« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の9件の記事

2012/04/30

4月30日 渋峠 最高地点走破



序章4/284/294/305/15/25/35/45/55/65/7



2012/04/30 06:05

朝5時前に目が覚める。
4時頃にも目が覚めるが、寒くて寝袋にくるまった。
テントの外がうっすらと明るくなってきた。
鳥の鳴き声がする。

Img_4118

昨日は眠れたような、眠れなかったような。
何度か寝返りをうったのは記憶にあるけれども。
それほど寒さは感じなかったが、時折硫黄のにおいで目が覚めたのかも。
外は、曇り。
寒いので、朝ご飯を早々に用意してしまおう。朝のホットコーヒーがおいしい。
お茶漬けに、ぶりの缶詰をつける。この缶詰が意外に重い。軽量化。
昨日、セブンイレブンで買ったパンを3枚ぱくり。
こんだけ食べれば十分だよね。

ここ西の河原公園のあずまやは快適。トイレもすぐそば。
ただ、道路が近くやっぱり車が通る音が響く。

朝だけど、天気はくもりかな。

これから、一路峠越え。
昨日までのへこたれ具合から見て、かなり時間をかけそうだ。
予定通りには今回は行かない気配が漂ってきた。
むぅ、しょうがないな。

昨日、対向車線を走ってきたチャリが何台かいたので、多分行けるのだろう。
さて、テントをたたんでもう6時を回った。
よし。のんびりと行くとしようかな。今日も時速5kmの旅だ!?
2012/04/30 06:11

しかし昨日はポメラとスマホの通信で悪戦苦闘。
結局、テキストをbluetoothで通信するのを諦め、Airstashを使ってwifi経由でスマホへ。
これの方が安定して使えるのかも。
しかし、昨日まで繋がったんだけど、どうやったんだかなぁ。
今朝やったけど、もうペアリング解除したらどうやったかすら覚えていない。もう、あきらめとこ。
2012/04/30 06:18

続きを読む "4月30日 渋峠 最高地点走破"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/29

4月29日 草津を目指して激登り。



序章4/284/294/305/15/25/35/45/55/65/7



2012/04/29 06:37

朝五時前に起床。
夜は結構冷えて、寝袋に急いでくるまった。

もごもご。
起きたら、目の前で歯を磨く人が。わお。おはようございます。
Img_3908
カヌーで川を下る人。
なかなかいろいろ行っていて楽しい人だ。
利根川を下り、太平洋は銚子まで出るそうだ。
5日くらいかけてとか。のんびりした旅だ。
川から見る景色とは、どんなものだろうか。
一方通行だけど、キャンプのスタイルも色々違うだろう。
おしゃべりしながら、朝ご飯。定番のお茶漬けだ。
この方、なかなか多趣味で、自転車(ママチャリ)、徒歩旅、カブ旅など様々やられているようだ。後で、ホームページを見てみよう。

ついでに、カヌーの準備まで見せてもらう。
あれ?空気入れたのに、抜けてません?パンク?いきなり・・・
ひっくり返せば、見事に一カ所開いている…。応急修理。
よし、できた。これで1万円のカヌーなら、いいなぁ。考えちゃう。

荷物を乗せて、どうやって出発するのかと思ったら結構強引…。
えいやっ。って感じで飛び乗るも、あまりの急流に流されていった。
いや、人は落ちた…。
楽しそうだなぁ…。

あ、携帯が…。
ま、いっか。 この辺が、なかなかいい。
再スタートも、何とか乗れたけどあっという間に小さく…。
この辺、流れが速いんだな。頑張ってくださ~い。

続きを読む "4月29日 草津を目指して激登り。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/28

4月28日 旅立ち 初ブログ更新



序章4/284/294/305/15/25/35/45/55/65/7



Img_3809

2012/04/28 06:10

朝5時に起床。

旅立ちますよ。朝。変な夢を見たような気がするが記憶があいまい。

出発。近所のコンビニでポカリ購入。
とりあえず都内脱出しつつ、荒川を走っていく。
天気曇り。少し霧雨か。
視界は悪いが、走りやすい朝。
昨晩は雨が降っていたので、今朝はカラッと晴れて富士山が見えるかと思ったが、まったく見えず。何も見えない。
高層住宅の上層階すら、よく見えない。
サイクリングロードだが、ポールが邪魔で通り抜けられない。
今回は、キャンプ仕様の荷物がくくりつけてある。引っかかるのだ。
普通の自転車は抜けられるだろうけど、私はだめだ。
誰だ、こんなもん(まさに、こんな門)設置したのは。

ま、気にせず、行きますか。
1回目の休憩の後、スタートするかで一瞬の迷い。
まだ、見慣れた道を走っているからだろうか。

ミミズが大量にはって出てきている土手道。
秋が瀬の橋を越え、自転車道あ交通量がぐっと減ってきます。
快適な道で、止まるモノがない。
これはこれで困る。休憩ができないのだ。
ブチッ。あ、ミミズふんだ・・・。

続きを読む "4月28日 旅立ち 初ブログ更新"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キイロイトリ北陸物語第一話

キイロイトリ北陸物語第一話
あぁ、あったか
ポカポカだなぁ、むにゃむにゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/27

2012GW チャリ走 プロローグ



Noto_top
序章4/284/294/305/15/25/35/45/55/65/7



Ncm_3425

2012/04/26 19:38

2012年黄金週間ツーリング プロローグ

冬の寒さがあっという間にどこかへ遠のき、桜が咲き暖かい空気が流れる。
春の匂いとともに、ぶらり、ぶらりと出かけたくなる。そんな気分。

続きを読む "2012GW チャリ走 プロローグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

モバイル充電器 POWER-POND と PanasonicのQE-PL201

自転車で長旅がしたい。
 したいぞ。したいぞ。

でも、スマホの電池が思いのほかもたないぞ。
さて、そこで買ってみましたモバイル充電器。

買ったばかりでレビューは出来ませんが。
見た目だけのレビューをします。

Img_3798


続きを読む "モバイル充電器 POWER-POND と PanasonicのQE-PL201"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/14

2012 駿河湾一周ツーリング

<<プロローグ編

2012/04/14 20:06
Img_3513

朝5時過ぎに目が覚める。
静かな朝が、ホテルの窓から見える。朝焼けの清水港。
フロントに降りると、すでに潤氏がいた。あら早い。

ホテルの入り口に置かせてもらった自転車。
潤氏の自転車は前輪がぺしゃんこ。あらら、ホントにスローパンクだね。
空気入れましょ。せっせと。

朝6時、ホテルを出発する。
天気は曇り気味。ふらふらと駅前ローソンで朝食を調達。

まずは清水から線路に沿うように北上。さった峠を目指す。
国道1号線は車も多いだろうし、小さな道のが走りやすい。
興津の旧道を行く。まだまだ朝が早いので車も少なく走りやすい。
清見寺に寄り道。桜が咲いてます。いいねぇ。

さて、興津の町。いつも行けない「興津の鯛焼き」
今日もさすがに早朝では開いてない…。いつになったら食べれるのか。

興津の町をすぎると、まずは最初の難関さった峠。
早速だが、道を間違える。
さった峠の自転車の道と、人の道は異なるのだが、忘れてた。
東名高速の下をくぐり、右に広がる山を登る。一気に登る。これがさった峠。
一気に駆け上がるさった峠の道。ローギアでのんびりと登ろう。時速7kmくらいかな。これくらいゆっくりだと、登るのに時間がかかるのが辛い。でも、これ以上パワーないからなぁ…。
さった峠の標高は100m程度。潤氏が少し先を行き登り切る。

富士山が少し控えめに雲から顔を出す。
さった峠から富士を見ながら朝ご飯。コンビニおにぎりだけど。
まだ朝7時。先は長いぞ。

Img_3547


Img_3555

続きを読む "2012 駿河湾一周ツーリング"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012 駿河湾一周ツーリング プロローグ

いつからか、大阪の潤氏と合流し桜をみながら、さった峠を走るのが恒例になっている。
そう、もう春。桜の季節になったのだ。
自転車で走り回るには躊躇する冬の季節が終わり、ほのかに暖かい。
富士のふもと、静岡の地を駿河湾の輝きが今年も僕らを呼んでいる。

僕らはそしてまた走ることに決めたのだ。

これは、2012年さった峠ツーリングのプロローグである。


Ncm_3390



ちなみに、今回の同行者の潤氏のブログともコラボしています。こちらにアクセス


続きを読む "2012 駿河湾一周ツーリング プロローグ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/09

2012駿河湾さくらツーリング 予告

さった、このキーワードと共に走る春

NCM_3391.jpg

天気のよい駿河湾を行くチャリダー達がいる
さくらの季節のツーリング

全行程137kmを1日少しで走るという、少しムチャな結果となった

反省しきりの翌日、今までにない疲労感を感じることになった

これは辛い

本文はまた後ほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »