« 自転車のフロントバック 取付けフレームを改造 | トップページ | 飯田 大平宿 で、囲炉裏の一軒宿。 »

2012/07/08

荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずで。

2012/07/08 08:36
Img_6606

雨が降っている5時すぎ。
ネットで雨雲の動きをみながら悩む。
どのタイミングで出発しようかな。
そう思っていると、だんだん雨足が速まる気がする。
もう少し待って家を出る。

今日は、先週へたばった秩父路に再チャレンジしようと思う。
と、言っても朝方の天気が雨なので、リタイヤポイントの寄居駅からにする。天気が回復するまでの間は輪行で移動だ。ちょっと、妥協。距離にしたらかなりの妥協。
そのうち、全行程を通しで走らないと。

前回は残念な感じで乗っていた秩父鉄道。
今回は、往復で使う予定。
改札でフリー切符を買ってみる。
もし、雨がひどかったら、そのままSLお楽しみツアーでもいいや。
秩父鉄道の車両が新しいようで、前回のようなガタピシ感
が無い。
車内アナウンスも日本語と英語になっている。
前もそうだったかな…。

寄居まではのんびり電車の旅。
のんびり行きましょう。
車内には軽登山と思える人たちが結構いる。
軽めの荷物に、しっかりした登山靴。GORE-TEXの雨具。
こちらも、モンベル装備だがヘタレサイクリングだ…。
Img_6607

ちなみに、もう雨はあがっている。ほんの少し涼しい。
天気は曇りのままだろう。
昨夜は、結構な雨が降ったと思えるので、荒川の上流は濁っているだろうなぁ…。そう思うと、やはり今一度走り直さないといけないかなぁ。秩父方面は道も多彩な感じがするので、いくつかの道を試しつつ走ってみようかな。
ただ、熊谷付近まで自走すると、それだけで70kmくらいになるのが、痛い…。

しかし今回はポメラDM5を持ってきたのだが、ちょっと不便な点がある。
起動するたびにカーソルが文頭に戻ってしまうのはいかがなものか。一発で文末にカーソルが移動するでもなく、さっと取り出して、さっとは書けないなぁ。

ひろせ野鳥の森駅。ホームから見えるコスモスが綺麗であるなぁ。
雨上がりには、雨上がりで楽しめるツーリングスタイルがあるかなぁ。
駅からすぐのところある秩父鉄道の車庫で、SLがスタンバイしていた。
そろそろ出発するのかな。

寄居駅で輪行解除。くみたて。
小雨が降っている…。うーむ。
30分ほどで組立完了。しばらく待つとしよう。
雨をしのぐ場所は、ここだけではないのだが。
駅のロータリーを見ながら天気の回復を待つ。

ぼけー。
タクシーも暇そうである。こんな日は登山客も少なかろう。観光客も少なかろう。
駅前のライフはまだ開店前なのか、ここからは見えない。先週休んだ観光案内所のベンチが向かいにあるが、あそこだと雨に濡れそうだ。ここでも、少し雨が吹き込んでくる。ちべたい。
雨宿り。雨の日だけの特権だがな。
バスが来て老夫婦が乗っていく。

あ、少し小降りになってきたかな。よーし、行こうかなぁ。また降ってきたら雨宿りすればいいし。
2012/07/08 10:01
Img_6617

走り出し、ペダルの感じとサドルの感触を確かめつつ。
サドルが高いとお尻が痛くなり、低いとママチャリみたいになって走っている感が半減する。それよりも、少しハンドルが曲がっているかな…。トークリップがきついな。アルミのトークリップなので直ぐに曲がってしまうのだ。

寄居の町はすぐ抜け、国道140号を行く。
路面は濡れて所々に水たまり。
まもなく、寄居の次の駅「波久礼」の前の交差点で県道に入り荒川を渡る。思ったほど、濁っていないな。私の予想は外れたようだ。
ここで、すでに蒸してきたので、ウィンドブレーカーは脱いでおこう。いや、もともと雨でなければ着てくるつもりは無かったので。

荒川を渡り右折、そこから軽い峠越えが始まる。
まぁ、そんなにすごいところでは無いので、軽いウォーミングアップと言ったところだ。でも、汗は出てます。
ピークはゴルフ場の入り口。
ゴルフ場に行くためだけに整備されたんじゃないかと思える道である。なんだか、結構そうゆうところあるよね。
山陰でも上ったらゴルフ場の入り口ってのがあったきがする。
上りきれば、楽しい楽しい下りのはじまり。見通しがよいので、ノーブレーキでいける。ただし、まだ路面が濡れているのでマンホールや、落ち葉に注意だ。
荒川の右岸を走っている。時折、川の流れが見えなくもない。
そろそろ、左岸に渡ろうかな。

Img_6643
「長瀞オートキャンプ場→」の看板と共に左折。
突き当たりはキャンプ場の受付になってる。あと人道橋がある。なんだか、BBQのにおい。キャンプ場らしい匂いである。にしても、自分はキャンプ場でド派手にBBQしたことないな。米を炊き、レトルトカレーを温め、パスタを作り…と、ほんとにシンプルな食事である。
にしても、雨上がりなのにキャンプに来ているのね。大型バスも見える…。
人道橋は、車は通れないが、自転車は渡れる。荒川を渡る。向こうからカヌーボートで下ってくるぞぉ。パチリ。向こうの空は青くなってきているな。よしよし。
あれ、ポツポツ雨が降ってきた。

