« しまなみ海道 あるくホイ。準備編 | トップページ | しまなみ海道 あるくホイ。2日目 【徒歩旅日記】 »

2012/10/29

しまなみ海道 あるくホイ。1日目 【徒歩旅日記】

2012年10月27日(土)

朝6時過ぎ目覚める。
ホテルの横が線路だったので、夜な夜な走る鉄道の音が夢のなかで響いていたような気がする。
また、夜中に地震があったような気もする。気のせいかもしれんが。

朝6時20分にロビーに降りて、朝のバイキングを覗く。
朝は混むらしいとの事前情報どおり、おじさん・おばさんが大量だ。こりゃ混むな。
6:30からの朝食だが、少し早く開店。
そんな事をしていると、相方のA師匠登場。朝食戦争です。

Img_7494
7時過ぎ、予定通りにチェックアウト。
ホテルから脱出する。

尾道の街は静かな朝。お巡りさんが挨拶してくれる。遠くから。

すぐに、駅前のフェリー埠頭へ。
海沿いのホテルの1階がフェリー乗り場のようだ。待合室も1階に。
自販機で「重井東」までの切符を買う。400円。
7:20頃 高速艇が向こうから到着。通勤・通学だろうか、学生が下りてくる。
こちらは、乗り込む。快適に、滑りだす、高速船シトラス。
船内は、観光に来ているおばちゃんらしき団体と一緒。

左手に向島と、因島大橋を見ながら、あっという間に重田東港へ。7:40頃到着。
ここで降りたのは、我々2名と、地元の人1名。
さぁ、ここから歩きます。

港の桟橋から、とことこ歩く。
こ、このスピードは、お、遅い、、、

ここは因島。北岸の県道386号線を歩く。郵便局で、同行のA師匠が絵葉書を出す。なんだかな。
歩道を歩く。歩道の広さは色々だなぁ。
信号を左折し、サイクリングロードへ向かう。小さな川に沿って行く。

まもなく、サイクリングロードと合流。
サイクリングロードは、車道に白線と青線が目印のようだ。
しばらくは、これを目印に歩くとしよう。

今日は天気がよさそうだ。
青空が見えて、少し暑い。

Img_7496
少し歩くと「大福」のお店があったので、寄り道。
菓子処 中島さんで「はっさく大福」と「カフェオレ大福」購入。
歩きの糖分補給に。
ちなみに、どっちも美味でした。カフェオレは意外な美味しさ!

ローソンで、水分購入して休憩。
ここから、内陸に入り一気に因島を突き抜ける。

歩きだからあまり気にならないが、少し登っている。
自転車が走っていく。いいなぁ。あの感じ。
途中、しまなみ海道の高速道路をくぐる。

因島の西岸に出て、左折。
サークルKで小休止。

ここからは、海を見ながら歩く。気持ち良い。目の前には、生口橋が見える。
因島の中心街か、道は狭かったり、広かったり。
学生がスレ違いに挨拶してくれるのは嬉しいね。

Img_7501

途中の本屋が、店先の本の陳列が独特だったので、気になる。
winkっていう雑誌が等間隔で並び、片一方には成年向け雑誌が・・・。
ヤル気あるのかないのか…。

生口橋をくぐり、橋を渡るスロープ道を左に見ながらスルー。
もう少し進んで、渡し舟の桟橋「金山港」へ。
丁度、向こうか船が来るなー。間に合うかなぁ。

歩きだと、どーも焦れったい!!
でも、船には間に合う。丁度10時前。


出港と同時に、船の係の人が集金。65円が2人で130円。
65円とかハンパやなぁ。

船は、因島と生口島の海峡を渡る。すぐそこには生口橋が見える。歩いたら面倒だろな。
5分もしないで対岸の本日第2の島、生口島「赤崎港」に到着。
フェリー待合室で小休止。まだまだ、足は余裕。
Img_7514

さて、因島でのウォーミングアップを終えて、そろそろ本領発揮と行きますか!
生口島は、全島横断だ。主要な施設は、北岸に揃っているようだが、ここは距離が短い南岸を行く。
国道317号線を歩く。
交通量が少ないので、嬉しい。
すこし、空が曇ってきているような気がする。

左手に海を見ながら、対岸には岩城島が見える。
あの島へ行くフェリーもあるようだ。

ひたすら、同行者A師匠と、くだらない話をしながら歩く。
生口中学校前で、久々に信号機を見つけて、わざわざ信号を変えて横断歩道で横断。
いや、何かしたかったんだね。

小一時間も歩くと、「オアシススポット  ポルト侑遊」のマーク。
しまなみ海道のサイクリングマップにもある、休憩所のようだ。
道から逸れて中に入ると、小さなログハウス風の建家と、東屋がある。
この東屋で、お休みさせてもらおう。

管理人のお母さんが、気さくな人でいちじくをもらう。ここの畑で作っているそうだ。
そういや、初めてしまなみ海道を自転車で走った時も、地元のおばあちゃんにいちじくを貰ったような・・・。

お茶と麦茶までもらって、休憩とエネルギー補給は十分だ。
お母さんは途中でお出かけしてしまったので、もらったお茶セットを丁重にお戻しして、出発。
そして、時間はすでにお昼。お昼ごはんを食べたいが、ここには無いのだ。

再び、南岸を歩く。
Img_7522

ここからは長かった。・・・ように感じた。
小一時間で、次の橋「多々羅大橋」をくぐる。そして、スロープへ。
スロープは、自転車用に緩やかに作ってあるわけだが、逆に距離は長い…。
ショートカット階段があるが、これはこれできつかった。次から階段はやめよう。

少し登った所で、小休止。多々羅大橋を望む、展望台の休憩所みたいな感じの場所だ。
ふぅ。昼を過ぎて1時半。今日の宿まで行けるだろうか。

多々羅大橋は、歩行者は無料である。
トコトコ歩きます。
途中、橋脚の下で、手を叩くと音が反響しあって面白い。
拍子木も置いてあるので、通りすがりに必ずやっている気がする。
多々羅大橋の途中で「愛媛県」に入る。

橋をバックにセルフタイマーで記念写真撮ろうとしたら、自転車が目の前を通過してモロにかぶった!

橋を渡るのに30分程度。すでに2時過ぎ。
本日第3の島「大三島」。本日のゴールは次の島「伯方島」。
個人的には、焦ってきているが、お腹も空いた。
橋を降りたところにある「道の駅多々羅しまなみ公園」で遅いお昼の軽食としよう。
「鯛カツバーガー」と「焼豚たまごバーガー」。
私は、焼豚たまごバーガーとなったが、マクドナルドとかで食べるバーガーよりも断然美味しいな。
ちなみに「焼豚玉子飯」が今治B級グルメらしいので、その流れなんだろう。(これは2日目にわかる)
店のあちこちに、今治のゆるきゃら「バリィさん」がいるのも気になる…。
Img_7610

3時過ぎに、さぁ出発だ。あれ、ポツ・ポツ?雨、か?いや、止んだか。。。
大三島は、大きい島だがサイクリングロードは少し。
潮流が早いと言われる、海峡を見ながら歩く。釣りしてる人がいるなぁ。

大三島橋のスロープに入り、延々と登る。
これはこれで、結構へたばった。そろそろ足が痛くなってきたなぁ。
くねくね登るのがなぁ。。。そして、トイレに行きたくなってきた。
大三島橋のたもとでトイレ休憩。4時を回っている。

さて、最後の力を振り絞ってじゃないけど、大三島橋を渡ります。
橋の長さは390mくらいだったかな。短いんですけどね。そこまでのスロープが長かったなぁ・・・。
10分程で渡りきり、伯方島へ上陸。

橋を渡ると、「しまなみ旅館→こっち」的な看板があってホッとする。
スロープを下ると、国道に合流、そこから左折して少し行くと本日の宿「しまなみ旅館」が見えた。
ふぅ、なんとか天気も持ちこたえて良かったなぁ。
時間は5時過ぎ。まもなく、日が沈もうとしていた。

しまなみ旅館は、お母さんがやってる感じの民宿だ。
同行人のA師匠は、慣れない和室でゴロンゴロンと転がっている。疲れたようだ。
ファンヒーターがある。付けてもいいくらい、寒くなってきた。

晩御飯は、お刺身やお魚などが盛り沢山。
いやぁ、そんなに食べれないよぉ。。。

2日目の徒歩日記へ。


歩行距離:31.2km (GPSデータより)
歩行時間:9時間半 (7:40~17:10)
平均速度:3.2km/h(休憩時間も入れて)

歩行ルート:こちらをクリック!

ルート地図:
20121027


|

« しまなみ海道 あるくホイ。準備編 | トップページ | しまなみ海道 あるくホイ。2日目 【徒歩旅日記】 »

管理人のひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/55999762

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道 あるくホイ。1日目 【徒歩旅日記】:

« しまなみ海道 あるくホイ。準備編 | トップページ | しまなみ海道 あるくホイ。2日目 【徒歩旅日記】 »