« 北陸ツーリング宿題編 序章 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目後編 »

2012/05/29

北陸ツーリング宿題編 1日目前編

◆1日目:前編 2012年5月26日(土)◆

2012/05/26 06:23
ホテルでの起床。平和だ…。
昨日の雨模様が幸いしてか、今日は快晴の予報。
朝の準備をして、朝ご飯に行こう。

R&Bホテルは、朝は軽食のパンとコーヒーなどが飲める。
シナモンロールがうまい。3つも食べてしまう。
あまり、パンだけではバランスが悪いが。。。
いつもより遅い出発かと思ったが、よく考えたら、6時半ぐらいに出発することも多かった。
それを考えたら、そうでもないか…。
2012/05/26 06:45

Img_6064

金沢駅前の目抜き通りを走る。ファミリーマートが交差点のたびにある気がする。気のせいか…。北陸道、国道8号線と交差。交差点にはヤマダ電気、非常にっぽい。
港付近で、県道8号線にぶつかり左折。一路、南方面へ。
しばらく走ると、左手には田圃が広がる。道が狭く、車の追い越しがつらい。まぁ、こちらは、道路の端を走るのみ。トラックの人、すいません。
海浜公園口とか言う交差点で、県道25号線に入るとそこは「しおさいロード」視界は無いが、快適な一本道。花のにおいが心地よい。

Img_6071
久々にあった信号で右折。加賀自転車道?に入る。
まさに海の海岸線を走るような自転車道。隣は北陸道が走る。
海岸は、所々に車が止まっているが、ほとんど人もいない。
空が青く、海の波の音。砂浜のゴミがちょっと気になるが、ここは人だけの場所では無いのだろうけどもね。
しばらく走り、ちょうど一時間くらいなので休憩です。
少し陰ると涼しい。天気は晴れ。日焼け止め対策ばっちりだが、長袖は少し暑いな。2012/05/26 08:08

砂浜沿いの道の恐怖は、道が突然砂に埋もれること。
この自転車道はそれがなかった。
ほんの少しだけ、砂っぽいところがあるが、走れないことはない。
釣りをする人が所々に。いや、釣りをしてる人しかいないようだ。
自転車も不思議と走っていない。…となると、この先の道が進めるのか気になりながら走る。結果的には、まったく問題ないのだが。
所々に休憩所がある。どこから車が入ってこれるのか不思議ではあるが、駐車場も。

途中、川を渡れずに一般道に迂回するが、そこから自転車道に戻る。
北陸道をくぐる自転車道専用のトンネル。トンネルの向こうは青い海と空が広がる。つい、足を止めてしまう瞬間。

延々と続く自転車道。ただ、舗装がいまいち。数メートル感覚でボコボコ。ロードレーサーにはきついかも。
所々で砂がうっすらと積もっているが、走るのに問題は無い。
自転車2台を追い抜いき、ママチャリで散歩しているおじさんとすれ違う。のんびりした空気が流れる海岸線の自転車道だ。
金沢小松自転車道と言うらしい。

そんな自転車道も突然、芝生の公園内に誘導され、自転車道は終わりか?
よくわからない。まぁ、よくあるパターンではあるが。
キャンプするには完璧なあずまやがあったので、休憩。丁度2時間と言ったところ。
目の前にあるのは保養施設か、老人ホームか、おばあちゃんが散歩しています。ここまでで34km。ペースはかなり順調。
これなら、ゴール地点の敦賀までの150kmを今日1日で走りきれるんじゃないか…。そんな気配があるなぁ。
プチおやつのスニッカーズを食べながら、ツーリングマップルを見つめて先のルートを確認する。のんびりした朝の一時だ。

いざ、出発しようかとあずまやから出れば、そこにいたのはキャンプツーリングの自転車が1台。
「こんちわー。」
荷物を沢山積んで、キャンプツーリングのようだ。
地図を見ながら、この先の道を探している。
岡山まで行くという彼は、レトロな自転車に荷物をくくりつけている。
結構強引な感じ。

今日は敦賀に行きたいとのことで、方向は一緒。「これは、しばらく一緒に行きますか…」的な雰囲気であった。
「よしっ、行きますかっ!」何気なく、一緒に走りだしたのだ。

2012/05/26 09:04

Img_6080


|

« 北陸ツーリング宿題編 序章 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目後編 »

2012春 北陸編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸ツーリング宿題編 1日目前編:

« 北陸ツーリング宿題編 序章 | トップページ | 北陸ツーリング宿題編 1日目後編 »