少し走る。むぅ、大粒だよ…。避難せねば。
長瀞駅で雨宿りだ。SLに乗る人が待っている。
駅舎はなかなかいい雰囲気。
と、少し休憩がてら駅のベンチに座ってまったり。…が、駅員に自転車動かしてくれと言われる。SL来たら人がいっぱい通るから危ないのだとか。なるほど。
こちらは、雨宿りだったのに。しょうがない、移動する。…ま、雨があがったら出発しますから
・・・と、雨があがったので退散する。
踏切では、SL見物の人で大混雑。

そんな大混雑に紛れてはいられない。
少し離れた線路沿いでSLを待ち伏せてパチリ。
道ばたのアジサイも綺麗でした。

そういや、長瀞の岩畳ってどこかなぁ、、、とうろうろ。
上長瀞駅と長瀞付近を2回は往復、、、結局長瀞駅近くにあったのね。削られた模様が美しい岩畳。でも、自転車を持って入るところじゃないな。失敗。そして、行ったり来たりで時間をロスしたので、ちょっと焦ってあまりゆっくり見ることもできず。意味がないなぁ…。

上長瀞付近はあらかわ沿いの細い道を行く。
国道に交差したが、そのまま直進。
県道44号線に入ると少しアップダウン。気持ちいい道だ。

Img_6719

天気が回復していて青空が見える。
秩父の町に入り、お昼としよう。
秩父の町並み。普通の町と、古い家屋が混在。
う~ん、古い家屋で揃えたら随分と雰囲気が出そうなんだけどなぁ。
さて、そんなことよりお昼ご飯っと。
味噌焼き豚丼の野さか。一人で座るには申し訳ない4人席。大盛り丼を食券で買う。食券ってのがおもしろい。

ちょっと、時間が忙しくなってきた。
2012/07/08 13:07

大盛りは予想外にボリュームたっぷり。どんぶりからはみ出してます…。ありがたく頂きました。ごちそうさま。でも、少しいっぱいいっぱい。
午後は日差しが強そうなので、日焼け止めを塗って出発。

国道140号線を行く。少し退屈だがしょうがない。

道の駅あらかわに立ち寄る。
荒川を遡ってきたなぁ、という感じ。今更だが。
いちじくソフトを食べ、いやぁ、天気がよくなってきたなぁ、という感じ。今更だが。
SL通過14:10頃と書かれた看板。お、もうすぐじゃない。道の駅の脇が線路なので、そこで待つことにしよう。
踏切がしまり、SL通過…あれ、SLっぽさがないなぁ。まるで滑走しているように、すべるように通過していった。汽笛も蒸気も無かったからそう見えたのだろう。

さて、行きましょう。さぼってばかりでなく。
新緑の道を行く。国道からそれた道を行くので車は少ないが、軽くアップダウンしている。
線路を渡り、集落内の道を行く。ラストスパート。

Img_6752
2時半三峰口の駅に到着。今日はここまで。
道の駅で道草しすぎた。
さっそく輪行準備。

3時24分発の急行秩父路に乗り込む。
ガラガラ。もう少し登山客とかいるのかと思ったのだが、この天気では…か。いや、天気は快晴になり、当初の雨はうそのようである。

急行電車なのに吊革があったり、網棚だったり、扉が両開きだったり何となく、ローカル線っぽいのが気になる。
最初は一番前の席。と、思ったが思いの外景色が悪い。いや、窓が遠くて小さい…。

4人掛けのボックス席を独り占め。
混まなければいいけれど。

御花畑駅を過ぎたが、そんなに混まないな。
急行列車は快適に、強烈な日差しをもろに車内に取り込みながら、帰路につく。
こんなに天気が回復するなら、もっと走ってもよかったかな。今日が日曜じゃなくて、土曜だったらいくらでもやったんだがな…。

実は、今回も少し予定を未達である。
ホントは荒川の源流を求めて…だったのだが、求める前に駅に到着してしまった。距離もほとんど走ってないんじゃないかな。
今回は寄居スタートだっただけに、少し荒川に執着がなかった。と、言い訳はしておこう。ただ、純粋にツーリングを楽しんだと言うべきか。おいおい、ついこの前、ツーリングに大切なのはコンセプトだとか言ってたのに、どこへ行ったんだよ。
まぁまぁ、楽しかったんだからそれでいいじゃない。

そうして、また、続く…と言うわけだ。多分。
2012/07/08 16:26

今回の走行距離:47.3km(少なっ)

Img_6705



段々登っている。最終的には200m程度登っていたのだ。
20120708004


|

« 自転車のフロントバック 取付けフレームを改造 | トップページ | 飯田 大平宿 で、囲炉裏の一軒宿。 »

20xx年 プチ自転車ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/55150820

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずで。:

« 自転車のフロントバック 取付けフレームを改造 | トップページ | 飯田 大平宿 で、囲炉裏の一軒宿。 »