« 日曜のほっこりサイクル | トップページ | 梅雨の晴れ間に 荒川サイクリングロードを行く。 »

2012/06/09

あぁ10年目の自転車振り返り。

自転車ツーリングの年数も10年を越えてしまった。
ちょっと古い写真などを見ていて、あぁ、随分荷物も変わったなぁ。と思った。
少し、写真を並べて比べてみようと思う。

傾向としては、楽に…いや、効率的な荷物配分になってきているのだろう…。

20010103
2001年1月の初ツーリング。房総半島一周時。
素人臭が漂う…。
自転車も、古いのだが、フロントのギアも1枚。購入当初のまま。サドルだけブルックスに変え、今も愛用。
リアのサイドバック(パニアバック)、フロントバックは今も使っているオーストリッチ。
リアに積んでいる寝袋は、ホームセンターの安物ででかい割に寒い。
緑色のはダンロップのでかいテント。ポールとシートが別なんだよな。
冬場なので、グローブ(スキー用?)が目立つ。
フロントに、おまけ程度にサイドミラーを付けていたなぁ…。


20010813

2001年の夏。三陸を走破するぞと意気込んで走った時の装備。
寝袋は冬用のものを購入したのだった。でも、夏なんだが。リアのサイドにぶら下げているのが危なっかしい。
クッションのスリーピングマット(通称・銀マット)が旅人っぽいなぁ。しかし、荷物が後ろに偏っている。
コップを左側にぶら下げるのは、この当時から。これだと、左に寄りすぎてガードレールにサイドバックをこする前に、コップが当たって気づくのだ。
あと、ツーリング初心者の若葉マークをぶら下げていた。
自転車は相変わらずだが、フロントギアをトリプルに改造していた。
しかし、改造の甲斐なく三陸のアップダウンに途中でへこたれて大船渡から帰ったのだった。


20020101

2002年の正月。東北三陸でコテンパンにあったので、一点、九州へ。
寝袋を後ろにしっかり固定。
フロントのサイドにサイドバックを装備して、冬場の荷物増とバランスに配慮したか。
銀マットが無いので、このころエアータイプのスリーピングマットを使い始めたのだろう。今も使っている。
写真で見ると、携帯がD503になってるな。
ちなみに、デジカメはNIKONのcoolpix600で、100万画素。すっごくショボイので、画像もぼけている。


20020428

2002年のGW。東海道を名古屋から東京へ走った時。デジカメがミノルタのDIMAGEになってキレイになった。
装備にはあまり変化が無いようである。春なのに、冬用寝袋なのは、まだ夏用を持っていなかったからか。
そういや、ペダルにトークリップも付いていないのだな。


20020813

2002年8月。1年前にへこたれた三陸の続きを走った時。
雨でリアにはサイドバックにカバーをしている。
でかい冬用寝袋が見当たらないので、夏用寝袋を購入したものと思える。
フロントのサイドバックはこの時は省略。
ペダルにトークリップをつけたようだ。


20021018

2002年の10月。北海道道東を走った時。
今は丸い形状のポカリのペットボトルが、この時は四角い。
空気入れをトップチューブに固定。フロントサイドバックもつけてフル装備。
しかし、フロントサイドバックのすぐ上にあるLEDランプは、前照灯として役に立たなかったきがする。


20030102

2003年の正月、四国を走った時だ。
この時もフル装備。リアの茶色はユニクロのフリースだ。
装備的には、安定してきたことだろうか。


20030813

2003年の夏。下北半島を走った時。
トップチューブに、色褪せたバックが装備されている。チャリ師匠のさらい氏から借りたものだ。
荷物が増えても対応できる傾向にあるが、結局あまり使った記憶なし。


20040103

2004年正月。東海道を走り小豆島まで行った時。
テントが新調され、ダンロップの今風テントになっている。ポールとシートが一つの袋に入ってコンパクトに。
ただ、自転車は、ここで最後となる。


20050502

2005年のGW。九州を走った時。
自転車は丸石のツーリングマスターに変わり、雰囲気が一変。
キャリアは以前と同じミノウラの物を使用し続けている。
フロントに専用輪行バックを付けている。
バーテープが、付属の白いタイプになり、ダブルレバーもダウンチューブに付きスッキリ。
ちなみに、リアのリフレクターは、先代の自転車から引き継いでいる。
相変わらず、サイドミラーをフロントキャリアに付けているが、、、
フロントサイドバックが、ボロくなって破れているのが見える。
ちなみに、この時、専用の空気入れを落としている。




20070501

少し間があいて、2007年GW。関東から仙台、名古屋から京都と移動した時。
フロントバックを装備しないくらいで、装備は相変わらず。
フロントにくくりつけている輪行袋が少し危なっかしい。


20080508

2008年のGW。九州、四国を走った時。
ポカリのペットボトルが丸くなっている。飲み物は、つねにポカリにするようになっていた。
ipodシャッフルの青がブレーキワイヤーにくっついているな。


20080814

2008年夏。暑いのに四国瀬戸内を横断した時。
暑いのに、フル装備。そりゃバテるな…。


20090504

2009年のGW。山陰を走って鳥取、出雲へ走った時。
これと言った変化は無いが、SONYのGPSロガーを取り付けている。
あと、ペダルのキャップが外れている。このあと、ペダルを交換したような…。
フロントバックの取り付けを、キャリアの上部にして、路肩へ擦らないようにしたのだっけ。
タイヤが少し黒く汚い。雨の鯖街道下りでブレーキシューが無くなるくらい使った結果だろう。


20090810

2009年の夏。東北ど真ん中を縦走した時。
もうフロントサイドバックの下部はボロボロ。中身が出てます…。
トップチューブには、ミニ三脚が括りつけてあります。滅多に使わないけど。
しかし、前輪が真っ黒。一応、アメ色とゴムのツートンなんだけど、ブレーキのカスで真っ黒。
このあと、前輪は横が裂けてパンクする。


20091103

2009年の秋。九州を縦走した時。
キイロイトリがこの時からマスコットとしてリアサイドバックの右側にぶら下がります。
テントが、夏まで使っていたものが手入れを怠りカビてしまったので、新規購入。ダンロップのR-3テント。実にコンパクトになって驚きである。


20091231

2010年の正月。紀伊半島周遊時である。
久々の冬季ツーリングに冬用寝袋を積み込む。
フロントキャリアを、日東の小さいタイプに交換している。
それでも、フロントサイドバックは強引に取り付けている。
輪行バックは、サイドバックに押し込んでいる。
フロントバックがお辞儀(前に傾いている)しているのが気になる。


20100503

2010年のGW。新潟へ、敦賀から京都への道のり。
フロントバックのお辞儀がきになり、フロントキャリアに輪行袋と工具を起き安定。
フロントサイドバックは使用せず。
リアに乗っているオレンジは、GORETEXのレインウェアだ。
この時から、フロントディレイラー、リアディレイラー、リアフリーがDEOREーLXに交換されている。
あと、細かいけど、トークリップが皮付きになっているな。



20100818

2010年の夏。北海道道央を走った時。
フロントサイドバックはもう使用しなくなっている。
サドル裏に小さな工具入れ(パンク修理キット)を入れている。



20110812

20011年の夏。再び北海道の大地に立った時。
すでに完成されたか、装備に変更は無い。
リアにのっているのは、ヒップバックである。
しかし、バーテープが汚いなぁ。



20120507

2012年のGW。能登半島周遊の図。
実はリアのキャリアが、日東のキャリア・キャンピーに変わっている。
後は相変わらず。リアのサイドバックの膨らみが、ツーリング当初に比べてスカスカ気味。
無駄な荷物が減ってきたり、レインウェアを上着代わりにしたりするので、格段に衣類が減った結果だろう。
初めにこのリアサイドバック特大を買った時、世界一周ですか?なんて聞かれたけど、今思えばこんな特大サイズ不要かもしれない。まぁ、旅先からまとめて荷物を送るときに、この特大サイドバックにフロントバック、テントと入ってしまうので、そこが便利ではあるのだが。

旅を重ねるごとに、不要な物は減って、似た機能を有するものは一つになっていくのだなぁ。

|

« 日曜のほっこりサイクル | トップページ | 梅雨の晴れ間に 荒川サイクリングロードを行く。 »

管理人のひとり言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あらためて装備品を見直すと中々面白いですね。
旅の歴史が分かりますね。

旅当初から今も使われている装備品が数点ありますね。
こちらは継続して使っている装備品ないなぁ。
ちょっと悲しい。
あ、地図は当初から使っていました。

投稿: 潤 | 2012/06/20 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/54921933

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ10年目の自転車振り返り。:

« 日曜のほっこりサイクル | トップページ | 梅雨の晴れ間に 荒川サイクリングロードを行く。 »