« NAS QNAP TS-210 を使う | トップページ | 月食 »

2011/11/28

minebea COOLLEAF キーボードは使えるか。

Img_2843

謎の黒い板。
これは何か。

その正体をリラックマくんに紹介してもらおう。

Img_2851

こんにちわ。リラックマ@ミスドのおまけです。
この黒いの、上に乗っかると、あらいやだ。鏡のように映ります。
カメラマン泣かせで、ブログに載せるのに汚い部屋が映らないように苦労してぴまス。
実は、僕もそこで呼ばれたのだけど。@くま

これ、USBの端子があって、パソコンとつなげると、なななんんと、キーボード。
下から文字が浮かび上がってくる~。と言っても、ライトで点灯しているだけなので、フワッと浮かび上がったりするギミックはなし。
ただ、何も使わない時はキーボードに見えないのでカッコいいかも。

Img_2846


これ、ミネベア製のキーボード。
ミネベアと言えば時折アキバでは重宝がられて得られるキーボードがあったりする。
でも、これは、そんなキーボードではないようだ。
COOL LEAF(クールリーフ)という、洋菓子のような名前が気になる。どの辺がクールなのか。
リーフと言えば、日産の電気自動車だが、コノキーボードはエコなのか。

で、このキーボードですが、ボタンはなくて、タッチパネルみたい。
でも、どこがキーの区切りかわからないので、実際に打ちなれるまでは、隣のキーを打ったりすることが多数。たまに、感知してくくれない時もあり・・・。
ブラインドタッチは難しいかも。なにせ、目印がない。(キーボードの凹み・ポッチとか)
あと、指紋が付きます。当然だけど、キータッチしたとこにひたすらに。
気になったら、付属のクロス(眼鏡拭き)で吹いてくれかな。

タッチするたびに、「ピッピッピッピ」って電子音。今風じゃないけど、音量調節ができます。
Fn+↓↑ですね。あと、タッチ感度も、Fn+1~5かな。5段階。
でも、一番敏感な「5」は使えないな。鈍感な「1」もイライラする。
機械よりも、人間様の指先のタッチ感を調整する方が速いみたい。

タッチしたキーの文字がタッチに反応して光ったりするわけでもなく無反応な板なので、ちょっと寂しい。
馬の耳に念仏。猫に小判。豚に真珠である。(ちょっと違うか)

Img_2850

どうやっても埃が気になってしまうのが悲しい。

こんなキーボードですが、ここしばらく使って、やっとこれくらいのブログの記事を書くのが苦でなくなりました。
いや、まだ、読み返すと誤字が多かったりする。

minebea製 COOLLEAFキーボード。 価格は2万円近く。高いよ!!
これなら、タッチパッドのタブレットパソコンかってもいいかも。

まぁ、かちゃかちゃするキーボードよりはクールか。クールJAPAN。
でも、LEDのバックライトで光り続けるキーボードはどうやらエコではなさそうだ。

あ、一応、キーボードのレビューです。
珍しい物好きにはいいかも。

真っ暗な状態で浮かび上がるキーボード。
LEDバックライトで、少しツブツブしてます。

Img_2971


Img_2973


|

« NAS QNAP TS-210 を使う | トップページ | 月食 »

管理人のひとり言」カテゴリの記事

コメント

タッチパネルキーボードかぁ。
かっこいいなぁ。
でも打ちにくそうだ。
私、スマホでもよく打ち間違えますし。

でも、値段が・・・・
購買意欲が・・・

投稿: 潤 | 2011/11/28 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30104/53357432

この記事へのトラックバック一覧です: minebea COOLLEAF キーボードは使えるか。:

« NAS QNAP TS-210 を使う | トップページ | 月食 »