« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の5件の記事

2012/07/22

カンチブレーキ BR-CX70 購入

Ncm_3630
この前のGW。国道最高地点渋峠を走破して、当然のように登ったから下ったわけだが、やはり、怖い。
ツーリングマスター ランドナー車のブレーキは、カンチブレーキと呼ばれるタイプのブレーキで少し古い。
うちのが特別かもしれないが、ひたすらに効かない。

あの2170mを登って一気に下る時の恐怖は無かった。
そこそこにスピードを落とすが、今度はブレーキが無くなってしまうんではないかと恐ろしくなる。
ブレーキが削れてしまうと、どんどん効かなくなってくる・・・。あぁ、怖い。

特に雨の中での下り坂はあっという間に、ブレーキが無くなるのだ。

そこで、購入からそのままだったブレーキを交換することにした。


Ncm_3625


続きを読む "カンチブレーキ BR-CX70 購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/17

飯田 大平宿 で、囲炉裏の一軒宿。

週末、長野は飯田市と木曽の間にある大平宿に行ってきました

いろりの古民家に泊まれ、
携帯電波も入らない、少し昔を感じながら緑に囲まれてきました

ツーリングというよりも、キャンプですね



Img_7083

2012/07/14 18:13

飯田の街は静かに山の風を受ける。
シルクホテル前で自転車を組立て飯田の夕方。

今回は、飯田から木曽へ抜ける大平街道を行き、途中の大平宿で宿泊しながらのツーリングをしようと思う。

まずは、大平宿の受付のスポーツ用品店アルスに行く。
アルスのおばさんはなかなかいい雰囲気で、なかなか気さく。大平宿の向こうにある木曽見茶屋についてはなしてみる。おでんがおいしいよ。とのこと。あと、御幣餅。
スポーツ用品店アルスは、商店街の中にあるので、商店街の店と同じ営業時間。朝は10時半から夜7時まで。
朝のうちには出発したいので、前日の今日に大平宿で宿泊する家の鍵を受け取る。

大平宿には、古い古民家が残っており、それぞれに宿泊する事ができる。いろりがあり、薪で湯を沸かす。
そんな古民家を一軒借りることにし、そこまで、その周辺をツーリングしようと思う。
と、言っても、ほとんど野外キャンプと変わらないイメージ。テントの代わりに屋根のある古民家があるようなものだ。

荷物は少なく、寝袋と、食器、コンロ類だけ。
それでも、前のフロントバックと、サドルバックはいっぱい。

朝の5時半出発。天気は曇りで涼しい。
飯田の街は天竜川を谷底に、伊那谷と呼ばれる谷にある市街地だ。なので、移動しようと思うと坂、坂、坂。
県道8号線を行く。あ、猿がいる。

続きを読む "飯田 大平宿 で、囲炉裏の一軒宿。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/08

荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずで。

2012/07/08 08:36
Img_6606

雨が降っている5時すぎ。
ネットで雨雲の動きをみながら悩む。
どのタイミングで出発しようかな。
そう思っていると、だんだん雨足が速まる気がする。
もう少し待って家を出る。

今日は、先週へたばった秩父路に再チャレンジしようと思う。
と、言っても朝方の天気が雨なので、リタイヤポイントの寄居駅からにする。天気が回復するまでの間は輪行で移動だ。ちょっと、妥協。距離にしたらかなりの妥協。
そのうち、全行程を通しで走らないと。

前回は残念な感じで乗っていた秩父鉄道。
今回は、往復で使う予定。
改札でフリー切符を買ってみる。
もし、雨がひどかったら、そのままSLお楽しみツアーでもいいや。
秩父鉄道の車両が新しいようで、前回のようなガタピシ感
が無い。
車内アナウンスも日本語と英語になっている。
前もそうだったかな…。

続きを読む "荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずで。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

自転車のフロントバック 取付けフレームを改造

ついこの前に新調したフロントバック。
それに、合わせるように購入したフレームだったが、あと一歩で長さが微妙。

オストリッチのフロントバックF-702と、モンベルのフロントバック用フレームの組み合わせについては、ここに書いたが、それを改善すべく改造した。

ま、それほど大したことではないのでアッサリと。


Img_6562


続きを読む "自転車のフロントバック 取付けフレームを改造"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/01

荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずが。

Img_6486

梅雨の晴れ間が見えた。
週末のとある土曜日。

実は数日前まで悩んでいたのだ。はて、どこへ行こうかと。
新調したフロントバックの様子をみつつ走りたいと思っていた。

いくつかの候補を出すのだが、
候補にはそれぞれ、「距離」「目的地」「コンセプト」が求められる。
「距離」は、当然限られた時間で走るには、往復で100kmちょい。一泊なら200km弱がベスト。それを超えると、ただ走るだけになってしまう。

「目的地」はいわゆるハイライトだ。走破した感動をそこで得られるか。これは、走っていてモチベーションに影響する。峠であったり、観光地であったり、街であったり、いろいろあるわけだ。多数あってもいいのだが、短時間で複数の目的地を経由するのは、そんなにうまいルートはなかなか見つからないものだ…。

「コンセプト」は、忘れがちだがあるとよい。日本一周がなどの一周ものが代表的。「日本一の○○」とかもある、「○○はどこにあるか」というのもいい。

そんな事を考えているものだから、なかなか決まらない。
何より、週末の天気予報が刻一刻と変わっていた。当初は、土日とも平穏な天気っぽかったが、日曜は雨に変わり、安定しているのは土曜だけ。1日のツーリングに切り替えることにした。

続きを読む "荒川サイクリングロード 源流をたどる・・・はずが。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »