« 5月7日 最終日 東京発のチャリダー金沢へ到達 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目前編 »

2012/05/25

北陸ツーリング宿題編 序章

2012/05/23 20:12

金沢が悔しく思える。
ホントは金沢は通過点だったのだ。
どこかで言っただろうか、ホントは能登半島を回り琵琶湖へ行くのが目的だった。と。
誰かに言ったために、行くべき義務感を背負ったが、実はヘコタレてしまい金沢で終わってしまった。
そんな春の珍事であったのだ。

だから、私は。。。

Img_6057


2012/05/25 14:31
上野駅19番ホームに立つ。
20番ホームには団体専用上野始発、宇都宮行きが入線している。
コンコースにいた学生の団体が乗るのだろう。
よかった、あの大団体が同じ列車だったらと思うと、泣けてくる。

金曜、午後仕事は半分お休みをもらい、駅に来た。
しかし、不思議な天気で雨。つい、この前まで雨らしい気配はなかったのに。小雨なので気にはならないが、テンションが少し下がる。

学生が降りてくる。中学生の修学旅行だろうか。
「一組はこっちから行きますよー。」先生の声が響く。
私は、取り囲まれてます。
最近の中学生は、コロコロなのね。ザックしょったりしないのか。
団体専用新幹線の扉が開き、間違えて乗り込む人がいる。

たにがわ415号越後湯沢行きに乗車。
自転車を担いでいる。重い。
2階立て車両の12号車。旧型のE1型車両と言うのかな。
通路に何も無いスペースがある。恐らく、以前は電話が置いてあったのだろう。今は撤去されて何もない。そこに、自転車を置く。

こっそりと、悔しさのゴールデンウィーク北陸ツーリングの残りを走りに金沢へ向かうために。
2012/05/25 14:59

Img_6035
車窓の向こう、雨が降っています。結構降っているので水滴が多い。
ほがほが眠たくなってくる。
高崎でも、結構乗り込んでくる。

こちらは、越後湯沢終点。ここで、特急はくたか号に乗り換えだ。
2012/05/25 15:43

2012/05/25 16:34
はくたか18号越後湯沢を出発。
混んでいるというより、この座席周辺だけ混んでいる。
はくたかの3号車だが、乗り込み口が車両の片方、前方にしかない!
座席をわざわざ進行方向の後に取り、自転車を座席の後に置こうとしたが、座席までが遠い…。お隣の4号車にも扉が後方にしかない。
おいおい…。この場所は最悪だな。
輪行して指定席取る時は気をつけないと。
自転車を持ち込むには大変…。
面倒なので、デッキの出入り口横にくくりつけて置くことにした。

車窓は相変わらずの雨模様。
綺麗に水が張られた田圃が一面に広がります。
向こうの山は薄く雲がかかってよく見えない。
何だか、今日ははっきりしない変な天気であるなぁ。
2012/05/25 16:44

Img_6045
ほくほく線はトンネルばっかりなので、携帯電話などは圏外。
トンネル、トンネル、トンネルが続いて、耳がつーんとしてきます。
2012/05/25 17:02

ほくほく線区間を抜け、直江津駅へ。
速い。もう日本海だ…。天気が悪いのが残念なところ。

今回は、数週間前に終わったゴールデンウィークの北陸ツーリングの続きを走る。
続きと言っても、少しだけ。
前回は金沢駅から走った道を眺めながら輪行して帰ったので、今回のスタートは金沢。
同じく、その時走った日本海沿いの自転車道などを横目に眺めながら、今、金沢に向かっている。プラスマイナスゼロである。(!?)
そして、今回は、キャンプツーリングでは無い。
荷物は、自転車とほんの少しの着替えくらい。
超軽装の、サイクリングである。まぁ、だから気が楽なのだが。

なので、今日は金沢で宿を取る。
野宿や、キャンプなら一泊ゼロ円だが、宿に泊まると五千円程度。
考えなかったわけでは無いが、今回は「気軽にサイクリングGW北陸残った宿題編」と言ったところ。

ルートは簡単。
前回ヘコタレた金沢から、一路海岸線を南へ走り、東尋坊、敦賀へ向かう。で、おしまい。距離にして150km程度。
途中で宿を取るつもりだが、まだどことは決めていない。走りながら、様子を見て決めることになる。なんとも、この辺がいい加減。
当初のゴールデンウィークの計画は、自宅から群馬は渋峠を越えて日本海へ、そこから日本海を能登半島を周り、敦賀を通り琵琶湖に出る計画であった。
だからと言って、今回琵琶湖まで行こうとは、あまり思っていない。
最低でも、敦賀まで行ければいいかなぁ。…と、これまたいい加減。
敦賀から琵琶湖は、数年前にフェリーで新潟から敦賀へワープした際に走っている。
なので、敦賀〜琵琶湖はすでに走破済みとして、今回、わざわざ宿題として消化しなくてもいいかと、勝手に都合よく判断したのです。

そういや、今回のゴールデンウィークは、
以前、自宅から三国峠越えの新潟からフェリー乗船、敦賀ワープの琵琶湖・京都ツーリングの、ワープ区間の補填だったのかもしれない。
いや、それを言うなら、直江津から新潟、新潟から秋田への日本海沿いはまったく走っていない。
まだまだ、未走破区間が多いな。
直江津まで、はくたかで行って、秋田まで走り、こまちで帰る。とか言うツーリングもありそうだ…。う〜ん、宿題が宿題を呼ぶなぁ。

2012/05/25 18:07
Img_6058

まもなく金沢到着。
さすがに速い。
車窓の天気は回復。遠くの空が赤く色づいている。
なんとか、金沢での雨は回避できそうだ。よかったよかった。

しかし、となりに乗車されたご婦人が飲むわ飲むわ。
缶ビール、缶チューハイを、プシュプシュ開ける。
まぁ、いいんですけどね。電車だし。
しかし、車内販売も無いのにどこで買い込んだんだか…。
2012/05/25 19:01

金沢駅に定刻通り到着。
まずは一安心。そういえば、久しぶりのホームにたった感じ。

金沢駅前にて、自転車を組立る。
この前は東口でばらしたが、今回は西口で組み立て。
30分くらいで組立完了。特に異常はなし。
すぐそばの、ホテルR&Bに移動。今日はここで一泊。
東口にくらべ、西口は静かな感じ。
晩ご飯は、駅前のEAONを散策。トンカツが少ししょっぱい。
さて、今日はゆっくり寝て明日は、北陸第2章!?開始だ。

んでは、おやすみなさい。
2012/05/25 21:32

Ncm_3522


|

« 5月7日 最終日 東京発のチャリダー金沢へ到達 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目前編 »

2012春 北陸編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸ツーリング宿題編 序章:

« 5月7日 最終日 東京発のチャリダー金沢へ到達 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目前編 »