情報交換と宜しくです。
お互いに気おつけて行きましょう(^^
真に勝手ながらURLオラのブログに張りました。

投稿: りょう | 2013/09/13 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/58181353

この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日 旅日記はじまる:

« キイロイトリ秋北物語 第一話 | トップページ | 9月13日 修行の北海道上川町 »