« キイロイトリ北陸物語第2話 | トップページ | 5月2日 雨よ降らずにいてくれ 能登島へ »

2012/05/01

5月1日 親不知海岸を行く



序章4/284/294/305/15/25/35/45/55/65/7



2012/05/01 06:11

おはようございます。ぴーぴーぴー。鳥の鳴き声。
昨日は公園の中に暴走族(プチバイクの悪ガキ)が進入してきて、一瞬、静寂を荒らされるかと持ったが、なんとか遠くへ去った。
いや、まだ明るいうちから爆音とは、なんともほほえましい。
Img_4360
朝の妙高は新井総合運動公園。
快適でした。朝の5時前に目が覚め、外にでるともう太陽が向こうに登っている。この時期早い。

気温も暖かく、あずまやの前の桜に太陽の陽があたりとても綺麗。
しかし、この木、なんで枝が伐採されているんだろうか。
朝ご飯を用意しながら、テントの撤収。
この辺は、おそらく散歩コースだろうから、見苦しいものは片づけっと。
コーヒーを飲みながら、お茶漬け。よく考えたらアンマッチ。
朝と言えば、モーニングコーヒーだし、お茶漬けは昨日のご飯を処理するのにしょうがないし。
公園のはるか向こうには、上越、妙高の山々。ほとんど真っ白。雪景色。公園のサッカーグラウンドも緑が鮮やか。

とても綺麗です。

こんな朝が僕は大好きで、キャンプツーリングの醍醐味だったりする。
静かな朝、穏やかな風、四季折々、場所毎の風景。
特に山を越えると、こうした景色が一瞬のうちに味わえる気がします。

もう5月。季節が変わった事を実感します。

さて、関東平野を国道最高地点渋峠を突破することで抜けた昨日。
ちょっと走って、日本海まであと少し。
ここから日本海へ出て、一路南へ。富山を目指します。
その前に、今日は難所の親不知が待っています。
天気も今日まではよさそうだが、明日は雨模様。

それも考えながら走ろうと思う。
はてさて、やっと平らなところを走れるわけで、一安心。
しずかに、のんびり、海の匂いをかぎながら走るぞぉ~。
2012/05/01 06:20

Img_4380

新井の駅前を通過して、なんとなくそれらしい方向に走る。
追い風が強烈で、こがなくても25km/h以上で走る。いや、滑るようだ。
上越新幹線の建設を見ながら、ゆく。

Img_4392
上越の町に入り、県道65号線?は快適なバイパス道路に。
朝の通勤か、交通量が増してくる。
「←春日山城趾」の看板。よし、曲がってみよう。
春日山の城下町(だったところ)をぬけ、緑深い山の中へ入る。
ちょっとだけ登り、春日山神社のふもと駐車場へ。
長い急な階段が目の前に…。足をふんばりながら登ります。

雰囲気のいい神社。本殿内には上杉謙信の肖像。
今日も、お天気をお願いしてお賽銭。

春日山城はもう残っていないので、今回は神社だけに。
今一度下って、謙信公出陣御前清水で、水補給と、ポカリ補給。
少し休憩して、いざ出陣じゃー。
2012/05/01 08:15

春日山のセブンイレブンでポメラの補助ボタン電池購入。
CR2016とは、何でマニアックな…。
ちなみに、スマホMEDIAS PPのバッテリーも今朝交換。
なんとか、電源入り切りで3日持たせた。。。まぁ、メールとブログ更新だけなんだけどね。
2012/05/01 08:25

Img_4425
直江津のはずれを抜けて、海にでた!!
海が見えた瞬間、いい感じのあずまやにおいちゃん達がたむろっていたのはマイナス。
そこから、なおえつの砂浜沿いを走り、国道8号線に合流!
と、自転車道入り口の標識が。
なるほど、とりあえず、走る。しばらくは歩道と同じ。
途中から、おそらく昔の鉄道の跡なんだろう。トンネルが出てくる。
なかなか快適なので、国道の騒々しさから抜けて、こちらを行くことにする。
不動滝の休憩所で休憩。
散った桜で、地面が桃色です。
2012/05/01 09:45

この自転車道、いや歩道自転車道なので、歩行者もいるのだが、中学生の遠足?小学生の遠足など、今日は人が歩いてます。
小学生はいいとしても、中学生は全員紺ジャージで埋め尽くすのやめてくれ。道をあけなさい。

道の駅能生にて、カニの売りまくり店に圧倒される。
11時を回り、自転車道の白山休憩所で休憩する。
目の前にある白山神社が立派すぎる。茅葺き屋根の神社は初めて。
春日山神社につづき、お参りする。

お昼ご飯は、パスタ定番です。
家から持ってきたツナ缶詰でトッピング。
それにしても、期限切れの無印のパスタソースがことごとく使えない。
これは、全日を通して足りない気配なので、どこかで調達せねば。
非常食にもならなくなってしまう。

お昼寝しよ。2012/05/01 11:41

Img_4464

12時きっかりに出発。
自転車道はしばし走り、国道を横断歩道でわたり、海の堤防沿いを行く。
しばらく行き、早川の手前で終了。
そこはローソンもあり、スタートの補給には便利だろう。直江津側は何もなかったけど。あ、トイレくらいはあったな。

国道8号線をふつうに走る。
久々の交通量に少し緊張しながらも、こんなのでビビっていてはいけないとも思う。

糸魚川の市街が見えてきたので、国道をそれて市街地方面へ。
道路が茶色い。雪国特有ですねコレ。

1時糸魚川の駅前を通過する。
以前、何かの都合で朝3時に着いたことがあったっけ。今考えたらすごいなその時間。
北陸新幹線の建設で、後ろに高架ができ雰囲気がかわりつつある。
糸魚川のはずれのセブンイレブンで、アイスタイム。ガリガリ君レモンスカッシュ味。

ここから、国道8号線をゆく。少し、港の中を走りながら、水色の鉄橋が印象的。
そして、難所と言われる親不知海岸に進入。
なにより、トンネル内で6%のアップダウンとカーブとか辛い。
トラックはクラクションを鳴らさないでほしいものだ。気づいてますから。

Img_4513
道の駅親不知で休憩。
おやきと、qooで、くーっ。
おやき熱いっす。

風は追い風か、それでも、交通量の多さには参るなぁ。
もう少し走れば、親不知海岸も抜けるだろうか。
2012/05/01 14:18

親不知海岸、目前に見えるのはそびえ立つ岸壁。
道路はどこに…。
隧道、トンネル、入り口に勾配表示。
登り勾配と言っても、5%、6%程度だが、何よりトンネル内はつらい。
トラックがやってくると、なかなか避けてくれない。
それだけ、道が狭い。
それでも、行くしかないな。
登ってる途中で、チャリダーと遭遇。挨拶も出来ない!
途中、トンネル入る前に、歩行者・自転車は別ルートの旧道へ。
ここは快適に、断崖絶壁を行く。天険親不知。

Img_4528


再び、道路に戻り、あとは下る。
下りはスピードがでるが、追い抜こうとする車がいると焦る。
なるべく、車がいないタイミングで…。

Img_4536
ふぅ、下りきると、久々の水平線。
道の駅市振で、スタンプ。先を急ぐべくサクサク行くよ。

越中宮崎駅から県道60号線に入る。
国道8号よりも海よりを行く。国道よりも断然、交通量は少なく走りやすい。
海岸線を走り、しばらく行くと海浜公園。
キャンプ場があるようなので、寄り道。小さな公園みたい。誰もいない。
先を急ぎます。もう少し行くぞ!!

県道60号線を疾走。追い風にも乗って25km/hくらいで走る。
入善の町に入り、ファミマによる。パスタがない!!

う~ん、スーパーでもあれば買い出しでもしたいところ。
通り道にあったら入ろう。
あれ、無い。どんどん町から離れていく…。

あきらめる。
県道2号線に入り、どんどん西へ。田んぼの景色を見ながら、進む。
入善のわき水?があるようで、車を止めて水をくむ人が。
あぁ、謙信の水が入ってるからなぁ。
西入善の駅付近を通り過ぎ、「キャンプ場→」の表示が。

入善町の園家山キャンプ場に到着。
ふぅ、なんとか時間内に到着できた。
しかし、買い出しが何もないので今回は食が寂しいな。

松林の中、テントを設営。ほかにテントがちらほら。
思ったほど沢山いないなぁ。北海道の大沼キャンプ場ほどじゃないね。
2012/05/01 17:16

おいちゃんがやってきて、随分と長話に捕まる。
こっちの話はあんまり聞いてもらえない、一方的に話したい感じでしたね。色々、教えてもらったが、今になっては何を聞いたか忘れてしまった。

晩ご飯は、そんな訳で買い出しも出来ず、寂しいレトルト3連続。
バターチキンカレー。焼肉したかったけどなぁ。
オクラスープが唯一のなぐさめか。

走行距離:405.11km(本日115km)
平均速度:16.2km/h
走行時間:4:53:47
最高速度:63Km/h

20120501

|

« キイロイトリ北陸物語第2話 | トップページ | 5月2日 雨よ降らずにいてくれ 能登島へ »

2012春 北陸編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月1日 親不知海岸を行く:

« キイロイトリ北陸物語第2話 | トップページ | 5月2日 雨よ降らずにいてくれ 能登島へ »